Infinera社とEBlink社は次世代光ファイバーと無線ベースのモバイルフロントホールアーキテクチャを共同でOrange社に導入

nfinera社と無線フロントホール技術の先駆者であるEBlink社は共同で、Orange社にファイバーと無線ベースのソリューションを納入し、エンドツーエンドのフロントホールアーキテクチャを提供することを発表しました。
<<報道資料>>
Infinera Corporation

Infinera社とEBlink社は次世代光ファイバーと無線ベースのモバイルフロントホールアーキテクチャを共同でOrange社に導入

 2015年11月23日、カリフォルニア州サニーベール市、およびパリ発:Intelligent Transport Networksの開発・販売者であるInfinera社と、無線フロントホール技術の先駆者であるEBlink社は共同で、Orange社にファイバーと無線ベースのソリューションを納入し、エンドツーエンドのフロントホールアーキテクチャを提供することを発表しました。Orange社との共同実験では、Infinera社がTMシリーズを、EBlink社がFrontLinkTMソリューションを、Orange社の西フランスにある第4世代(4G)ネットワークに提供しました。これにより、Orange社のベースバンドユニット(BBU)は複数ベンダーのラジオアクセスネットワーク(RAN)と相互接続されました。

この実験では、Orange社のネットワーク上でInfinera社のTMシリーズとEBlink社の FrontLinkソリューションが光ファイバーと無線により統合され、ユニークなエンドツーエンドソリューションを提供しています。これにより、既存ネットワークおよび4G、5Gネットワークへの適用、および高パフォーマンスが立証されました。光ファイバーが存在するところでは、Infinera社のTMシリーズは、高容量波長分割多重(WDM)技術を使用することで高帯域幅を提供しています。光ファイバーが全くないところでも、EBlink社の無線フロントホールはWDM技術を補完し、モバイルオペレータが通常到達できない「最後のマイル」にまで到達できるようにします。この実用実験では、ネットワークデータの途切れもなく、結合されたソリューションはシームレスに稼働しました。

モバイルオペレータが統一されたクラウドベースのラジオアクセスネットワーク(C-RAN)に移行したり、高帯域4G, 5Gとスモールセルアーキテクチャの展開を計画することにより、モバイルフロントホールの市場機会は急増大しています。

Infinera Metro Business GroupのCTO、ステン・ノーデル(Sten Nordel)は次のように述べています。「遅延や同期化についての厳しい要件が光ファイバーソリューションに要求されるため、モバイルフロントホールはやり甲斐がある分野です。これらの要件を満たせる数少ない企業として、弊社は今回EBlink社およびOrange社と共同で、光ファイバーと無線を組み合わせたモバイルフロントホールに最適な環境を作り上げることができたことを非常にうれしく思います。」

EBlink社 副最高経営責任者、エリック・セレ氏(Eric Sele)は次のように述べています、「Infinera社との今回のパートナーシップは、私たちの無線フロントホール技術の高さを立証しました。また、光ファイバーと無線がいかに補完し合えるかを確認することができました。Orange社のネットワークにおけるInfinera社との展開で、光ファイバーが届かないところにまで無線フロントホールを届けることができることを立証しました。」

Orange Labs社のフィリップ・チャンクルー氏(Philppe Chanclou)は次のように述べています。「光ファイバーと無線の結合はモバイルフロントホールにとって成功物語です。」

また、Orange France社、フロントホール実験プロジェクトリーダー、セバスチアン・ランドッゾ氏(Sebastien Randazzo)は次のように述べています。「Infinera社とEBlink社による、Orange社とそのRAN業者間のモバイルフロントホールを統合することができ、エンドツーエンドの性能を立証することができ、私たちはその結果に非常に満足しています。」

Infinera社のTMシリーズは、Orange社のようなモバイルオペレータのさまざまなネットワークアプリケーションでWDMベースの光ファイバーフロントホールを使用可能にします。このソリューションには次のオプションが含まれています。低価格ファイバーをサポートするためのパッシブWDM、追加管理機能をサポートするための準パッシブWDM、および追加ネットワーク機能をサポートするためのアクティブWDM。また、Infinera社のアクティブフロントホールにはトランスポンダーおよびマックスポンダー機能のオプションが含まれています。これにより、複数のCommon Public Radio Interface(CPRI)とイーサネットサービスを同じ波長に乗せることができます

また、EBlink社の革新的な無線フロントホールソリューションは基地局を展開するための先進的な技術を含んでいます。これにより設置困難な「最後の数百メートル」でのファイバーが不要になり、オペレータの費用軽減にもつながります。無線フロントホールは、現在世界中の大手モバイルオペレータにより使用されている主要な技術で、ネットワークの高密度化、最適化、および大都市でのデータトラフィックの混雑を緩和します。EBlink社の無線フロントホールソリューションの導入により、モバイルオペレータは既存のマクロサイトの機能を高めることができ、リモートマクロおよびマイクロセクターの展開を容易にします。


連絡先:
*Infinera社についてメディアの方は:
アンナ・ビュー(Anna Vue)
Tel:+1(916)595-8157
avue@infinera.com

*EBlink社についてメディアの方は:
ゲール・デルバン(Gael Derven)
Tel:+33 (0) 1 69 00 40 43
Gael.derven@e-blink.com

*Infinera社について投資家の方は:
ジェフ・ハスティス(Jeff Hustis)
Tel:+ 1 (408) 213-7150
jhustis@infinera.com

 *EBlink社について投資家の方は:
クリスチャン・ビタール
(Christian Bittar)
Tel:+33 (0) 1 69 00 19 35
Christian.bittar@e-blink.com

●EBlink社について:
同社は2005年にフランスで設立され、産業に革新的で、新しいモバイルネットワーク規格である「無線フロントホール」を確立しました。創設者のビジョンであるモバイルネットワークアーキテクチャの発展に基き、EBlink社の技術はオペレータのモバイルマルチメディアアプリケーションの要求に対して、迅速で高速なソリューションを提供します。詳しくは、www.e- blink.com を参照してください。

●Infinera社について:
Infinera社(ナスダック: INFN)はIntelligent Transport Networksをネットワーク・オペレータに提供することにより、信頼でき、操作しやすい、高容量の光ネットワークを可能にします。Infinera社の独自の大規模フォトニック集積回路は、最も過酷なネットワーク環境でも使用でき、革新的な光ネットワークソリューションを提供します。Intelligent Transport Networksは、キャリヤー、クラウド・ネットワーク・オペレータ、政府機関、および企業がそれらのデータセンター、都市(メトロ)、長距離、および海底の光ネットワークを自動化し、集中管理し、スケーリングするのを助けます。Infinera社に関してはwww.infinera.com、ツウィッタの場合はTwitter @Infinera、ブログの場合はblog.infinera.com を参照してください。

InfineraとInfineraロゴはInfinera社の登録商標です。

このプレスリリースには将来を見据えた記述だけでなく、Infinera社製品に関する特徴、機能、仕様、および要件に関する記述が含まれています。これらの記述は、結果を保証するものではなく、将来の活動および性能に関する希望的な記述を含みます。実質的な結果はこれらの希望的な記述と異なる場合もあります。Infinera社のビジネスに影響するこれらのリスク、不明確性、およびその他のリスクに関する情報はInfinera社の四半期レポート(Quarterly Report、Form 10-Q)の「危険要因に関する」および他の章に記載されております。このレポートは2015年9月26日までの第一四半期を網羅していて、2015年11月5日に米国証券取引委員会に提出されております。これらのレポートは次のInfinera社のウェブサイトから入手できます、www.infinera.com 。SECに関する情報は次のウェブサイトから入手できます、www.sec.gov。また、弊社はこれらの将来志向の表現を現在は変更するつもりはありません。

以上
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. インフィネラ・ジャパン株式会社
  4. >
  5. Infinera社とEBlink社は次世代光ファイバーと無線ベースのモバイルフロントホールアーキテクチャを共同でOrange社に導入