Cloudera、新たなパートナープログラムCloudera Connect:Innovatorsを発表

ハイスピードデータアナリティクスのためDatabricks社とタイアップし、Sparkをサポート

カリフォルニア州パロアルトおよびNY州ニューヨーク発(現地時間2013年10月28日) - Apache Hadoop(TM)による企業のデータ分析、管理の第一人者であるClouderaは、本日Strata Conference + Hadoop World 2013において、新たなCloudera Connect:Innovatorsプログラムを発表しました。これはお客様が、Cloudera社から信頼性の高い本番環境でのサポートを従来通りに受けつつ、多くのプロジェクトや企業の最新のイノベーションを利用できることを意味しています。

このプログラムの共同パートナーであるDatabricks社は、カリフォルニア州立大学バークレー校のAMPLabから独立した会社であり、これまでもApache Sparkフレームワークの開発に携わってきました。同時に、Clouderaは、Apache Hadoopをはじめとする市場をリードするClouderaのディストリビューションであるCDHとともに、Apache Sparkも直接にサポートすると発表しました。

このApache Sparkがあれば、Clouderaユーザーは、一般的なデータ解析に加え、Hadoopに格納されたメモリ上のデータセットを高速に快適にデータ処理することができるようになります。

インタラクティブSQLの作業のためのCloudera Impalaとともに、インタラクティブな全文検索のためのCloudera Searchと、Hadoop 2からの最新の革新機能を含む高性能で効率の良いデータ管理機能もついたCloudera Enterprise 5を用いて、いまやClouderaでは、顧客がどのような大きさのデータ処理の負荷にも適切なツールが選べるようになりました。そしてお客様がビジネス上の諸問題をできる限り早く効率的に解決するためにデータ解析をうまく進められるよう支援いたします。

Databricks社の最高経営責任者Ion Stoicaは、「Clouderaは企業分析データ管理の分野では第一人者であり、同社の新しいInnovatorsプログラムを用いて我々は、Sparkの新しいユーザーを開拓し、その企業マーケットにおける世界レベルの専門知識から恩恵を受ける大きなチャンスが得られます。」「SparkでのClouderaとの協業が楽しみです。彼らのデータを用いることができればお互いのお客様のお手伝いができるでしょう。」と述べています。

Cloudera + Apache Spark:Hadoopに代わる超高速データ処理

UCバークレーのAMPLabでその原型が開発されたSparkは、クラスタ型のコンピューティングシステムで、高速なデータ解析をサポートする実行エンジンです。SparkはHadoopを強力に補完し、MapReduceの100倍高速な複雑な計算の実行能力を備えているため、高速データ処理の実行によく適しています。Sparkは、任意の演算子のグラフを最適化するような独自の実行モデルをもち、ハードディスクからの読み出しデータではなくメモリ上でデータ処理を行うことで、そのスピードとパワーを得ています。加えて、SparkにはScalaやJavaやPythonで動くパワフルで使いやすいAPIが揃っており、開発時間を劇的に短縮するでしょう。耐障害性を提供する機能と組み合わせることで、SparkはHadoopのMapReduceを代替できる本当に素晴らしいフレームワークとなっています。

Cloudera社の製品担当副社長の Charles Zedlewskiは次のように述べています。「どの会社も単独では、企業の要求に耐えるこのような革新のすべてを成し遂げることはできません。Cloudera Connect、つまりInnovatorsプログラムを用いて我々の顧客はオープンソースのコミュニティーが約束する最良の革新を引き出すことができるのです。たとえそれがClouderaによるものであろうとなかろうと。」「Apache Sparkがそれを示す第一級品です。すぐれたデータ処理の機能と性能が得られ、開発者とユーザーのコミュニティには活気があります。」

ダウンロード
Sparkサービスのベータリリース版は以下からダウンロードができます。
http://www.cloudera.com/content/support/en/downloads.html


<Clouderaについて>

2008年設立。Clouderaは、徹底的な検証を重ね、商用・非商用環境を問わず、世界で最も幅広く採用されているApache Hadoopディストリビューション「CDH」で、企業向けHadoop市場を開拓してきました。Clouderaは現在、ビッグデータ・プラットフォームである「Cloudera Enterprise」によってデータマネジメントソリューションを再定義し、すべてのデータに対する「Ask Bigger Questions(TM)」の実行と、より機知に富んだ実行可能なインサイトの迅速かつ容易な獲得を実現することで競争優位性をもたらす「価値」を提供し、企業を支援しています。また、Apacheオープンソースプロジェクトのトップコントリビュータとして、さまざまな業界にわたる何百社の企業、数万ノードのHadoop管理経験を背景に、データプロフェッショナルの教育・育成を牽引しています。
700を超えるハードウェア/ソフトウェアベンダー、及びサービスパートナーがClouderaと共に、さまざまな企業、組織のビッグデータ処理のお手伝いをしています。何万ものノードを管理し、さまざまな業界にまたがって数百ものお客様をもつClouderaは、エンタープライズにおけるHadoopの標準化を進めるカテゴリーリーダーとなっています。


▼Cloudera の情報は下記よりご覧いただけます。
・ウェブサイト(日本語): http://www.cloudera.co.jp/
・ブログ(日本語):http://www.cloudera.co.jp/blog
・Twitter(日本語): http://twitter.com/#!/clouderajp
・Facebook(日本語): http://www.facebook.com/Cloudera.Japan


<報道関係者の方からのお問い合わせ先>

Cloudera株式会社
マーケティング担当:木林
press-jp@cloudera.com

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. クラウデラ
  4. >
  5. Cloudera、新たなパートナープログラムCloudera Connect:Innovatorsを発表