スマートホテルプロジェクトについて

世界初のローコストホテル 2015年7月第一期開業

ハウステンボス(所在地:長崎県佐世保市)は平成27年7月17日にスマートホテルプロジェク
ト「変なホテル~変わり続けることを約束するホテル~」(客室数:第一期72室)を敷地内に開業
致します。
スマートホテルプロジェクトではご滞在時の快適性と世界最高水準の生産性が両立する全く新しい
ローコストホテル(LCH)の実現を以下3つの取り組みにより目指しています。
・ 建設コストの削減を企図した世界展開可能な工法の導入
・ 人件費の削減を目指した自動化とサービスロボットの導入
・ 省エネルギー化への取り組みと光熱費の自給率向上を企図した太陽光発電の導入
この世界初の取り組みに対しご賛同をいただいた東京大学生産技術研究所川添研究室様と鹿島建設
株式会社様に本プロジェクトの全 144 室の半分となる各 72 室の設計をご担当いただいています。
また導入するサービスロボットはフロントやポーターサービス、ロッカーサービス、客室清掃のシー
ンでの導入を予定しており同分野で高い技術を持つ株式会社ココロ様、アルデバラン・ロボティクス
様、株式会社安川電機様、その他数社様にそれぞれご協力をいただきます。
そしてホテル名称およびコンセプトについてはグラフ株式会社様のご協力のもと常に変化する世の中
に対してこのホテル自身も常に変化することを約束するという思いを込めて「変なホテル」と名付け
ています。

当ホテルの主な特徴は以下の通りです。
ロボットスタッフによる ロボットスタッフによる効率的なサポート
フロント、ポーター、清掃などホテルの各業務にロボットスタッフを配置。お客様情報に応じて的確
に対応いたします。効率的に業務を遂行しながらも、どこかに温かみを感じるロボットたちとの会話
もお楽しみいただけます。

スマートチェックイン、 スマートチェックイン、チェックアウト チェックアウト
チェックインからチェックアウトまで、お客様ご自身の手によるセルフサービス。フロントに寄った
り順番を待ったりする手間を省きました。もちろん必要があれば、ロボットを中心としたスタッフが
サポートいたします。

キーレス滞在の実現
当ホテルではお客様のご希望で鍵を持つ事なく、お部屋での滞在を可能です。最新の顔認証システム
が、お客様ご自身を画像認識して登録し、お部屋にお通しいたします。鍵の持ち運びのわずらわしさ、
紛失の不安から解放されます。
※顔認証されたくないお客様には非接触 IC カードキーでご滞在いただけます。
※顔認証登録時、カードキーを利用しての操作が必要となります。

モダンデザインのゆとりある モダンデザインのゆとりある客室
客室デザインも快適な滞在の必須条件と考え、クールでスタイリッシュな客室をご用意しました。一
般的なローコストホテルの部屋よりもゆとりのある広さで、ゆったりとお休みいただけます。 

必要最低限にして 必要最低限にして充分な室内設備
過剰なサービスやアメニティを排除し、「泊まる」ために必要な設備は何かを考え直しました。部屋の
設備は手元のタブレットで一括操作。部屋の中をあくせく移動する必要はありません。

オールシーズン快適 オールシーズン快適に過ごせる空調設備
快適な滞在の重要なファクターである空調設備。従来型の送風による冷暖房ではなく、先進技術であ
る輻射パネルで、ムラのない快適な室内環境をつくりだします。
* 輻射とは固体間にある物体に影響されることなく、固体から固体へと直接電磁波の形で伝わ
る熱の伝わり方のこと。輻射により暑い時には人の身体から直接熱を奪って涼しさを感じさせ寒い
時には身体から奪われる熱を少なくすることで暖かさを感じさせます。
開業後においては運営を通じて更なる快適性と生産性の向上を目指すとともに、将来的にはハウス
テンボス外における展開を視野に入れながら本プロジェクトを推進していく考えです。

                                                                記
【スマートホテルプロジェクト 全体概要】
ホテル名:変なホテル~変わり続けることを約束するホテル~
所在地 :長崎県佐世保市ハウステンボス町
敷地面積:16、402、72 ㎡
延床面積: 5、530、875 ㎡
客室数 :144 室
(第一期:平成 27 年 7 月 15 日開業 72 室   第二期:平成 28 年開業予定 72 室 )
第一期棟 概要
敷地面積:10,188.92 ㎡
延床面積: 3,541.16 ㎡
階数 :地上2階建
客室数 :72 室
(Aタイプ 28.27 ㎡ 40 室 Bタイプ 21.32 ㎡ 20 室 Cタイプ 33.75 ㎡ 12 室)
構造 :鉄骨造
工事期間:平成 27 年1月上旬~平成 27 年 6 月末予定
設計 :東京大学生産技術研究所川添研究室(設計協力:株式会社日大設計)
施工 :株式会社梅村組
第二期棟 概要
敷地面積:6,269 ㎡
延床面積:1,989.71 ㎡
階数 :地上2階建
客室数 :72 室
 (Tタイプ 20 ㎡ 54 室・Fタイプ 32 ㎡ 18 室)
構造 :木造(CLT工法)一部S造 
工事期間:平成 27 年 8 月上旬~平成 28 年 2 月末予定
設計 :KAJIMA DESIGN (設計協力:住友林業株式会社)
施工 :鹿島建設株式会社 九州支店 (施工・技術支援:住友林業株式会社)

【コンセプトについて】
変わり続けることを約束するホテル
快適で心地よく宿泊できるホテルを、もっとリーズナブルに提供したい。
環境にも配慮した、現代的で「スマートな設備」を備えながら
訪れたくなる「楽しさ」ももたらし、思い出も作れたら。
これまで当たり前だと思われていた
ホテルにおけるサービスと設備を1つひとつ丁寧に見直し、
メインスタッフがロボットという、
先進技術を駆使した、世界初となる新しいホテルを考えました。
追い求めたのは、快適で楽しみももたらす「究極の生産性」です。
けれども、先進技術は日々進化し続けており、
数年後には、もっと新しい技術が生まれる可能性は十分にあります。
先進技術を駆使するならば、
もはや「変わり続けること」は、自然のことと捉え、
「変わり続けることを約束するホテル」というコンセプトを掲げました。
そして、名付けたホテルの名前は「変なホテル」。
ハウステンボスの敷地内に、2015年7月中旬に開業します。
【サービスロボットについて】
1) 受付ロボット  3台
2) サービスロボット1~2台
3) ポーターロボット2台
4) ロッカーロボット1台
5) 清掃ロボット  数台導入予定
 開業時の導入予定台数
【顔認証システムについて】
チェックイン時にご利用のお客様の顔データをグローリー株式会社製の顔認証システムにより認識。
客室入口に設置されたカメラが登録されたお客様の顔を認識し客室の開錠が行なわれます。これに
よりキーの受け渡しおよび持ち運びを無くしスマートな客室の入出を実現します。 

【料金について】
オープンプライス(オークション方式)を採用します。
ご利用時期により「ボトム(A)」「ミドル(B)」「トップ(C)」の3段階で料金設定をさせていただ
きます
基本料金『ボトム(A)』一泊一室料金 サービス料込税別 ( )内は朝食付料金
シングル 【下限】 7,000円( 9,000円)~【確定】14,000円(16,000円)
ツイン 【下限】 9,000円(13,000円)~【確定】16,000円(20,000円)
トリプル 【下限】11,000円(17,000円)~【確定】18,000円(24,000円)
 『ミドル(B)』は基本料金『ボトム(A)』+2,000円
『トップ(C)』は基本料金『ボトム(A)』+4,000円~17,000円
ルームアップグレード料金 スーペリアルームは2,000円加算
 デラックスルームは4,000円加算
 ご予約の際、上記料金帯で1,000円単位にてお客様にご希望料金を入力いただきます。
 シーズンカレンダーはホームページ内にてご確認いただけます。
 朝食会場はホテルに隣接の「健康レストラン(仮称・本年5月オープン予定)」となります。
 設定料金はお客様のご利用状況により変更となる可能性もございます。

【予約受付】
2月1日 午前10時より先行仮受付を開始します。
「変なホテル」ホームページURL http://www.h-n-h.jp *1/27開設予定
「変なホテル」ホームページ内、専用フォームへ
専用フォーム内にて必要事項をご入力いただきます。
送信後、ホテルからの返信で予約受付が完了となります
先行仮予約の確定は順次メールにてお知らせします。
3月1日よりお電話にてのご予約の受付も開始します。
詳細は順次ホームページ内でご案内予定です。
ご予約のスキームはお客様のご利用状況により変更となる可能性もございます。 
 

 

 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ハウステンボス株式会社
  4. >
  5. スマートホテルプロジェクトについて