10代若者に聞く、「飲料水」に関する調査

スマートフォンユーザーに特化したマーケティングリサーチ事業を展開する株式会社リビジェン(URL:http://www.livigen.co.jp、本社:東京都港区、代表取締役:孫 尚均)は、全国の10代男女200人に「飲料水」についての調査を実施しました。

【調査結果要約】
◆ 「あなたが普段、最もよく購入する清涼飲料水は何ですか?」と質問したところ、「炭酸飲料」が24.5%、「紅茶系飲料」が18.5%、「果実飲料」が14.5%、「ミネラルウォーター」が14.5%、「無糖茶系飲料」が10.5%、「スポーツドリンク」が8.5%、「エナジードリンク」が3.5%、「コーヒー系飲料」が3.5%、「乳酸系飲料」が2%となりました。
◆ 「あなたは今後、どのような清涼飲料水があったら買いたいと思いますか?」と質問したところ、下記の回答が得られました。
・ 自販機で冷凍されたジュースの販売
・ 紙パックでしかなかった味をペットボトルでも出して欲しい
・ つぶしやすいペットボトルの使用
・ 芸能人のパッケージの飲料水
・ カロリーゼロ

 

【調査結果詳細】
◆ 「あなたが普段、最もよく購入する清涼飲料水は何ですか?」と質問したところ、「炭酸飲料」が24.5%、「紅茶系飲料」が18.5%、「果実飲料」が14.5%、「ミネラルウォーター」が14.5%、「無糖茶系飲料」が10.5%、「スポーツドリンク」が8.5%、「エナジードリンク」が3.5%、「コーヒー系飲料」が3.5%、「乳酸系飲料」が2%となりました。

 

 

 


◆ 「あなたは主にどこで清涼飲料水を購入しますか?」と質問したところ、「コンビニ」が54%、「スーパー」が26.5%、「自販機」が19.5%となりました。

 

 

 

 

◆ 「あなたは今後、どのような清涼飲料水があったら買いたいと思いますか?」と質問したところ、下記の回答が得られました。
・ 自販機で冷凍されたジュースの販売
・ 紙パックでしかなかった味をペットボトルでも出して欲しい
・ つぶしやすいペットボトルの使用
・ 芸能人のパッケージの飲料水
・ カロリーゼロ

 

 

◆ 「あなたは、日頃ご自宅でどのような飲料水を飲んでいますか?」と質問したところ、「市販のミネラルウォーター」が25.5%、「浄水器を通した水道水」が23.5%、「水道水をそのまま」が20%、「水は飲まない」が17%、「宅配サービスのミネラルウォーター」が6%、「水道水を煮沸したもの」が3.5%、「湧き水・井戸水」が2.5%、「その他」が2%となりました。

 

 

 


◆ 前述の質問で「市販のミネラルウォーター」と回答した人に対し、「その理由を教えてください。」と聞いたところ、「水道水は心配だから」「原発のことがあったから」「水道水はおいしくないから」との回答が得られました。

 


【調査概要】
調査手法:スマホリサーチ(スマートフォンを使用したインターネット調査)
調査対象:全国の10代男女(スマートサーベイモニター会員)
有効回答数:200サンプル
調査日時:2013年9月19日 10:18〜同日11:53
調査地域:全国
実施期間:株式会社リビジェン


【株式会社リビジェンについて】
株式会社リビジェン(本社:東京都港区、設立:2012年6月15日、URL:http://www.livigen.co.jp、代表取締役:孫 尚均(そん なおひと)、資本金:5,400万円)は、スマートフォンユーザーに特化したマーケティングリサーチ事業を展開しております。スマートフォンの特性を活かした「即時性」のあるリサーチが可能で、リアルタイムなプロモーション施策と組み合わせたリサーチが可能になります。さらに、国内のスマートフォン所有率を背景に、回収が難しいといわれていた「若年層」へのリサーチに強みをもっています。

【本件に関するお問い合わせ先】
本リリースに関するお問い合わせや取材、資料提供をご希望の方は、下記までご連絡ください。
担当:株式会社リビジェン 広報担当 室谷(むろや)
お問い合わせフォーム http://www.livigen.co.jp/contact.html

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社リビジェン
  4. >
  5. 10代若者に聞く、「飲料水」に関する調査