「BtoBプラットフォーム」と「SCMシステム」がシステム連携

~外食業界の受発注・請求書・在庫管理業務を電子化し、生産性向上を提供~

 株式会社インフォマート(東京都港区 代表取締役社長:村上勝照、以下「当社」)が提供する「BtoB(企業間電子商取引)プラットフォーム」は、株式会社エイ・エスネットワーク(埼玉県さいたま市 代表取締役社長:西條裕高)が提供する「SCMシステム」と、企業の売上処理や請求業務における生産性の向上を実現するため、システム連携を開始しました。今後も共同で、企業の利便性向上のための便利なソリューションを提供してまいります。
< 提携の理由と概要 >

 インフォマートが提供する「BtoBプラットフォーム」は、日々の受発注や請求業務をWeb上で行えるシステムとして、現在、利用企業数は38,188社(※1)、事業所数は275,766社(※2)(2015年6月末現在)の企業様にご利用いただいております。エイ・エスネットワークの「SCMシステム」は外食産業本部・店舗、ベンダー、メーカー、物流倉庫の各業務に対応しうる標準機能を持ち、現在、66社、14,600店舗、取引先6,700社(2015年4月現在)の企業様にご利用いただいております。両社のシステムが連携することで、見積・発注・仕入・在庫管理・発送・請求までのプロセス管理と、ペーパーレス化が実現します。

 「BtoBプラットフォーム」で受注したデータを「SCMシステム」に取り込み、出荷データを発送データとして取引先に送付、また請求データは「BtoBプラットフォーム」を通じて取引先に電子請求することが可能です。今後も両社の利用企業に連携を周知する他、新たな連携サービスの提供などを実施してまいります。

(※1)「FOODS Info Mart」「BEAUTY Info Mart」「MEDICAL Info Mart」「BtoB電子請求書プラットフォーム」の利用企業数。
(※2)「BtoB電子請求書プラットフォーム」の無料ID利用企業を含む。


< 「BtoBプラットフォーム」について >

 「BtoB電子請求書プラットフォーム」「ASP受発注システム」「ASP商談システム」「ASP規格書システム」の4つのサービスから成り立ち、企業間の紙で行われている商取引をWeb上で行えるシステム。「BtoBプラットフォーム」を利用することで、企業の生産性向上、時間短縮、コスト削減、ペーパーレス化・CO2削減を推進し、環境に貢献。
URL:  http://www.infomart.co.jp/products/index.asp


<「SCMシステム」について >

 外食業界向けに受発注・在庫管理をメインとし、業界の仕入れ業務をサポートするASPシステム。外食産業本部・店舗、ベンダー、メーカー、物流倉庫の各業務に対応しうる標準的な機能を持つことで、企業間の同一情報共有が可能となり、情報の正確さの向上、仕入管理の把握・見直しが可能。SCMの持つ在庫管理機能に比べ、更に細かな庫内業務に特化した倉庫内業務支援システム「WMSシステム」も別途提供しており、SCMとWMSとの連携も可能。
URL:  http://www.as-network.net/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社インフォマート
  4. >
  5. 「BtoBプラットフォーム」と「SCMシステム」がシステム連携