~学習記録の出力機能を搭載し、学習行動の統合的管理を実現~

1000超の導入実績を持つ国内有数のeラーニングシステム 『KnowledgeDeliver(ナレッジデリバー)』 最新版をリリース

企業・スクール・学校のeラーニングシステムを立ち上げている日本で初めてのeラーニング専門ソリューションベンダー、株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京、代表取締役:はが弘明)は、1000を超える導入実績をもつ、国内でも有数のeラーニングシステム『KnowledgeDeliver(ナレッジデリバー)』の最新バージョン6.0を2015年5月14日(木)にリリース致しました。

今回のバージョンアップでは、学習記録をクラウド上に出力する「Manandaオプション」の搭載により、他の学習記録と統合して学習行動を一元管理することが可能となりました。

 ◆学習行動の一元管理について
近年、グローバル化の進展や経済環境のめまぐるしい変化の中で、教育の分野では個々の能力やスキルを総合的に把握し育成することが求められており、その展開例として組織の人材育成においては“タレントマネジメント”が、学校の教育では“ポートフォリオ”が注目を浴びております。そしてこれらを実行するうえで必要となる学習記録は、実施したすべての学習 ―― たとえば講義への参加記録やeラーニングの進捗状況、関連書籍の読書記録などの統合されたデータが必要となりますが、これまでは学習を行った環境毎に異なる仕様で記録されている、もしくは個人に管理が任されている状況でした。
そこで当社では、『KnowledgeDeliver』に「Manandaオプション」を搭載することで、これまでeラーニング環境の中でしか見ることのできなかった学習記録をクラウド上に出力、他の学習環境における学習記録と統合して管理することを可能としました。
 

 


◆『KnowledgeDeliver』とは
企業・官公庁・スクール・学校法人への導入実績は1000以上、受講者が数十万人を超える大規模運用も実現可能な、国内でも有数の統合型eラーニングプラットフォーム。学習、管理のみならず、Webベースで教材を自由に制作・管理・配信が可能。さらに、多くのオプションを有し、高いレベルのeラーニングサービスをご利用いただくことができます。
https://www.digital-knowledge.co.jp/product/kd/

<特徴>
1.教材作成・学習・管理機能をすべて標準搭載
2.マルチブラウザ・OS対応で、スマホ・タブレットやMacでも受講可能
3.ASP、クラウド、パッケージなど導入タイプも各種ご用意
4.ニーズの高い動画配信オプションのほか、学習効果を高める多彩なオプション機能をご用意
5.利用シーンに合わせたカスタマイズも柔軟に対応

◆Manandaオプションとは
あらゆる学習行動をクラウド上に記録し、学習結果の可視化を実現するサービスです。あらゆる学習とは、教室での授業、学校の出欠や学習進捗、テストや試験の点数、読書、セミナー受講、インターネット学習(eラーニング)の進捗・結果など「すべての学習行動」を指します。

これらは従来、統合された記録は存在せず、それぞれ学習を行った環境毎に異なる仕様で記録されている、もしくは記録もない状況でした。今後は、『Manandaオプション』によりすべての学習行動を統一の仕様でログ(学習記録)として保存、収集・統合することで、これまで不可能だった個人の“学習行動の記録の可視化”を実現します。
https://www.digital-knowledge.co.jp/product/kd/option_kd/mananda-option/

■会社概要
名 称:株式会社デジタル・ナレッジ
所在地:〒110-0005 東京都台東区上野5丁目3番4号 eラーニング・ラボ 秋葉原
代表者:代表取締役 はが 弘明
URL: https://www.digital-knowledge.co.jp/

【取材に関するお問合せ先】
株式会社デジタル・ナレッジ
担当:広報 濱田
TEL:03-5846-2131(代表)
E-mail:infoadmin@d-k.jp
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社デジタル・ナレッジ
  4. >
  5. ~学習記録の出力機能を搭載し、学習行動の統合的管理を実現~