スマホ学習塾アオイゼミの株式会社葵、中高生と保護者向けの教育お役立ち情報サイト「アオイゼミ学びガイド」を3/1よりスタート

無料で学べるスマホ学習塾「アオイゼミ」(https://www.aoi-zemi.com/)を運営する株式会社葵(本社:東京都新宿区 代表取締役:石井 貴基)は、2016年3月1日より中高生と保護者向けの教育お役立ち情報サイト「アオイゼミ学びガイド」を開始いたしました。
「アオイゼミ学びガイド」は中学生、高校生、保護者に向けて学びに関する情報をお届けし、学びの先にある進路探しを応援します。
URL:https://manabiguide.jp/


・主な記事
中学校部活は、文化部と運動部どちらに入る方がいい?
https://manabiguide.jp/junior/chugaku-bukatsu/

高校で英語の偏差値を10上げるためにできる人がやっていること
https://manabiguide.jp/junior/koukou-eigo/

大学受験対策にアプリって大丈夫?子どもに教えたい学習アプリの使い方指導
https://manabiguide.jp/junior-parents/juken-app/


こうした学習に関するお役立ち情報を中心に、今後は将来の希望職種を軸に大学が探せる情報の提供、進路や将来について考えるコラムの配信も準備を進めております。

■開始の背景
私たち株式会社葵はスマホ学習塾「アオイゼミ」、中学3年生向けの難関校対策タブレット学習塾「アオイゼミ サクラス」を提供しています。その背景として、株式会社葵には『教育の格差をゼロにする』ミッションがあります。「アオイゼミ」は“経済的格差”を、「アオイゼミ サクラス」は“地域間格差”を解決するための手段として運営しています。
この「アオイゼミ学びガイド」は“意識の格差”を解決するために始めました。

生徒の皆さんが自身の力で未来を作っていくための、考える力を育む情報を毎日お届けいたします。

■運営企業(株式会社葵)について
株式会社葵は「教育の格差をゼロにする」をミッションに、スマホ学習塾アオイゼミの運営・開発を行っているEdTech(Education×Technology)ベンチャー企業です。
学習用教材と配信システムの両方を内製している世界でも数少ない教育企業です。正社員のうち約半数は講師や教材作成といったコンテンツ開発スタッフ、残りの半数はシステム開発エンジニアという構成で、「スマホ学習塾」という次世代の学習サービスに最適化されたコンテンツとシステムを開発しています。
2015年11月にはKDDI株式会社の運営するコーポレートベンチャーキャピタルおよび、株式会社マイナビ、株式会社電通デジタルホールディングスなどより総額2.8億の資金調達を実施し、大手企業との提携も強化しています。

■企業概要
会社名:株式会社 葵(英語表記:Aoi.co)
本社住所:〒160-0004 東京都新宿区四谷一丁目1番地 四谷見附ビルディング6F
設立年月日:2012年3月28日
資本金:39,968万円(資本準備金含む)
代表:代表取締役 石井 貴基
主な事業内容:スマホ学習塾アオイゼミの運営・開発
難関校対策タブレット学習塾サクラスの運営・開発
中高生向けコンテンツマーケティング支援
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 葵
  4. >
  5. スマホ学習塾アオイゼミの株式会社葵、中高生と保護者向けの教育お役立ち情報サイト「アオイゼミ学びガイド」を3/1よりスタート