『夏休み☀親子でチャレンジ!希望の手紙コンテスト』表彰式

日本の小学生からバングラデシュのアリフへ

認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパンは全国の小学生を対象に『夏休み☀親子でチャレンジ!希望の手紙コンテスト』を開催しました。このコンテストは、途上国に住むひとりの子どもの生活を題材にしたDVDを観てその子に宛てて手紙を書き、親子の国際理解を深める企画です。受賞作品は実際にDVDに登場した子どもに届けられます。
本コンテストの展示会を兼ねて、11/1(土)に行われる表彰式には、コンテスト審査員を務めていただいた芥川賞作家の平野啓一郎さんも出席予定です。


■表彰式概要
日時:    2014年11月1日(土)15:00~16:00 (開場14:45)
会場:    大田区産業プラザPio コンベンションホール梅の間
(京浜急行線京急蒲田駅より徒歩3分/京浜東北線、東急池上線、多摩川線JR蒲田駅より徒歩20分)
プログラム: コンテスト実施報告、受賞者表彰、審査員コメント、作品展示等

最終審査では芥川賞作家の平野啓一郎さん、映画監督の兼重淳さん、JICA職員の吉川正宏さんが、応募の手紙すべてに目を通したうえで入賞作品と佳作が選出されました。「希望の手紙」という趣旨に沿い、同じ世界に生きる「おともだち」としてアリフに寄り添ったメッセージになっているかどうかが審査の大きな決め手になりました。

■後援:外務省、JICA(独立行政法人 国際協力機構)、バングラデシュ人民共和国大使館
■協賛企業:株式会社 昭文社

審査員:平野啓一郎 1999年大学在学中に『日蝕』で芥川賞受賞。

■審査員 :平野 啓一郎(作家):99年京大在学中に『日蝕』で芥川賞受賞。他『葬送』など
兼重 淳(映画監督):代表作に『腐女子彼女。』(監督)、『ホットロード』(助監督)など
シャー・アラム(日本大学講師):バングラデシュ出身。両国の交流を目的としたボランティア団体を設立
福井 玲(言語学者):東京大学教授。グッドネーバーズ・ジャパン代表理事。

審査の様子

この件に関するお問合せ先

特定非営利活動法人グッドネーバーズ・ジャパン  担当:飯島(広報担当)携帯: 080-3303-6984
〒143-0016 東京都大田区大森北2丁目14-2 大森クリエイトビル3階

TEL:03-6423-1768 FAX: 03-6423-1766  URL http://www.gnjp.org E-MAIL: PR@gnjp.org
グッドネーバーズは、災害、飢餓、紛争などで苦しむ世界中の人々の緊急支援と開発を目的に世界30カ国以上で子ども支援、人道・開発援助、緊急支援活動を行っている国際NGOです。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. GNJP
  4. >
  5. 『夏休み☀親子でチャレンジ!希望の手紙コンテスト』表彰式