ガラケーにおけるキャリア別比較。料金満足度・コストパフォーマンス評価ともに「Y!mobile」が優勢

携帯電話の料金に関する調査

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国47都道府県に在住する20~69歳の男女を対象に、「携帯電話の料金に関する調査」を実施しました。
main image
平成26年8月28日
株式会社クロス・マーケティング

------------------------------------------

ガラケーにおけるキャリア別比較

料金満足度・コストパフォーマンス評価ともに
「Y!mobile」が優勢

-携帯電話の料金に関する調査-

------------------------------------------
◆自主調査レポートの続きはこちらへ⇒http://www.cross-m.co.jp/report/mc20140828/

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国47都道府県に在住する20~69歳の男女を対象に、「携帯電話の料金に関する調査」を実施しました。

■調査背景・目的
スマートフォンの普及により、ガラケーと呼ばれる従来型の携帯電話の所有率は大幅に減少しました。しかし、そのようなスマホ人気から一転、ガラケーの低価格さや機能のシンプルさ、操作の簡単さなどを理由に、ガラケーへ“出戻る”人々が増えてきていると各種報道でも度々取り上げられており、未だ根強い人気を誇っているようです。
そこで今回は、 「docomo」「SoftBank」「au」「Y!mobile」といった携帯電話会社4社のガラケー、またはPHS利用者を対象に、料金満足度や平均利用金額、コストパフォーマンス評価などを調査し、利用者の意識、実態を明らかにしてみました。

■調査結果

・携帯電話会社各社の料金満足度では、「Y!mobile」の満足度が64.8%で最も高い。以下、「au」が50.3%、「SoftBank」が47.0%、「docomo」が44.5%と続く
・平均利用金額(請求額ベース)を見ると、「Y!mobile」が3,123円、「au」が3,302円、「docomo」が3,390円、「SoftBank」が3,588円の順で金額が安いという結果に
・コストパフォーマンス評価では、「Y!mobile」の評価が58.5%で最も評価が高い。以下、「au」が40.8%で2位、「SoftBank」が31.5%、「docomo」が31.0%となった

■調査内容

・料金満足度
・平均利用金額
・コスパ評価

■調査概要

調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査地域  : 全国47都道府県
調査対象  : 20~69歳の男女・使用している携帯電話が従来型(ガラケー)、または、PHS使用機種の最新の明細を見た人
調査期間  : 2014年8月19日(火)~8月20日(水)
有効回答数 : 1,600サンプル(ドコモ、ソフトバンク、au、Y!mobileの各キャリア400サンプルずつ)※性年別割付なし


【会社概要】
会社名  : 株式会社クロス・マーケティング http://www.cross-m.co.jp/
所在地  : 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
設立  : 2003年4月1日
代表者  : 代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 : マーケティングリサーチ事業


このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社クロス・マーケティング
  4. >
  5. ガラケーにおけるキャリア別比較。料金満足度・コストパフォーマンス評価ともに「Y!mobile」が優勢