OpenTable Japanの訪日外国人向け英語版サイトオープン

- 2020年に向け、外国人旅行者をターゲットにしたサービスを強化 -

The Priceline Group (NASDAQ: PCLN)の一員である、オンラインレストラン予約サイトのリーディングカンパニー、オープンテーブル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:武藤友木子、以下オープンテーブル)は、本日、日本サイトの英語版をオープンしたことを発表しました。

 

日本での食事を楽しみたい世界中のお客様は、レストラン検索や情報の確認、予約、レビューの閲覧・投稿を英語で行えるようになります。また、OpenTableのアカウント登録始め、予約の確認やOpenTableから送られるメールの受信も英語で行えます。

世界中から多くの旅行者が日本を訪問すると想定される2020年を視野に入れ、今回の英語版サイトオープンでは、まず500店舗以上のレストラン情報を英語で確認することが可能となります。残りのレストランに関しては、次四半期中に順次英語化対応する予定です。

オープンテーブルの代表取締役社長である武藤友木子は、以下の通りコメントをしています。
「2020年に向けて日本が動く中、世界から東京への注目度が高まることが想定され、日本国内、特に東京のレストランにとって心躍る時期を迎えようとしています。また、訪日外国人旅行者による収益は前年比2桁台の成長を遂げており、2020年が近づくにつれ、この成長はさらに加速するものと考えられます。日本サイトを英語で提供することで、増加傾向にある訪日外国人旅行者に直接リーチできる機会をレストランに提供できると確信しています。」

OpenTableは、1998年に世界に先駆けてレストランのオンライン予約を手掛けて以来、18年間にわたって業界の最前線に位置してきました。今日、アメリカ・カナダ・イギリス・アイルランド・ドイツ・日本・メキシコ・オーストラリアにあるOpenTableの加盟レストランは33,000店舗を超え、世界中で9億4,000万人以上ものユーザーからの予約を受け付けました。
 
日本政府観光局発表の統計によると、イギリス・アメリカ・カナダからの訪日外国人旅行者数は上昇傾向にあります(2015年の1月~11月は、各国において前年比18%増、15%増、27%増)。The Priceline Groupの傘下であり、また、これらの市場において広く認知されたブランドであるOpenTableは、英語圏の旅行者が日本に旅行する際、ニーズに合ったレストランの予約をサポートするという独自の地位を築いています。
 
「OpenTableは、食事を楽しむユーザーとレストランとの間に、『長く持続する関係』を育てることを目的としており、日本サイトの英語版を通して、訪日外国人旅行者と日本のレストランのつながりが生まれます。2020年という年がレストランビジネスにもたらす可能性は非常に大きなものであり、レストラン業界の方々と協力し、この機会を最大限に生かすことを非常に楽しみにしています」と、武藤は締めくくっています。
 
英語版サイトURL:   http://www.opentable.jp/en-us/start/home

■OpenTableについて
OpenTable (オープンテーブル) は、The Priceline Group (NASDAQ: PCLN) の企業で、オンラインレストラン予約における業界をリードする企業です。加盟レストランは全世界で33,000店舗を超え、毎月の利用者数は1,700万人以上にのぼります。OpenTableはお客様とレストランをつなげる架け橋として、お客様がより魅力的なレストランと出会えるお手伝いを、またレストランがよりきめ細かいサービスを提供しリピーター獲得を促進するお手伝いをしています。OpenTableの利用者はレストランの空席状況を容易に把握でき、口コミやメニューなどの店舗情報をもとに、気になるレストランを簡単に予約することができます。OpenTableのウェブサイトやスマートフォンアプリの他に、国内外の大手インターネット企業を含む約600のパートナーのサイトからも予約を受け付けています。OpenTableのホスピタリティソリューションを利用することで、レストラン側は予約管理の負担が軽減され、店舗運営が効率化でき、サービスレベルを向上することができます。1998年の設立以来、OpenTableは世界中で9億4,000万人を超えるお客様にオンライン予約をご利用いただきました。OpenTableは、米国カリフォルニア州サンフランシスコ市に本社を置き、米国全土をはじめ、日本、イギリス、アイルランド、カナダ、ドイツ、メキシコ、およびオーストラリアにおいてサービスを提供しています。
オープンテーブル株式会社は、米国OpenTable, Inc.の日本法人です。さらに詳しい情報は、http://www.opentable.jpをご覧ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. オープンテーブル株式会社
  4. >
  5. OpenTable Japanの訪日外国人向け英語版サイトオープン