モバイル主要国の利用者数トップアプリを発表 (日米中韓独印など)

日本を含むモバイル主要市場でアプリ利用状況を分析した 「2015年第1四半期アプリ利用状況レポート」を発表。 iOSおよびAndroidのユーザーがどのようにアプリを利用しているかを解説。

 


App Annie(アップアニー、本社:米・サンフランシスコ、代表:Bertrand Schmitt)は、iOSとAndroidアプリの利用状況を分析する同社初のレポート「2015年第1四半期アプリ利用状況レポート:日本を含む5大市場で比較するアプリ利用状況」を発表しましたのでお知らせ致します。
本レポートは、モバイルの主要市場(米国、日本、韓国、イギリス、ドイツ等)におけるユーザーの行動(アプリの利用率、接触時間、接触頻度等)やアプリ利用状況を調査し分析した内容を紹介しています。主要国に加え、成長著しいアジア各国(中国、インド等)のアクティブユーザー数に基づくトップアプリランキング(iOS・Android別、デバイス別)も同時に発表し、従来のダウンロード数や収益額ベースとは異なる、利用状況によるトップアプリの把握も可能となっております。本レポートは、同社の調査・分析手法の高度化及び多様化に加え、Mobidia社買収(同年5月6日発表)により強化され、60ヵ国・20万を超えるアプリの利用状況データが取得可能な法人向け情報サービス『Usage Intelligence(ユーセージ・インテリジェンス』を元に作成されています。

 

日本のAndroidスマートフォンユーザーが2015年第1四半期にモバイルゲームに費やした 1カ月あたりの時間は、米国のユーザーの約4倍

 

App Annieの無料レポートでは、以下のような情報をご覧いただけます。

・「通信」および「ソーシャルネットワーク」カテゴリーが優勢、日本ではLINEが1位
日本を含むモバイル5大市場(米国、日本・韓国・イギリス・ドイツ)のすべてで、「通信」および「ソーシャルネットワーク」カテゴリーのアプリはAndroidスマートフォンセッション数の40%を占めました。米国のソーシャルネットワークカテゴリへの傾倒に比べ、日本は、メッセージングアプリがより利用される傾向があり、月間アクティブユーザー数によるiOSトップアプリではLINEが1位を獲得しています。

・日本のユーザーあたりのゲームプレイのセッション時間は米国の4倍
モバイルゲームのプレイ時間が長い市場は、日本と韓国が他の3市場を圧倒しています。日本は米国に比べゲームアプリのAndroidスマートフォンユーザーが利用した平均月間ゲームセッション数は、米国の約3倍、利用時間は約4倍あること、iOS App StoreとGoogle Playにおける収益の90%以上がゲームアプリから来ていること、タブレットがゲームセッション時間でスマートフォンを25%上回っています。

・韓国に次いで日本はモバイルデータ使用量で世界トップ
韓国と日本が2015年 第1四半期のモバイル(および全体の)データ使用量で首位に立ちました。日本では、Andoroidスマートフォン上におけるユーザーあたりのモバイルデータ使用量が米国よりも約35%多くなっています。データ使用量が最も多かったカテゴリは「メディア&動画」で、なかでもYouTubeは今回調査した5大市場すべてで首位でした。

レポート全文の無料ダウンロードはこちら:
http://jp.blog.appannie.com/app-usage-report-q1-2015/

レポート付表にはアクティブユーザー数に基づく以下のランキング*を、掲載しています:

 ・非ゲーム系トップアプリ - iPhone
 ・非ゲーム系トップアプリ - iPad
 ・非ゲーム系トップアプリ - Android スマートフォン
 ・非ゲーム系トップアプリ - Android タブレット
 ・ゲーム系トップアプリ - iPhone
 ・ゲーム系トップアプリ - iPad
 ・ゲーム系トップアプリ - Android スマートフォン
 ・ゲーム系トップアプリ - Android タブレット

*ランキングによって、掲載対象の国が異なります。

              【レポート付表に掲載のランキング例】

 

【App Annieについて】
App Annie (アップアニー) は、世界規模のアプリの市場データと分析ツールを提供しており、アプリビジネスにおいて迅速かつ確かな意思決定を支える世界No.1の情報プラットフォームです。自社アプリの競合優位性を詳細に把握するための分析ツールと、世界中のあらゆるアプリのビジネスを様々な角度から深く洞察するための市場データを提供しております。App Annieの製品は、アプリストアランキングのトップ100のパブリッシャーのうち90%以上、計82.5万以上のアプリに利用されております。またElectronic Arts、Google、LinkedIn、LINE、Microsoft、Nexon、Nestle、Samsung、Tencent、Bandai Namco、Universal Studios等の著名なパブリッシャーが有料の『Intelligence』製品を利用しています。累積830億件以上のアプリダウンロードおよび、250億米ドル以上のアプリ収益をトラッキングしています。米・サンフランシスコに本社を置き、350名以上の従業員を擁する非上場企業で、アムステルダム、北京、香港、ロンドン、モスクワ、ニューヨーク、ソウル、上海、東京、シンガポール、カナダ等の世界12都市に拠点を構えています。現在までにグレイクロフト・パートナーズ、IDGキャピタル・パートナーズ、Institutional Venture Partners、eVentures、セコイア・キャピタル、Infinity Venture Partners等の世界中のベンチャーキャピタルから9,400万米ドルの資金調達を実施しました。

   App Annie 会社ホームページ:  https://www.appannie.com/jp/
   App Annie Twitter アカウント: @AppAnnieJapan


プレスリリースについてのお問い合わせ先 広報担当:五百旗頭(イオキベ)
   電話番号:080-3750-4341
   e-mail:miokibe@appannie.com

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. App Annie
  4. >
  5. モバイル主要国の利用者数トップアプリを発表 (日米中韓独印など)