~4月の入社シーズン到来、新社会人必見!!~ カタカナビジネス用語に関する意識調査

ウェブリオ株式会社(東京都新宿区 代表取締役:辻村直也、以下ウェブリオ)は、「カタカナビジネス用語に関する意識調査」を2015年3月23日(月)に発表いたします。
 ビジネスシーンにおいて、今やコミュニケーションの中で頻出する「カタカナビジネス用語」。ウェブリオでは、4月の入社シーズンに合わせ、全国の20~30代の若手ビジネスパーソン(178名)を対象に「カタカナビジネス用語に関する意識調査」を実施いたしました。

 以下が調査結果となります。本調査結果を是非ご活用頂けますと幸いです。

= 調査ダイジェスト =
■TOPICS①カタカナビジネス用語の利用状況について
約8割のビジネスパーソンが、ビジネスシーンで“カタカナビジネス用語”を使用。日本三大都市圏の東名阪エリアでは、特に高い利用状況に。
・利用頻度の高い“カタカナビジネス用語”ランキング、第一位「アジェンダ」 第二位「タスク」 第三位「キャパ」。

■TOPICS②カタカナビジネス用語への困惑、失敗経験について
ビジネスパーソンの半数以上が、“カタカナビジネス用語”へ困惑経験あり…。用語の意味が分からなくビジネスシーンで失敗に至るケースも。
・ビジネスパーソンを悩ます“カタカナビジネス用語”ランキング、第一位「コミット」 第二位「ローンチ」 第三位「ケーピーアイ / エビデンス」。

■TOPICS③カタカナビジネス用語の習得について
約5割のビジネスパーソンが、“カタカナビジネス用語”の習得は重要と回答。習得により、ビジネススキルは1~2割増しに!?

= 調査概要  =
■調査方法  :インターネット調査
■調査ツール  :Quick-CROSS(クイッククロス)
■調査期間  :2015年2月23日(月)~3月6日(金)
■対象者  :ウェブリオ会員 20~30代 男女ビジネスパーソン 178名
■調査対象地域  :全国

TOPICS①カタカナビジネス用語の利用状況について
■約8割のビジネスパーソンがビジネスシーンで“カタカナビジネス用語”を使用。日本三大都市圏の東名阪エリアでは、特に高い利用状況に。


Q1:あなたはカタカナビジネス用語を上司、同僚、お客様との会話やメールなど、ビジネスシーンにおいて使用することはありますか?(SA n=178)

 ビジネスシーンにおける“カタカナビジネス用語”の使用状況を伺ったところ、調査を行った178名のうち141名、約8割が使用していることが分かりました。また、地域別に見てみると日本三大都市圏の東名阪エリアでは、東京と大阪が8割以上、愛知でも8割近いポイントとなりました。ビジネスが活発に行われる商業圏では、“カタカナビジネス用語”を使用率が特に高いことが分かります。


■利用頻度の高い“カタカナビジネス用語”ランキング、第一位「アジェンダ」 第二位「タスク」 第三位「キャパ」

Q2:あなたがビジネスシーンにおいて、使用頻度の多いビジネスカタカナ語を三つ教えてください。(3MA n=カタカナビジネス用語を使用すると回答した141名)

 ビジネスシーンにおいて、利用頻度の多い“カタカナビジネス用語”について伺ったところ、第一位「アジェンダ(計画・予定表)」、第二位「タスク(課された仕事・職務)」、第三位「収容能力・容量」という結果に。その他、「エビデンス(言った言わないの証拠・言質)」、「アサイン(割り当てる・任命する)」といった“カタカナビジネス用語”が、使用頻度の高いワードとしてランクインしました。


TOPICS②カタカナビジネス用語への困惑、失敗経験について
■ビジネスパーソンの半数以上が、“カタカナビジネス用語”へ困惑経験あり…。用語の意味が分からなくビジネスシーンで失敗に至るケースも。


Q3:ビジネスシーンにおいて、カタカナビジネス用語を聞いた際に困惑したことはありますか?(SA n=178)
Q4:カタカナビジネス用語の意味が分からなく、ビジネスシーンで失敗に至った経験はありますか?(SA n=カタカナビジネス用語に困惑した経験のある97名)

 “カタカナビジネス用語”を聞いて、これまで困惑したことがあるかという問いについて、54.5%が困惑経験ありと回答。ビジネスパーソンの半数以上は、一度は“カタカナビジネス用語”に頭を抱えてしまったことがあるようです。さらに、困惑経験がある方について、用語の意味が分からなかったことがきっかけでビジネス上での失敗経験の有無を伺ったところ、19.8%が失敗経験ありと回答。困惑したことがあるビジネスパーソンの5人に1人が、ビジネスシーンで失敗に繋がってしまっていることが分かりました。


■ビジネスパーソンを悩ます“カタカナビジネス用語”ランキング、第一位「コミット」 第二位「ローンチ」 第三位「ケーピーアイ / エビデンス」。

Q5:ビジネスシーンにおいて、あなたが困惑したことがあるカタカナビジネス用語を三つ教えてください。(3MA n=カタカナビジネス用語に困惑した経験のある97名)

 “カタカナビジネス用語”に困惑経験のある97名へ、実際に戸惑ったことのある用語について伺ったところ、第一位「コミット(約束・決意表明)」、第二位「ローンチ(立ち上げる・立ち上がる)」、次いで「ケーピーアイ(KPI/重要業績評価指標)」と「エビデンス(言った言わないの証拠・言質)」が同率で第三位となりました。


TOPICS③カタカナビジネス用語の習得について
■約5割のビジネスパーソンが、“カタカナビジネス用語”の習得は重要と回答。
習得により、ビジネススキルは1~2割増しに!?

Q6:ビジネスシーンにおいて、カタカナビジネス用語の習得は重要だと思いますか?(SA n=178)

Q7:カタカナビジネス用語を理解しておくことで、ビジネススキルは感覚的に何割増しになると思いますか?(SA n=178)

 ビジネスシーンにおける “カタカナビジネス用語”の習得について調査。その重要性を伺ったところ、「とても重要だと思う(11.2%)」、「まあまあ重要だと思う(37.8%)」となり、重要性を感じているビジネスパーソンは約半数(49.0%)に及ぶことが分かりました。業種別(n=10以上)の回答率(※1)を見ると、「教育・学習支援業(n=14)」が64.3%、「卸売業・小売業(n=15)」と「医療・福祉(n=10)」が60.0%という結果に。業種によっては、“カタカナビジネス用語”の習得を6割以上が重要視していることが明らかになりました。

(※1)「とても重要だと思う」、「まあまあ重要だと思う」の足し合わせの回答率

 さらに、“カタカナビジネス用語”の習得による、ビジネススキルの向上度について調査。「ビジネススキルは上がるとは思わない」を除くと、「1~2割増し」が30.9%となり、最も票を得た回答となりました。

ご参考:weblio辞書~カタカナビジネス用語も収録!~

 weblio辞書は、2006年6月にサービス提供を開始した658の専門辞書や国語辞典、百科事典から一度に検索できる辞書サイトです。約1,200万の収録単語数を誇る語国内最大級のオンライン辞書です。利用ユーザー層は、20~30代の男性が中心で、ビジネスパーソンからの支持も高くなっています。weblio辞書は、趣味、スポーツ、美容・健康など19のカテゴリーで成り、幅広いジャンルの情報を揃えています。また、カタカナビジネス用語をはじめ、ビジネスパーソンを対象とした企業情報、専門用語、業界用語、ビジネスの世界を飛び交う知識や情報を豊富に収録しております。


■サービス名  :weblio辞書
■サービス開始:2006年6月
■収録語彙数  :約1,200万語
■サイトURL  :http://www.weblio.jp/

ご参考:英語学習をトータルサポート!weblio各種サービス
「話す・聞く」をサポート!業界最安値!オンライン英会話「Weblio英会話」

 「Weblio英会話」は完全月謝制、業界最安値の月額980円から英語学習ができるオンライン英会話サイトです。英会話教室通いに対する抵抗を感じる英語学習初心者に学習機会を持ってもらいたいという狙いのもと業界最安値でサービスを提供。英語学習者の英会話、リスニング能力向上をサポートいたします。


■サービス名 :Weblio英会話       
■サイトオープン :2014年8月27日(水)
■料金 :月額980円~
■所要時間 :25分/回
■サイトURL :https://eikaiwa.weblio.jp/

「読む(語彙力)・書く」をサポート!
国内最大級のオンライン辞書「Weblio英和・和英辞典」
ストレスフリーな英文読解をサポート「Weblioポップアップ英和辞典」

 

 「Weblio英和・和英辞典」はウェブリオが提供する国内最大級のオンライン英語辞書です。収録単語数や例文が豊富であり、発音も確認出来るため、英語学習に最適です。スマートデバイス用アプリとして「ウェブリオ英語翻訳アプリ」も提供。

 「Weblioポップアップ英和辞典」(URL:http://goo.gl/xVasu)は、 Webページの英語の意味を表示させるポップアップ辞書機能を搭載した無料Google Chrome拡張機能です。ストレスフリーな英文読解をサポートします。


ご参考:ウェブリオについて
 ウェブリオは2005年、オンライン辞書を専門としたサービスを提供する会社として設立されました。2006年より開始した、ウェブリオを代表するサービスであるWeblio英和・和英辞典は、研究社『新英和中辞典』『新和英中辞典』を中心に75種類の英和・和英辞典、464万語の英語と508万語の日本語を収録、合計約972万語の検索ができる国内最大級のオンライン英語辞書です。
現在、Weblioを中心とするオンライン辞書、オンライン翻訳事業に加え、オンライン英会話事業や人材・求人事業など利用者の学び、キャリアを広く支援しています。

【会社概要】
■社名  :ウェブリオ株式会社
■代表取締役社長  :辻村 直也
■所在地:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル46階
■URL :http://www.weblio-inc.jp/
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ウェブリオ株式会社
  4. >
  5. ~4月の入社シーズン到来、新社会人必見!!~ カタカナビジネス用語に関する意識調査