<イベント開催レポート>ジェットスター マニラ線販売開始記念 フィリピン産“バナナ”贈呈イベント

申年にちなみ、千葉市動物公園のお猿さんと レッサーパンダの風太君へ本場のバナナをプレゼント! 夢の様な山積みバナナにお猿さんも大興奮

低運賃で気軽な空の旅を提供するLCCのジェットスターグループは、このたび2月11日(木・祝)に、千葉市動物公園にて「ジェットスター マニラ線販売開始記念フィリピン産“バナナ”贈呈イベント」を開催いたしました。
ジェットスター・ジャパンは、国内LCCとして初めて、東京(成田)・関西・中部=マニラ線を3月15日(火)より順次開設いたします。本イベントでは、1月19日(火)より航空券の販売を開始したことを記念して、フィリピンの名産”バナナ” 約 500本を今年の干支であるお猿さんと、レッサーパンダの風太君に贈呈しました。また、当日は来園されているお客様に向けての記念撮影会も実施いたしました。

バナナの贈呈には、価格が手ごろなうえ栄養価も高く、お子様からご年配の方まで多くの方に愛されるバナナのように、マニラ線も常に魅力的な価格とサービスで、友達や家族との旅行などあらゆるシーンで気軽に、安心してご利用いただける路線になりたいというジェットスター・ジャパンの願いが込められました。贈呈されたバナナはチキータ™の協力により、提供されたフィリピン産「プレシャス」バナナです。

 イベントでは、約300名の一般のお客様を前に、ジェットスターのキャビンクルーと、ジェットスター公式キャラクターのジェッ太(レッサーパンダ)が登場し、千葉市動物公園の斎藤茂樹副園長にバナナの贈呈を行いました。バナナはすぐにお猿さんのもとに届けられ、興奮したお猿さんたちがつぎつぎと大好物のバナナを手に取る姿に、会場からは、歓声が上がりました。また、千葉市動物公園の「立ちあがるレッサーパンダ」の風太君にもバナナのプレゼントが行われ、風太君の愛くるしい姿に、集まったお客様は「可愛い」と、目を細めました。

 贈呈イベント終了後は同会場にて、マニラ線記念撮影会を実施し、着ぐるみの風太君とジェッ太と一緒に記念撮影をしてくれたお客様に、「プレシャス」バナナとラゲッジタグが入ったギフトバッグをお配りしました。2匹のレッサーパンダコンビは子供たちだけでなく、大人にも大人気。バナナ型の記念パネルを持って風太君とジェッ太と一緒に撮る撮影会は盛況で、動物園に訪れた250名におよぶお客様にお楽しみ頂きました。

 

【贈呈イベントレポート】
★やっぱりお猿さんはバナナが好きだった!マニラ就航記念バナナでフィリピン気分を満喫!?

贈呈イベントには300名におよぶお客様にお集まりいただきました。キャビンクルーが会場の中央に置かれた台から布を外すと、中から山盛りのバナナが登場。副園長への贈呈のシーンでは会場から拍手が沸き起こり、マニラ線開設を記念したチキータ™「プレシャス」バナナ約500本が、千葉市動物公園に贈呈されました。

 

贈呈後は、さっそくお猿さんに食べてもらうために、猿山の中にバナナの入ったプレゼントボックスを設置しました。キャビンクルーからの合図で、飼育員さんがボックスの蓋を開けると、蓋の裏には「フィリピン産バナナ召し上がれ!」と、メッセージが描かれており、お猿さんたちにバナナと共にジェットスターからのメッセージをお届けしました。

 

見慣れぬ箱に最初は警戒していたお猿さんたちも、中に入っているのがバナナだと分かると大喜び。箱から次々にバナナを取り出し、食べるお猿さんたちの姿に、会場のお客様も「取ってる取ってる!」「やっぱりバナナ好きなんだ!」など大興奮。イベントは東京(成田)、大阪(関空)、名古屋(中部)より順次就航するマニラ線の記念となったほか、「本場の味」をお猿さんたちにも喜んでいただくことができました。


★レッサーパンダ風太君にもジェッ太からバナナのプレゼント!レッサーパンダコンビのコラボレーションでマニラ就航をお祝い!
千葉市動物公園といえば、立ち上がるレッサーパンダとして一躍有名になった風太君がいます。風太君にもこのたびのマニラ就航を伝えようと、ジェットスター公式キャラクターのジェッ太からバナナをプレゼントしました。
会場には着ぐるみの風太君も登場。カメラを構えるお客様も多く、レッサーパンダ同士のコラボレーションが実現しました。バナナはジェッ太から風太君に手渡され、風太君も大喜び。2匹は仲良く並んで、マニラ線の販売開始をお祝いしました。
 

 


【マニラ線記念撮影会レポート】
★風太君とジェッ太と記念撮影をしていただいたお客様に、「プレシャス」バナナとラゲッジタグが入ったギフトバッグをプレゼント!

動物園に来ている方にも本イベントを楽しんでいただくため、ジェットスター公式キャラクターのジェッ太とレッサーパンダの着ぐるみ風太君による「マニラ線記念撮影会」を実施いたしました、休日の園内にはお子様連れの家族が目立ち、レッサーパンダコンビが登場するとあっという間に子供たちが集まりました。また、二匹は大人からも大人気で、250名以上のお客様に撮影会を満喫頂きました。撮影にご参加いただいたお客様には「プレシャス」バナナとラゲッジタグが入ったギフトバッグをプレゼントし、ジェットスターなら東京(成田)から片道最低運賃9,000円で行けるマニラを、より身近に感じていただくひと時となりました。

【開催概要】
タイトル:ジェットスター マニラ線販売開始記念 フィリピン産“バナナ”贈呈イベント
日時:2016年2月11日(木・祝)13:00~14:00
場所:千葉市動物公園 モンキーゾーン、小動物ゾーン
内容:フィリピン産バナナ贈呈式

 ~マニラ線記念撮影会~
日時:2016年2月11日(木・祝)14:00~14:30 15:30~16:00
2月14日(日) 13:00~13:30 14:15~14:45 15:30~16:00
場所:千葉市動物公園 小動物ゾーン特設会場
内容:着ぐるみ風太君、ジェットスター公式キャラクタージェッ太(レッサーパンダ)記念撮影会、 ギフトバッグプレゼント(「プレシャス」バナナ1本、ラゲッジタグ入り)

 【贈呈したバナナについて】
本イベントでは、チキータの協力により、チキータ™「プレシャス」バナナ約500本を千葉市動物公園へ贈呈しました。チキータ™「プレシャス」バナナは、 フィリピン南部に位置するミンダナオ島の標高600m~850mの自然環境に配慮した自社管理農園で、山脈から湧き出る清らかな水を活用し、大切に育てられたバナナです。熱帯の強い太陽、高地特有の昼夜の寒暖差により、高地栽培の「プレシャス」バナナは、平地栽培に比べ約1.2倍の約12ヶ月間をかけ長期熟成栽培されています。この間に、バナナにふくまれる甘さの素となるデンプン質がグンと増し、気品ある贅沢な甘さ、クリーミーな味わいが育まれます。

【ジェットスター・ジャパン株式会社について】
「より多くのお客様に、より気軽に空の旅を楽しんでもらいたい」という経営理念のもと、ジェットスターグループは2007年3月に日本に初の国際線LCCとして就航して以来、多くのお客様にご利用いただいております。
 また、より多くの日本のお客様にLCCをご利用頂くべく日本の航空会社としてジェットスター・ジャパンが設立され、2012年7月より日本国内線の運航を開始、東京(成田)、大阪(関西)、札幌(新千歳)、福岡、沖縄(那覇)に就航しました。さらに名古屋(中部)、大分、鹿児島、松山、高松、熊本にも就航し、2015年2月からジェットスター・ジャパン就航以来初となる国際線として香港線を運航、11月には台北線の運航を開始いたしました。現在、日本国内最大のLCC*1として、国内外13都市、21路線で1日約100便の運航を行っています。 さらに2016年3月からはマニラ線*2にも就航する予定です。
ジェットスターは低運賃により、今後もより多くのお客様に気軽に空の旅を楽しんでもらえる機会を創出してまいります。http://www.jetstar.com
*1 国内線路線数(2016年1月現在)
*2 関係機関の認可を前提

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ジェットスターグループ
  4. >
  5. <イベント開催レポート>ジェットスター マニラ線販売開始記念 フィリピン産“バナナ”贈呈イベント