【リーガロイヤルホテル(大阪)】豪華客船「クイーン・エリザベス」大阪港初寄港記念 ホテルで豪華クルーズ気分を味わえる特別メニュー

豪華客船内で提供される料理をもとに、ホテルのグランメゾンならではのエッセンスを加えた特別メニュー

リーガロイヤルホテル(大阪市北区中之島、総支配人 田辺 能弘)の「レストラン シャンボール」は、3月22日(火)にイギリスの海運会社「キュナード・ライン」による豪華客船「クイーン・エリザベス」が大阪港に初めて寄港することを記念し、客船内で提供される料理をもとにシャンボールならではのエッセンスを加えた特別メニューを3月14日(月)から21日(月・休)の期間販売します。

「クイーン・エリザベス」は、175年に渡る歴史を誇るイギリスの「キュナード・ライン」が運航する、英国女王の名を冠することが許された数少ない女王船の1つです。

ホテルに居ながら、豪華客船に乗船した気分を楽しめる、特別なメニューをご用意。

 

今回提供する特別メニューは、「レストラン シャンボール」のシェフ 豊田 光浩が「クイーン・エリザベス」船内で実際に提供されているメニューのレシピを再現し、アレンジを施したものです。味付けは忠実に再現しながら、素材の持ち味を最大限に引き出す調理法でシャンボールならではのエッセンスを加えています。

詳細は、次の通りです。

<概 要>
【提供店舗】レストラン シャンボール(タワーウイング29階)【提供期間】3月14日(月)~21日(月・休)
【提供時間】18:00~21:30(ラストオーダー21:00)
【料  金】14,256円(税金・サービス料込)

【メニュー】「クイーン・エリザベス大阪初寄港記念メニュー」
・小さなお楽しみ前菜
・鶏腿肉とポロ葱のテリーヌ フレンチマスタード風味
 林檎・ラディッシュ・ビーツのサラダをあしらって
・マッシュルームのカプチーノ仕立て カリカリのガーリック添え
・マグロ中トロのステック ニース風 レモン・パセリ香りのピストゥー
・骨付き仔羊のロースト ミント風味のエンドウ ポテトのフォンダン
 または
 牛フィレのポワレ ポテトのラメル ブーランジェール風
・チョコレートのコンパレゾン
・小菓子
・コーヒー

※食材の入荷状況により、メニュー内容を変更する場合がございます。
※画像はすべてイメージです。


<参 考>
◆クイーン・エリザベス

船内イメージ

 

  世界で最も有名な豪華客船の名前を受け継ぐ3 代目クイーン・エリザベス。船内は、初代クイーン・エリザベス(1940年就航)をイメージしてデザインされており、木をふんだんに使い、アールデコ調のインテリアが施され、女王の名前にふさわしい気品に満ちた雰囲気を醸し出しています。初代から名前を引き継いだ「ガーデン・ラウンジ」ではサパークラブが開催される夜もあり、ガラス天井越しの星空のもと夕食と共に音楽やダンスをお楽しみいただけます。
【運航会社】 キュナード・ライン 【総トン数】 90,901トン
【全  長】 294メートル    【乗客定員】 2,081名
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ロイヤルホテル
  4. >
  5. 【リーガロイヤルホテル(大阪)】豪華客船「クイーン・エリザベス」大阪港初寄港記念 ホテルで豪華クルーズ気分を味わえる特別メニュー