登録国数が100ヵ国を突破!海外進出、TPP対策、インバウンド対策などをより広範囲でサポートすることが可能になりました。日本初の国際総合型クラウドソーシング・サービス『ワークシフト』。

優秀な海外のフリーランサーをWeb上で活用できる日本初の国際型クラウドソーシング・サービス『ワークシフト』 日本最大級の外国人登録者数を誇る同社の会員登録国数が100ヵ国を突破致しました。

日本初の国際型クラウドソーシング『ワークシフト』の会員登録国数が100カ国を突破し、2015年11月11日現在105カ国となりました。東京オリンピック、外国人観光客の急増、TPP締結など、よりグローバルな経済活動が重要となるなか、会員登録国数の拡大により海外関連ビジネスをより強力にサポートすることが可能となりました。
『ワークシフト』は、ワークシフト・ソリューションズ株式会社が運営する日本最大級の外国人登録者数を誇るクラウドソーシング・サービスです。2014年2月よりサービスを開始し、現在世界105ヵ国以上、約25,000人のフリーランサーが登録しています。海外進出、インバウンド対策、Web開発、デザイン、翻訳・通訳などに関する仕事をWeb上で海外に住む優秀なフリーランサーに直接依頼できるサービスです。
 

 

登録者が全世界に分布することにより、複数国への市場調査や希少言語の翻訳など、これまでよりも幅広いニーズに対応できるようになります。また、会員や登録国数の増加により今までコストが高くて実施に踏み切れなかった国々への海外進出や、インバウンド対策を企業がより効果的に行えるようになります。

日本を取り巻くビジネス環境は大きく変化しております。2020年には東京でオリンピック、足元では外国人観光客の急増やTPPの締結など、日本企業はよりグローバルな経済活動を余儀なくされております。インターネットを通じ、世界中の優秀な人材に仕事を直接依頼できるプラットフォームをご提供することで、日本企業のグローバル化をサポートして参ります。

『ワークシフト』は、Facebook「いいね!」の数(81,000以上)で分かるように、SNSを活用することでアジアを中心に認知度を高め、より質の高い外国人材(フリーランサー)に登録して頂けるようになりました。

2015年11月現在、仕事を受注した外国人登録者の半数以上が大学卒以上、また約20%は大学院卒となっており、高学歴な登録者の割合が高くなっております。
仕事を依頼するクライアントは良質な提案が得られる可能性が高まっており、実際、仕事を依頼したクライアントの約97%以上がフリーランサーの業務に対して90点以上の高評価を付与しております。また、ほとんどのクライアントが複数回のリピート依頼をしているのも特徴です。

外国人に仕事を依頼する場合、言葉の障壁もありますが、ワークシフトに登録しているフリーランサーの多くが日本語スキルを有しており、英語の苦手なクライアントの方にも日本語で仕事を掲載して頂くことが可能となっています。また、サイトの多言語化や翻訳ツールを装備することで、海外との取引に絡む言葉の壁を低くしています。

会員や登録国数の増加により、日本の企業がより簡単に、早く、安く、外国の人材を活用できるよう、使いやすさや提案の質の向上を実現して参ります。
 

サービスURL:https://workshift-sol.com/



1-1.ワークシフトとは
日本初、「日本と海外」の取引に特化した総合型クラウドソーシング・サービスです。
インターネットを通じ、世界中のスキルを持った優秀な人材に仕事を直接依頼できるプラットフォームです。
現在、昨年2月のスタートから約1年8カ月で世界105カ国、約25,000人の外国人ユーザーを獲得しております。サイト内は日・英・仏語に対応しており、翻訳ツールも装備することで、日本語でも外国人に仕事の依頼が出来る仕組みを実現し、数多くの実績を残しております。

自治体、大企業、中小企業から個人事業主まで多くのクライアントからのリピートが多いのも特徴です。
(経済産業省中小企業庁海外需要獲得型起業・創業支援認定事業)

1-2.ワークシフトが解決する課題と特徴
課題:海外調査や翻訳にかかる費用をおさえたい
解決:現地の優秀な人材にWeb上で直接依頼できるので、調査や翻訳にかかる費用を大幅に削減できます!

課題:海外の優秀な人材を活用したいが英語が苦手
解決:日本語を理解できる外国人が多く在籍しており、日本語でも依頼可能です!

課題:外貨での支払いは面倒くさい
解決:ワークシフトではすべて日本円で決済することが可能です!

2.海外展開を強力にサポートする登録フリーランサーの特長
・世界105ヶ国以上、約25,000人以上の外国人フリーランサー(アジア約80%)
・スキル所有者の中で日本語スキルを有する外国人フリーランサーは約20%在籍
・登録スキルは160以上、有資格者も多く在籍
・仕事をしたフリーランサーの97%以上がクライアントから90点以上の高評価
・外国人登録者は前年同月対比で500%以上
・フィリピン、インド、ベトナム、インドネシア、ブラジルを中心に親日家が多数登録
・受注経験のあるフリーランサーの学歴は高く、半数以上が大学卒以上、約20%が大学院卒

3.過去の掲載実績
・AERA(アエラ)「日本を動かすベンチャー100」に掲載されました。
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=17287

・海外進出のベストパートナーとして中小機構(SWBS)に紹介されました。
https://swbs.smrj.go.jp/

・産経新聞にて国内大手クラウドソーシング・サービスとしてご紹介いただきました。
http://www.sankei.com/west/photos/150410/wst1504100003-p3.html

4.その他
・過去のプレス記事はこちら
https://workshift-sol.com/press

・クラウドソーシング関連のリサーチ情報はこちら
https://workshift-sol.com/research/

・ワークシフトレポートはこちら
https://workshift-sol.com/report
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ワークシフト・ソリューションズ株式会社
  4. >
  5. 登録国数が100ヵ国を突破!海外進出、TPP対策、インバウンド対策などをより広範囲でサポートすることが可能になりました。日本初の国際総合型クラウドソーシング・サービス『ワークシフト』。