「ASEANの子どもたちの未来を拓く」 カンボジア病院建設着工 

NPOジャパンハートが安定した無償の医療提供と医療人財育成を実現。小児がん治療も視野に。

特定非営利活動法人ジャパンハート(所在地:東京都台東区、代表:吉岡秀人、以下ジャパンハート)では、カンボジアで医療支援活動を始めた2008年から地方3ヶ所の国立病院と連携し、地域住民への医療の無償提供、学校やヘルスセンターを対象とした保健衛生教育活動、現地人医療者人材育成などを実施してきました。現在までの支援活動実績と地域とのネットワークを生かし、さらなるカンボジア国内の保健医療の底上げを図るため、2015年10月、現地人医療者を継続的に育成し、安定した医療提供ができる設備を持つ拠点病院ASIA Alliance Medical Center(ジャパンハート医療センター)の建設を開始しました。

 

◆プロジェクトの目的
1. 診察、治療、手術を地域の貧困層を中心に提供する(開業後の一定期間は完全に無償提供)。
2. 現地医療者の人材育成(臨床研修)の場として拠点化し、現在支援を行う以下の3病院をはじめとした地域医療機関との連携強化により保健、医療、災害の包括的支援を可能とする地域医療支援病院を目指す。
・コンポンチャム州チューンプレイ病院
・プレイベン州ペイリアン病院
・カンダール州ロカカオン病院

◆病院の概要
・名称: ASIA Alliance Medical Center(ジャパンハート医療センター)
・建設予定地:カンダール州Puhnea Leu郡(プノンペンの北東約35㌔ ※地図参照)
首都近郊で遠方からの患者も来院しやすい幹線道路沿いとした。
・本病院は以下の3段階で拡張を行い、その機能を拡充する。
 

 

 

Phase1 2015年10月建設開始、2016年6月頃開業予定。 延べ床面積:637㎡
診療科:外科・内科・小児科・周産期科 ベッド数:40
Phase2 2016年建設開始、周産期科を大幅に増設。
延べ床面積:994㎡ 診療科:周産期科 ベッド数:70
Phase3 建設時期未定 延べ床面積:2,000㎡
診療科:がん治療を開始する ベッド数:100

・病床数はPhase2時点で計100床程度、院内の医療者スタッフは約50名を予定。Phase1での診療科は外科、内科、小児科、周産期等、Phase2では周産期科に特に重点をおいた病院とする予定。Phase3では悪性腫瘍の治療を可能とするよう診察領域の拡大を予定。
・勤務する医療者は常駐日本人医師、看護師と日本からの短期ボランティア医師、看護師、そして常駐現地人医師、看護師から構成される。
・従来の支援病院、周辺ヘルスセンターの医療者、当病院での研修を希望するその他医療者を厳格な審査のもと受け入れ、臨床研修の場として病院を提供する。
 
◆計画に至る背景と病院建設の必要性
 カンボジアではポル・ポト政権の影響から、人口1万人あたりの医師数が2.4人(2008年)と他アジア諸国に比べて最低水準にあり、医療施設や医薬品不足に加え、人材育成も不足する深刻な状態にある。また国立病院の医療者は待遇が悪く、国民の国立病院への評価は悪化する一方である。患者にとっては全額負担となる診察代や薬品代は重い負担であり、多くの人々が基本的な医療を受けられない状況が今もなお続いている。
 これらの状況から、この先のカンボジア医療界に最も必要なものは、正しい医療の知識・技術を持った自国の人材と、そこから生まれる信頼できる医療、安心して受けられる医療環境であると判断。保健医療サービスの底上げを図るため、現地人医療者を継続的に教育できる設備を持つ拠点病院建設計画に至った。

 

●●●●カンボジア病院建設 特設サイトオープン!●●●●
参加型チャリティー「みんなで彩ろう カンボジア病院」
  URL:http://irodorucambodia.org/



<特定非営利活動法人ジャパンハートとは>
2004年、小児外科医の吉岡秀人医師が、国際医療ボランティア団体として設立。「医療の届かないところに医療を届ける」を理念として、ミャンマー、カンボジア、ラオス、日本国内の僻地・離島、東日本大震災の被災地などで活動。海外では無償で診療・手術を行い、その数、年間2万件。2014年度、ボランティアとして団体の活動に参加した日本人医療者の数は約500人。
・ホームページURL http://www.japanheart.org/ 
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 認定NPO法人ジャパンハート
  4. >
  5. 「ASEANの子どもたちの未来を拓く」 カンボジア病院建設着工