フィットネスウェアラブルデバイスのリーディングカンパニー、フィットビットのフィットネストラッカー【Fitbit Charge HR™とFitbit Surge™が自動的に運動を記録】

自転車、ハイキング、ランニングなどの一般的な運動から バスケットボール、サッカー、テニスなどのスポーツにも対応

サンフランシスコ – 2015年11月23日 –フィットビットは、Fitbit Charge HR™(フィットビット・チャージ・エイチアール)とFitbit Surge™(フィットビット・サージ)において、エクササイズの記録を簡単でスマートにする新機能『SmartTrack™』(スマート・トラック)と『Exercise Goals』(エクササイズ・ゴールズ)を発表しました。
●SmartTrack™
フィットビットは、自動でエクササイズ認識する機能『SmartTrack™』を発表しました。また、米国でベストセラーになっているウェアラブル[1]フィットネストラッカーのFitbit Charge HR™と、GPSウォッチ[2]のFitbit Surge™のPurePulse™心拍数計測機能の強化も行いました。

●Exercise Goals
フィットビットは、Fitbitアプリ(無料)に新たに『Exercise Goals』を導入しました。ユーザーは最適なエクササイズを簡単に探すことができ、各自の目標達成に向けて日々のモチベーションを高めることができます。

フィットビットのインタラクティブ部門のバイスプレジデント、Tim Roberts(ティム・ロバーツ)は次のように述べています。
「フィットビットでは常に、健康やフィットネスの記録を楽しめるような、やる気につながる楽しく画期的な機能を提供したいと考えています。ユーザーは短時間の犬の散歩や職場への自転車通勤など、毎日あらゆる場面でエクササイズの機会があります。この新機能により、最も活動量の多い運動を記録し、フィットネス目標達成に向けた進捗の記録をテクノロジーを活用して自動的に行うことで、ユーザーはエクササイズ自体に専念することができます。」

『SmartTrack™』で自動的にワークアウトを記録
『SmartTrack™』はワークアウトを簡単かつスマートに記録し、エクササイズの目標達成への進捗度合を確認できます。『SmartTrack™』は特定のエクササイズを自動的に認識し、Fitbitアプリで記録することで、ユーザーにとって最も活動量の多い運動を記録します。『SmartTrack™』は以下の機能によりユーザーの目標達成をサポートします。
  • 自動エクササイズ認識機能
    • Fitbit Charge HR™またはFitbit Surge™の装着時、『SmartTrack™』が継続的な動きを察知します。動きの種類を特定し、時間、燃焼カロリー、心拍数といったエクササイズの概要と共にFitbitアプリに記録します。『SmartTrack™』はエクササイズマシーン、屋外での自転車、ランニング、ウォーキングを含む各種運動以外に、一般的なエアロビクスワークアウト(ズンバ、カーディオキックボクシング、その他のダンスクラスなど)やスポーツ(テニス、バスケットボール、サッカーなど)も識別することができます。
  • 各ユーザーに合わせた設定
    • エクササイズの定義は人それぞれ違うため、ユーザーはエクササイズとして認識させたい運動の種類を選択し、Fitbitアプリで記録するにはどの位の時間運動する必要があるのかを設定できます。デフォルト設定では、ユーザーが15分以上運動すると自動的に認識するようになっています。

ワークアウト中のリアルタイム心拍数記録機能を強化
フィットビット独自のPurePulse™心拍数測定技術がアップデートされました。これにより、ユーザーはブートキャンプやズンバなどの激しいワークアウト中とその後の心拍数を記録できるようになりました。この新しい機能は、Fitbit Charge HR™ではExercise Mode使用中、Fitbit Surge™ではマルチスポーツモード使用中に起動します。PurePulse™のオプティカルテクノロジーにより、わずらわしい胸ストラップを装着しなくても、安静時の心拍数や長期的な心拍数のトレンドなど、継続的にまた自動的に手首で心拍数を測定できます。

フィットビットは市場で最も高い精度を安定的に達成できるリストバンド型の活動量計を専門に開発しています。今回のソフトウェアアップデートにより、人気のある心拍計ソリューションがさらに改善されました。

『Exercise Goals』週単位のエクササイズ目標設定でやる気を維持
American Heart Association(アメリカ心臓協会)[i]とU.S. Centers for Disease Control and Prevention(アメリカ疾病予防管理センター)[ii]は、健康維持のために1日平均30分の運動を週5日行うよう推奨しています。より活動的になり、運動をすることの効果は知られていますが、時間も手間もかかるため、実際に行うことは容易ではありません。
『Exercise Goals』はすべてのFitbitデバイスとアプリユーザー向けに提供されており、週何日エクササイズするのかを目標設定し、毎日のエクササイズ達成度を記録することができます。エクササイズの目標を設定することで、継続的なワークアウトルーチンを確立し、目標を達成しやすくなります。なお、1週間のエクササイズ日数と、目標達成を目指す運動の種類を選択することで、『Exercise Goals』をカスタマイズでき、目標達成度がFitbitアプリ内に表示されます。
デバイス別に以下の方法でエクササイズ目標達成の一環として運動が自動的に記録されます。
  • Fitbit Charge HR™とFitbit Surge™:SmartTrack™、Exercise Mode、MobileRun®、またはFitbitアプリで運動やエクササイズを記録。
  • Fitbit Charge™:Exercise Mode、MobileRun、またはFitbitアプリで運動やエクササイズを記録。
  • Fitbit Flex®、Fitbit One®、Fitbit Zip®:Exercise Mode、MobileRun、またはFitbitアプリで運動やエクササイズを記録。

 新機能サービスの提供時期
SmartTrack™とPurePulse™ソフトウェアアップデートは、Fitbit Charge HR™とFitbit Surge™をご利用の世界中の全ユーザー向けに無料で提供中です。Exercise GoalsもiOSとWindows向けFitbitアプリで全世界に無料で提供します。Android向けも近日中に提供予定です。
この画期的な機能は、新しいFitbit Charge HR™とFitbit Surge™活動量計でもご利用いただけます。
またクリスマスに向けて、ブルーとタンジェリンカラーのFitbit Charge HR™とFitbit Surge™、ティールカラーのFitbit Charge HR™も販売中です。

■フィットビット・インク (NYSE:FIT) について
フィットビットは、人々が目標に到達できるようにデータとインスピレーションとガイダンスを提供し、より健康でアクティブな生活の実現をサポートする企業です。フィットネスウェアラブルデバイス分野のリーダーとして、フィットビットは、日常の健康とフィットネスをトラックする製品と体験をデザインします。多数の受賞歴を誇るフィットビットの製品群には、Fitbit Surge*、Fitbit Charge HR、Fitbit Charge、Fitbit Flex、Fitbit Zip、及び Fitbit One、Aria Wi-Fi スマート体重計*があります。フィットビット製品は、世界50カ国以上の45,000小売店舗で販売されています。

Fitbit、Fitbitのロゴ、Fitbit Surge*、Fitbit Charge HR*、Fitbit Charge、Fitbit Flex、Fitbit One、Fitbit Zip、PurePulse、MobileRun、Aria*及びFitStar**は、フィットビット・インクの米国及びその他の国々における商標、サービスマーク、かつまたは、登録商標です。本リリースで言及されている他のすべての商標、サービスマーク、製品名称は、その各々の所有者の所有物です。
*Fitbit Surge、Fitbit Charge HR (ティールカラー)およびAriaは日本未発売です。
**FitStarは、現時点では日本語未対応です。

フィットビット・ジャパンウェブサイト:https://www.fitbit.com/jp
フィットビット・ジャパン 公式Facebookページ:https://www.facebook.com/fitbitjapan
フィットビット・ジャパン 公式Twitter:https://twitter.com/fitbit_jp
フィットビット・ジャパン 公式YouTubeチャンネル: https://www.youtube.com/channel/UChdcFYYnq9PjR9tFIynXAEA

[1] The NPD Group, Retail Tracking Service、2015年4月~9月、デジタルフィットネスデバイス、スマートウォッチ、台数
[2] The NPD Group, Retail Tracking Service、2015年4月~9月、デジタルフィットネスデバイス、スマートウォッチ、ウェアラブルデバイスタイプのGPS対応ウォッチ、台数
[i] 『American Heart Association Recommendations for Physical Activity in Adults(成人の運動に関するアメリカ心臓協会の提言)』、American Heart Association、2015年8月。http://www.heart.org/HEARTORG/GettingHealthy/PhysicalActivity/FitnessBasics/American-Heart-Association-Recommendations-for-Physical-Activity-in-Adults_UCM_307976_Article.jsp#.VjJpTHjFsUE
[ii] 『How much physical activity do adults need?, 2008 Physical Activity Guidelines(成人に必要な運動量は?2008年の運動ガイドライン)』、Division of Nutrition, Physical Activity, and Obesity, Centers for Disease Control and Prevention。http://www.cdc.gov/physicalactivity/basics/adults/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. Fitbit
  4. >
  5. フィットネスウェアラブルデバイスのリーディングカンパニー、フィットビットのフィットネストラッカー【Fitbit Charge HR™とFitbit Surge™が自動的に運動を記録】