第二回 ~誰もがシェアするストーリーがある~ 麗澤大学と地域を繋ぐ“生きた図書館” 「ヒューマンライブラリ-」を通じた異文化教育の取り組み

「ヒューマンライブラリー」とは、人間をオリジナルのストーリーを持つ“本”にみたて、“司書”が選定した“本”とイベントに参加する“読者”との「対話」を図るものであり、この「対話」を通して社会的マイノリティーに対する偏見の低減や、異文化理解を目的としています。ヒューマンライブラリーはデンマークで2000年に始まった後、世界60カ国以上に広がり、現在、日本はもとよりアジア各国でも実施されています。

平成27年7月に、本学経済学部山下ゼミ主催による第一回目のヒューマンライブラリーイベントが行われ、成功裏に終了いたしました。この度、11月29日に第二回目が開催されます。

第二回目のヒューマンライブラリーイベントでは、“本”役として下記の方々にご登場いただく予定です。

1)困難を乗り越え夢を実現した、全盲の高校教師
2)シェークスピアの専門家、同時に実業家で『できるリーダーはなぜ「リア王」に
はまるのか』の作者
3)出産直後、全身リュウマチで3ヶ月間寝たきりの生活を経験後、人生が大転換したママ
4)体は男性でも心は女性。日舞・華道師範としても活躍する、和風居酒屋経営者
5)韓国での兵役経験者
6)アメリカでのデート文化(男女の知り合い方)について語ってくれる、アメリカ人留学生

その他、マレーシア人留学生、台湾人留学生も“本”役として参加予定です。

今後も「異文化を学び、私たちを取り巻く社会と世界を包括的に考える」「新しい自己発見」を本学のヒューマンライブラリーイベントの特徴としながら、「地域と大学を繋げる」ことを目的として継続してまいります。

 【イベント概要】
開催日時:平成27年11月29日(日)13時から15時まで(12時40分より受付開始)
① 13時から13時30分まで ②13時45分から14時15分まで ③14時30分から15時まで ※各対話時間は30分間です
会場:麗澤大学 生涯教育プラザ1F
参加費:無料

【麗澤大学について】
麗澤大学は昭和10年、創立者の廣池千九郎(法学博士)が「道徳科学専攻塾」を現在のキャンパス(千葉県柏市光ヶ丘)に開塾したことから始まります。心豊かな人間性を養い、国際社会に貢献できる人材の育成をめざし、今では大学・高校・中学・幼稚園が開設されています。また留学生の受け入れも積極的に行われており、キャンパスには世界21の国・地域から留学生が集まり、さまざまな言語が飛び交っています。
平成28年3月には廣池千九郎 生誕150年の節目の年となり、様々な記念事業が予定されております。

【本件お問合せ先】
麗澤大学 入試広報グループ 担当:野村(のむら)
〒277-8686 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3030 FAX:04-7173-3585
Email:pr@reitaku-u.ac.jp  URL: http://www.reitaku-u.ac.jp/
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 麗澤大学
  4. >
  5. 第二回 ~誰もがシェアするストーリーがある~ 麗澤大学と地域を繋ぐ“生きた図書館” 「ヒューマンライブラリ-」を通じた異文化教育の取り組み