2014年関東住みたい街ランキング 通信速度実測調査

平均ダウンロード速度/アップロード速度 iPhone、AndroidともにNo1はソフトバンク。

調査・マーケティング会社の株式会社イード(東京都新宿区 以下イード)は、SUUMOが2014年3月3日に発表した「2014年版 みんなが選んだ住みたい街ランキング」の20代~40代編の関東TOP30の30ヵ所の駅ホームにおいて、携帯電話主要3キャリアのiPhone 5c並びにAndroid端末(ドコモ:AQUOS PHONE EX SH-02F、au:AQUOS PHONE SERIE mini SHL24、ソフトバンク:AQUOS PHONE Xx mini 303SH)における通信速度の実測調査を実施しました。
main image
【TOPICS】

■iPhoneのダウンロード速度はソフトバンクが平均24.9Mbpsで最速。ダウンロード最速値を記録したポイントも16箇所で最多。

「2014年版 みんなが選んだ住みたい街ランキング」の20代~40代編の関東TOP30駅での調査、iPhone 5cでダウンロード平均速度、最速値の箇所数ともに最も高かったのはソフトバンクでした。30箇所中16箇所で最速値を記録し、ダウンロード平均速度は24.9Mbpsでした。ドコモは30箇所中10箇所で最速値を記録し、ダウンロード平均速度は23.3Mbpsで2位。auは30箇所中4箇所で最速値を記録し、ダウンロード平均速度は17.9Mbpsでした。また、アップロード平均速度もソフトバンクが最も速く、12.0Mbpsとなりました。


■Androidもダウンロード平均速度、アップロード平均速度ともにソフトバンクが最速。ダウンロードの最速ポイントも16箇所でソフトバンクが最多。

Androidにおいても、ダウンロード、アップロードともにソフトバンクが平均値で最速となりました。ダウンロード平均速度は26.3Mbps、アップロード平均速度は10.00Mbps。ダウンロードの最速ポイントは16箇所を記録。アップロードの最速ポイントはau、ソフトバンクのAQUOS PHONEが同一で30箇所中12箇所となりました。
また、iPhone、Androidともにダウンロード速度の最速値となったのは、ドコモが自由が丘で記録した53.6Mbps(iPhone)、62.0Mbps(Android)でした。なお、今回、東急田園都市線三軒茶屋駅にてドコモ端末(iOS、Android)が3Gとなった以外はすべてLTE通信となりました。


【調査概要】
調査名:2014年関東住みたい街ランキング関東編通信速度実測調査
調査対象:携帯主要3キャリア:NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルのiPhone 5c並びにAndroid端末。
AQUOS PHONE EX SH-02F(ドコモ)、AQUOS PHONE SERIE mini SHL24(au)、AQUOS PHONE Xx mini 303SH(ソフトバンク)
調査期間:2014年3月28日(金)~3月31日(月)
利用データ:スマートフォン向けスピード測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」の計測データ
対象エリア:SUUMOが2014年3月3日に発表した「2014年版 みんなが選んだ住みたい街ランキング」の20代~40代編の関東TOP30駅のホーム中央付近
対象通信方式:LTE、3G
調査手法:「RBB TODAY SPEED TEST」アプリを使用し、SUUMOが2014年3月3日に発表した「2014年版 みんなが選んだ住みたい街ランキング」の20代~40代編の関東TOP30駅のホーム中央付近にて、全端末同時に3回速度を測定し、その平均値を算出。

【本リリースに関するお問い合せ先】
調査結果に関するお問い合わせ
担当:メディア事業本部 大羽・白石・吉川
TEL:03-5990-5331
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. イード
  4. >
  5. 2014年関東住みたい街ランキング 通信速度実測調査