タイにおける保険テレマーケティング事業展開に関する業務提携および現地法人営業開始について

株式会社フィナンシャル・エージェンシー(本社 東京都渋谷区、代表取締役社長 齋藤 正秀、以下「FA社」)は、タイの有力企業グループIn Touchグループ傘下のTeleinfo Media Public Company Limited(本社 タイ・バンコク、Authorized Directors: Mr. Anant Kaewruamvongs and Mr. Chutidej Printhitipa、以下「TIM社」)と、タイにおける保険テレマーケティング事業の展開に向けた業務提携を行うことに合意し、当該保険テレマーケティング事業の運営のために設立したタイ現地法人(以下「FA Thailand」)での営業を開始いたしました。


1.タイにおける保険テレマーケティング事業の内容
FA社は、日本においてインターネット・電話による保険販売を通じた保険流通のビジネス・プロセス・アウトソーシング(B・P・O)のリーディングカンパニーであり、多数の保険会社・保険代理店へソリューションを提供しています。FA社では、日本で培ったノウハウを活用し、保険テレマーケティング事業の海外展開を目指して、2013年よりインド法人を設立し保険事業を開始しておりますが、その他の国・地域への進出についても引き続き検討・準備を進めてまいりました。
今般FA社は、タイでの保険テレマーケティング事業運営のための現地法人 FA Thailandを設立し、タイの有力企業グループ傘下のTIM社との提携により、まず営業オペレーター20席規模でコンタクトセンター運営を開始いたします。
TIM社が属するIn Touchグループは、タイの通信・情報業界を代表する企業グループであり、タイ携帯電話会社最大手 Advanced Info Service Public Company Limited、通信衛星事業を手掛けるThaicom Public Company Limitedなど、グループ内に数多くの大企業を保有しております。また、TIM社は、タイの電話帳 Yellow Pagesを発行・運営するなど、多数の優良リストを持つ企業であり、FAグループがタイにおいて保険テレマーケティングを展開するにあたっての有望な提携先と考えております。
また同時に、東京海上グループの現地生命保険会社 Tokio Marine Life Insurance (Thailand) Public Company Limitedと販売契約を締結し、高い競争力を持つ同社の養老保険・傷害保険を販売いたします。
タイは、ASEAN内で4番目となる約70百万人の人口を抱え、国民の所得水準も近年急速に向上しております。また、生命保険市場は、2006年から2012年までの間、平均年17%のペースで成長しております(収入保険料ベース、スイス再保険のSigma Reportより)。
FA社では、本提携コンタクトセンターを将来的に300~500席程度まで拡大し、3年後に年間新規保険料2億バーツ(年換算保険料ベース、1バーツ=3.2円で換算して約6.2億円)の規模を目途に、販売の拡大を目指してまいります。


2.TIM社の概要(2014年3月1日時点)
(1)商号 :Teleinfo Media Public Company Limited
(2)所在地 :25th-28th Fl., Vanit Bldg. 2, 1126/2 New Phetchaburi Road, Khwaeng Makkasan, Khet Ratchathewi, Bangkok
(3)代表者 :Authorized Director: Mr. Anant Kaewruamvongs and Mr. Chutidej Printhitipa
(4)設立年月日 :1988年8月30日
(5)資本金 :256百万バーツ(1バーツ=3.2円で換算して、約820百万円)
(6)従業員数 :約1,500人
(7)主な事業内容      :電話帳Yellow Pagesの発行・運営を通じた情報提供サービスおよびコールセンター運営受託等
(8)株主・持株比率 :CS Lox Info Public Company Limited 99%、その他 1%


3.FA Thailandの概要
(1)商号 :FA Consultants (Thailand) Co., Ltd.
(2)所在地 :No. 1674/621 Pethburi Road, Makkasan Sub-district, Ratchathewi District, Bangkok Metropolis
(3)設立年月 :2014年5月
(4)資本金 :4百万バーツ(1バーツ=3.2円で換算して、約12.8百万円)
(5)主な事業内容 :保険テレマーケティング・コンサルティング
(6)株主・持株比率(予定) :FAグループ 49.00%/Vector Group Ltd. (東証マザーズ上場 ㈱ベクトルグループ) 19.90%/SBCS Co., Ltd. (三井住友銀行グループ) 15.55%/MHCB Consulting (Thailand) Co,. Ltd. (みずほ銀行グループ) 15.55%


4.今後の見通し
FA社は、医療等の第三分野保険をはじめとする日本国内市場の成長とともに、急速に経済発展する新興国での事業展開によって、事業拡大の領域を国外にも進め、更なる成長を追求してまいります。
日本政府はいわゆる「アベノミクス」により、日本企業等の海外展開を成長戦略における重要施策の一つと位置付けておりますが、FA社は今後も、アジア圏を中心として積極的に海外進出を図ってまいる方針です。
アジア新興国の生命保険市場は、今後10年間に世界の中で最も高い成長を遂げると見込まれており、収入保険料の見通しは、2013年~2020年まで年平均13.7%増と、世界主要市場の中で最も高い伸び率となり(ミュンヘン再保険調べ)、また中国を含む新興アジアの保険料収入が世界全体に占める割合は、2012年の9%から2023年には19%に拡大するとの予測があります(日本経済新聞 2014/3/25朝刊より)。FA社では、このような新興国市場での需要を取り込むことにより、中長期的に事業拡大を図って行く計画です。
タイの保険市場は、2012年度において、生命保険浸透率2.7%(収入保険料/GDPベース)と、日本の9.2%と比較しても保険普及率はまだ低い水準ですが、収入保険料は対前年比17.0%増となり(ニッセイ基礎研究所調べ)、急速に市場が拡大しております。
FA社は、高付加価値な保険サービスの提供により、タイでの保険普及率の向上に寄与し、社会保障整備への貢献を果たすことで、FAのミッションである「安心できる社会保障の提供」を実現してまいります。



(ご参考)
1.タイ生命保険市場の概要
市場規模:約1.07兆円(2012年度、収入保険料ベース)※ニッセイ基礎研究所調べ、1ドル=100円で換算
特徴:保険代理店・銀行チャネルによる貯蓄性商品の販売が主流

2.FAの概要(2014年7月1日時点)
(1)商号 :株式会社フィナンシャル・エージェンシー
(2)所在地 :東京都渋谷区恵比寿一丁目19番19号
(3)代表者 :代表取締役社長兼CEO 齋藤 正秀
(4)設立年月日 :2007年3月2日
(5)創業年月日 :2007年10月1日
(6)資本金 :6億875万円(および資本準備金:5億9875万円)
(7)従業員数 :1,337人
(8)主な事業内容 :保険事業
(9)主要株主・持株比率 :齋藤 正秀 36.24%、株式会社エム・エス・インベスメント 20.90%、
             SBI・NEOテクノロジーA投資事業有限責任組合(SBIインベストメント運用ファンド:17.11%)
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社フィナンシャル・エージェンシー
  4. >
  5. タイにおける保険テレマーケティング事業展開に関する業務提携および現地法人営業開始について