日本の動画サイト利用動向の2015年4月データを公開

Yahoo Sitesの動画視聴者は45歳以上が過半数

デジタル・メディア分析のグローバル・リーダーであるコムスコアは本日、オンライン上の動画サイトに関する包括的な調査である「comScore Video Metrix®(ビデオ・メトリックス)」で分析した、日本のパソコン経由の動画ストリーミングサイト利用状況に関するレポートをリリースしました。調査によると、2015年4月の国内動画サイトのトップ3はGoogle Sites、Yahoo Sites、Kadokawa Dwango Corporationでした。視聴者の年齢層に関して、Yahoo Sitesでは45歳以上が55.3%、Kadokawa Dwango Corporationでは15-34歳が53.4%といった高い割合を示しています。
国内オンライン動画プロパティランキング
2015年4月のオンライン動画サイトの日本国内トップ10は、YOUTUBE.COMを擁するGoogle Sitesが5100万人のユニーク視聴者数で首位。2位がYahoo Sites(主にGYAO!)で2050万人、3位が1766万人のKadokawa Dwango Corporation(主にニコニコ動画)でした。



上位3サイトの視聴者属性
Google Sites視聴者の男女比および年齢層比率は概ねインターネット全体の構成比と近しい値となっています。それに対して、Yahoo Sitesにおける45歳以上の割合が55.3%、Kadokawa Dwango Corporationにおける34歳以下の割合が53.4%と特色が現れる結果となりました。また、1人あたりの平均視聴動画本数はGoogle SitesとKadokawa Dwango Corporationにて男性の視聴本数が多い一方で、Yahoo Sitesにおいては女性の視聴本数が男性を上回っている点が特徴的です。

 

*「動画」とは、ライブストリーム再生(一部の暗号化されたストリーミングは除く)とダウンロード再生を含む、オーディオビジュアルコンテンツに分類されるものを指します。区切られて再生される長時間の動画(例:途中に広告が挟まれているテレビエピソード)に関しては、それぞれ区切られた分の数、独立した動画ストリーミングとしてカウントされます。動画視聴には、ユーザーが自主的に再生した動画と自動的に再生された動画のうち、3秒以上再生された動画が含まれます。

comScore Video Metrix®について
コムスコア「ビデオ・メトリックス」はオンライン上のストリーミングの消費について計測したデータです。3秒以上のストリームを計測対象とし、PCからのストリーミングを可視化します。

コムスコアについて
comScore, Inc. (NASDAQ:SCOR) は、1999年に設立された、米国バージニア州レストンに本社を置くデジタルメディア分析のグローバルリーダーです。当社は、信頼性の高い独自の測定データを提供することにより、テレビ及びデジタル端末におけるコンテンツや広告へのユーザー接触状況に関する理解を促し、消費者を総合的に把握することを可能にします。当社の製品とサービスを通じて、2500以上のクライアントが、自社のマルチプラットフォーム・オーディエンスを理解し、広告が正しく機能しているかどうかを知り、必要なときに必要なデータへアクセスすることができます。詳しくは、www.comscore.com/jpn をご覧ください。
日本支社:東京都港区六本木3-15-21 鶯ビル8階 コムスコア・ジャパン株式会社
カントリーマネージャー:男澤 洋二
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. コムスコア
  4. >
  5. 日本の動画サイト利用動向の2015年4月データを公開