御殿場高原ビール 「桜ビール」 3/25(日)から期間限定発売!

「河津桜」をクラフトビールで表現。 御殿場高原の春の訪れを告げるオリジナルビールを期間限定発売!

静岡県御殿場市のクラフトビールメーカーである御殿場高原ビール株式会社(代表取締役社長:鈴木和宏 本社:御殿場市神山719)では、静岡に春の訪れを告げる花として有名な河津桜からインスピレーションを得て醸造した「桜ビール」を2015年3月25日(水)から4月19 日(日)*まで期間限定にて発売します。

 

「桜ビール」は、1995年の御殿場高原ビールの創業時に在籍しクラフトビール造りの基礎を築き上げたドイツ人醸造士が、敷地内に咲く河津桜からインスピレーションを得て醸造した、御殿場高原ビールオリジナルレシピのビールです。赤みを帯びた色合いと、下面発酵のすっきりとした味わいでありながらも華やかな香りが特徴です。

醸造士の金丸敦は、「この桜ビールの独特の色合いと華やかな香りは、他のビールにはないスタイルでこの期間しか楽しむことができません。創業当時のドイツ人醸造士がイメージした御殿場の春をこのビールで感じていただけると嬉しいですね。」と述べています。

当商品は御殿場高原ビール内売店または、オンラインショップ http://www.gotemba-craftbeer.jp/
にてお買い求めいただけます。

商品概要
商品名:「桜ビール」
アルコール分:約5.0%
価 格:330ml瓶 4本入り 2,160円【税込・送料込】
販売期間:2015年3月25日(水)~4月19日(日)*【予定】
お問合せ:0550‐87‐5500(代表)
オンラインショップ: http://www.gotemba-craftbeer.jp/
※御殿場高原ビール内の地ビールレストラン「グランテーブル」 バイキングレストラン「麦畑」でもお召し上がりいただけます。
*印:販売状況により終了日が変更になる場合があります。

■御殿場高原ビールについて
1995年6月22日、御殿場高原ビールは富士山の麓、静岡県御殿場市で生まれました。新鮮でおいしいビールを提供したいという理念のもと、本場ドイツのブラウマイスターの教えを守りつつ、多くの日本のお客様に愛される味わいのクラフトビールを追い求め続けています。目の前に雄大に広がる富士山から流れ出る伏流水と、厳選した素材を使用し醸造されたビールは、年間400キロリットル以上となります。徹底した品質、温度管理のもと、出来立ての美味しさをお楽しみいただくために施設内の4か所のレストランでは醸造タンクからビアサーバーまで冷却パイプを繋ぎ、グラスに注ぐまで外気に触れることなくベストコンディションのビールを提供しています。2013年6月には総来場者数が1,000万人を突破。年間約60万人のお客様にご来店をいただき、出来立てのクラフトビールとお食事をお楽しみいただいています。
また、ビア・レストランの味をご家庭にもお届けできるよう、オンラインショップを開設。充実した  ビールのラインナップに加え、スペアリブやアイスバインをセットにした詰め合わせなども全国へお届けしています。

■アクセス
電車にて
・御殿場高原ビール(御殿場高原ホテル)から下記各駅まで無料シャトルバスを運行しています。
JR三島駅(約40分) / JR御殿場駅(約25分)
JR裾野駅(約15分) / JR岩波駅(約5分)
※運行時間などの詳細はホームページ:http://gkb.co.jp/access/ にてご確認ください。
お車にて
・東名裾野インターから車で約5分 ・東名御殿場インターから車で約15分
・JR御殿場線岩波駅からタクシーで約5分
 
御殿場高原ビール
住所:〒412-0033 静岡県御殿場市神山719
お問合せ:0550‐87‐5500(代表)
Webページ:http://www.gkb.co.jp
オンラインショップ:http://www.gotemba-craftbeer.jp/
Facebook:「 Facebook御殿場高原ビール」で検索ください
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 御殿場高原ビール株式会社
  4. >
  5. 御殿場高原ビール 「桜ビール」 3/25(日)から期間限定発売!