セキュリティを強化し、ネットワークに潜む攻撃をリアルタイムで発見するArbor Networks Pravail(R) Security Analyticsオンプレミス・ソリューション

Arbor Networksは、脅威の発生時にリアルタイムで監視と調査を実行できるオンプレミスの分析ソリューション、Pravail(R) Security Analyticsアプライアンスを発表しました。セキュリティ・チームは、リアルタイムで攻撃データを確認でき、ネットワークに潜む脅威を積極的に発見できます。
main image
米国マサチューセッツ州バーリントン-エンタープライズやサービス・プロバイダのネットワーク向けに分散型サービス拒否(DDoS)攻撃や高度な脅威の対策ソリューションを提供するリーディング・プロバイダArbor Networks, Inc.(以下「Arbor Networks」)は、本日、脅威の発生時に、セキュリティ・チームがリアルタイムで監視と調査を実行できるオンプレミスの分析ソリューション、Pravail(R) Security Analyticsアプライアンスを発表しました。セキュリティ・チームは、リアルタイムで攻撃データを確認でき、ネットワークに潜む脅威を積極的に発見できます。

Pravail Security Analyticsでは、今日、企業に対して行われる標的型攻撃のほとんどが単なる一過性の事象ではなく、単純な侵害から始まり、不正アクセスやデータ窃盗を含む大規模なインシデントに発展する長期的なキャンペーンであることを認識しています。Pravail Security Analyticsは、ネットワーク情報の最大のソースである完全なパケットキャプチャに含まれた数TBに及ぶデータを高速でマイニングします。ネットワーク活動をリアルタイムで監視できるため、攻撃者を即座に特定し、攻撃者のネットワーク内での活動を追跡して、攻撃の発生時期や継続期間、影響を受けたシステムを正確に確認できます。

Arbor Networksプレジデントのマシュー・モイナハン(Matthew Moynahan)は、「CISO(最高情報セキュリティ責任者)は現状に対して焦燥感を持ち、アラートを受けて機能する事後対応のセキュリティモデルからの脱却を望んでいると感じています。Pravail Security Analyticsは、セキュリティ・チームの本来の能力を引き出し、ネットワークの適切な管理を可能にします。アラートを受けて調査を行うのではなく、ビジネスを阻害する攻撃を積極的に発見することができます。セキュリティ・チームは攻撃の検知に専念できるため、巧妙に潜む攻撃をすばやく特定して阻止し、ビジネスへの影響を最小限に抑えることができます」と述べています。

<製品の主な機能>
脅威を迅速に排除するためのリアルタイムのパケットのキャプチャと分析
Pravail Security Analyticsアプライアンスは、データの発生と同時にそれをキャプチャして分析できます。セキュリティならびにインシデント対応チームは、脅威を遅滞なく発見して調査できるため、問題解決までの時間が短縮されます。

より高度なフォレンジクスのためのデータ・ルーピング
Pravail Security Analyticsのセキュリティ・インテリジェンスが更新されるたびに、以前は発見できなかった脅威を発見するため、古いトラフィックについて保存されたパケットキャプチャがシステムで自動的にループ処理されます。以前から存在していた侵害を発見できるため、攻撃の開始時期を正確に把握できます。本機能は、フォレンジクスやインシデント対応の一環として攻撃タイムラインを作成するとともに、ネットワーク内で脆弱なホストを特定して修正し、組織全体のセキュリティ環境を強化するうえで重要です。

最大限のデータ・コントロールで可視性をカスタマイズ
Pravail Security Analyticsではこれまでにないデータの操作性が実現されています。年単位から分単位まで範囲を拡大縮小でき、時系列を前後に移動して脅威を追跡できます。攻撃元、標的、攻撃タイプ、攻撃の場所など、さまざまな観点からデータを表示することができます。

包括的な可用性と脅威検知
Arbor NetworksのATLAS(R)インテリジェンス・フィードは、リサーチ・ベースのセキュリティ・インテリジェンス・サービスです。同サービスのセキュリティ・ポリシーは、ATLAS、Red Sky Alliance、その他のパートナーを含む複数のソースから抽出した実際の攻撃データを基に開発しています。この攻撃データをArbor Networksの専門リサーチ・チームが解析し、Pravail Security AnalyticsでのDDoSと高度な脅威検知の両方に使用するセキュリティ・ポリシーに変換しています。

ATLASインテリジェンス・フィードは、他の脅威インテリジェンス・フィードと連携して、可能な限り最高レベルの包括的な検知を企業に提供します。 さらに、Pravail Security Analyticsにはカスタム・シグネチャ・エンジンがあるので、組織は独自のポリシーをアップロードできます。

クラウドのおよびオンプレミスの無料トライアル
Arbor Networksでは、Pravail Security Analyticsによるネットワーク・トラフィック分析と攻撃の可視化をご体験いただくため、複数のオプションをご用意しています。
  • オンプレミスの攻撃検知と評価: 本トライアルでは、数週間にわたってPravail Security Analyticsアプライアンスを導入し、ネットワーク・トラフィックをリアルタイムでキャプチャして分析ができます。トライアル期間の終了時には、企業ネットワーク内で活動している攻撃とその対策の詳細が明確に把握できます。
  • クラウド・ソリューション無料トライアル: 本トライアルでは、キャプチャしたネットワーク・トラフィックをPravail Security Analyticsクラウドにアップロードして分析できます。クラウド・ソリューションの無料トライアル用ライセンスでは、30日間で最大1Gbps のネットワーク・トラフィックを分析できます。このトライアル期間の終了時には、攻撃が存在する場所を把握し、侵害の開始時期からのタイムラインを作成できるようになります。

Arbor Networksは、いずれのトライアル・オプションについてもお客様に最大の効果を体験いただける複数のアクティビティをご用意しています。http://pravail.com(英文)にアクセスし、ニーズに合ったトライアル・オプションを選択して、企業ネットワークの評価を開始してください。

柔軟な導入オプション
Pravail Security Analytics アプライアンスの追加により、お客様が選択できる導入オプションがさらに広がりました。 クラウドのみ、オンプレミス、またはハイブリッドのいずれかのクラウドのアプローチとオンプレミス・アプライアンスとを組み合わせると、社内の組織構造だけでなく、規制ガイドラインに適した最良の導入モデルを選択できます。Cloud SaaSのオプションでは、お客様は http://pravail.com(英文)で作成したアカウントを使用して、分析対象のデータをアップロードし、保存することが可能です。また、クラウドのみのソリューションでは、ネットワーク内で発生しているアクティビティやイベントを調査できます。

Arbor Networksについて
Arbor NetworksはDDoS攻撃や高度化する脅威から世界の大手企業および大手サービス・プロバイダのネットワークを安全に守ることを支援しています。Arbor Networksは全世界のエンタープライズ、キャリア、モバイルの市場においてDDoS保護ソリューションを提供する世界をリードする主要ソリューションプロバイダです(Infonetics Research社調べ)。高度化する脅威に対するArbor Networksのソリューションは、パケットキャプチャとNetFlow技術を組み合わせることで、ネットワーク全体を可視性し、マルウェアや悪意のあるインサイダーの脅威を迅速に検出し、駆除することを可能にします。Arbor Networksはまた、動的なインシデント対応、履歴分析、視認性、フォレンジクスについても市場をリードする分析機能を提供しています。Arbor Networksは、企業のネットワークやセキュリティの担当者がセキュリティのエキスパートになり、企業のセキュリティ強化を実現することを目指しています。Arbor Networksの目標は、お客様がセキュリティ問題を迅速に解決し、事業リスクを低減できるよう、ネットワーク上の脅威の視認性とセキュリティ・インテリジェンスの提供を可能にすることです。

Arbor Networksの製品およびサービスについて詳しく知りたい方は、Arbor Networksの日本語サイト(http://www.arbornetworks.com/jp/ )を参照してください。また、業界唯一の革新的なインターネット監視システムATLAS(R)のデータに基づく調査、分析および知見については、ATLASセキュリティポータル(英文/http://arbornetworks.com/threats )をご覧ください。

商標について:Arbor Networks、 Peakflow、 ArbOS、How Networks Grow、ATLAS、Pravail、Arbor Optima、Arbor Cloud、Cloud Signaling、Arbor Networksのロゴ、「We see things others can’t.(TM)」および 「Arbor Networks: Smart. Available. Secure.」はArbor Networks, Inc.の商標です。その他のブランド名はすべて各所有者の商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. アーバーネットワークス株式会社
  4. >
  5. セキュリティを強化し、ネットワークに潜む攻撃をリアルタイムで発見するArbor Networks Pravail(R) Security Analyticsオンプレミス・ソリューション