「美白に関する調査」

-----------------------------------------------------------------------------------------
美白基礎化粧品「化粧水」67.0%が使用
出せる費用「10,000円以上」と回答した方が最も多かったアイテムは「美容液」
-----------------------------------------------------------------------------------------

健康美容ビジネスのコンサルティング(リーガルマーケティング)事業を手がける株式会社薬事法ドットコム(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:斎藤 敬志、URL:http://www.yakujihou.co.jp/ydc-mri/index.html 以下 薬事法ドットコム)は、世の中の健康美容の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行っております。今回、2013年10月29日(火)~10月30日(水)の2日間に、美白基礎化粧品を使用している全国の女性300人を対象に「美白」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

【調査背景】
暑い夏も終わり、すっかり秋となりましたが、夏に蓄積された紫外線のため、美白に勤しむ女性も多いのではないでしょうか。そこで、美白基礎化粧品を使用している方に対し、どのようなアイテムを取り入れているか、「紫外線防止」や「UVケア」や美白を行なう(行なっていた)季節などをお聞きし、「美白」に関する調査を行いました。
以下、調査データをお送りいたしますので、報道のご参考にしていただければ幸いです。

【調査概要】
1.調査の方法:株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用した WEBアンケート方式で実施
2.調査の対象:美白基礎化粧品を使用している全国の20代~60代の女性
3.有効回答数:300人
4.調査実施日:2013年10月29日(火)~2013年10月30日(水)

主な設問と回答

◆現在使用している美白効果のある基礎化粧品の種類は?
1位「化粧水」67.0%
2位「美容液」48.0% 
3位「乳液」35.0%
◆「紫外線防止」や「UVケア」や美白を行なう(行なっていた)季節は?
1位「夏」98.0%
2位「春」79.7%
3位「秋」67.3%

~お願い~
本内容の転載にあたりましては、「薬事法ドットコムマーケティング研究所調べ」と付記のうえご使用いただきますようお願い申しあげます。

 

Q1 あなたが現在使用している、美白効果のある基礎化粧品の種類を教えてください。(複数回答 N=300)

現在使用している、美白効果のある基礎化粧品の種類をお聞きしたところ、最も多かった回答は「化粧水」の67.0%という結果になりました。次いで「美容液」48.0%、「乳液」35.0%という結果になっています。また、その他としては「オールインワンゲル」や「クリーム」といった意見が多くあがりました。

 

Q2 あなたは「紫外線防止」や「UVケア」を行なっていますか(行なっていましたか)。 (単数回答=300)

「紫外線防止」や「UVケア」についてお聞きしたところ、最も多かった回答は「どちらかといえば行なっている(行なっていた)」で54.0%と約半数でした。また、「熱心に行なっている(行なっていた)」の24.0%を合わせると78.0%もの方が「紫外線防止」や「UVケア」を行なっている結果となっています。美白効果のある基礎化粧品を使用している方は「紫外線防止」や「UVケア」も気にかけていることがわかりました。

 

Q3 あなたが「紫外線防止」や「UVケア」や美白を行なう(行なっていた)季節を教えてください。(複数回答 N=300)

「紫外線防止」や「UVケア」を行なう(行なっていた)季節をお聞きしたところ、やはり「夏」98.0%とほとんどの方が回答したものの、「春」79.7%、「秋」67.3%と他の季節も多くの方が回答した結果となっています。一年を通し「紫外線防止」や「UVケア」を行なっている方が多いのでしょうか。

 

Q4 美白商品として、以下の項目について当てはまると思うものを教えてください。(複数回答 N=300)

美白商品についてお聞きしたところ、【知っている】、【取り入れてみたい】と回答した方が最も多かった商品は「雪肌精/ 薬用 雪肌精」となりました。しかし【効果がありそう】と回答した方が最も多かった商品は「SK-Ⅱ/フェイシャル トリートメント エッセンス」となりました。

 

Q5 以下の美白基礎化粧品を購入すると仮定した際に、出しても良いと思う価格を教えてください。(単数回答 N=300)

 

美白基礎化粧品を購入すると仮定した際に、出しても良いと思う金額をお聞きしたところ、「500円未満」と回答した方が最も多かったアイテムは「マスク・パック」の22.7%という結果になりました。また、「10,000円以上」と回答した方が最も多かったアイテムは「美容液」となっています。

 

【林田先生からのコメント】

白斑問題で美白化粧品への影響が懸念されていますが、美白のニーズが根強いことをこの調査は示しています。
特に、美白美容液に1万円以上出費してもよいと思う人が10%近くいることには大変驚きました。
化粧品メーカーは、春に向けて美白美容液のマーケティング戦略の構築に力を注ぐ必要がありそうです。

一般財団法人リーガルマーケティング研究財団理事長
株式会社薬事法ドットコム 特別顧問
林田 學武
東大法大学院卒、法学博士。大学教授、弁護士を経て現職

 

◆株式会社薬事法ドットコム概要
会社名   :株式会社薬事法ドットコム
設立    :2009年8月
代表者   :齋藤敬志
本店所在地 :〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-2-27 3階
電話番号  :03-6279-0350
事業内容  :健康・美容に関するコンサルティング業務、健康・美容に関する情報提供サービス
会員企業  :現在、130社超(2013年7月現在)
       延べ600社超
HP    :http://www.yakujihou.com/ (YDC)
       http://www.yakujihou.co.jp/(YDC研究所)

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社薬事法ドットコム
  4. >
  5. 「美白に関する調査」