世界142ヶ国で1位を獲得!『 ピアノタイル2 』人気ゲーム開発秘話と3つの成功ポイント

キングソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:翁永飆、以下キングソフト)のグループ会社である、Cheetah Mobile社の開発したゲームアプリ、「ピアノタイル2」が、App Storeの総合ランキングにおいて、109ヵ国で1位、またゲームカテゴリランキングにおいて、142ヶ国で1位、およびGooglePlayの総合ランキングにおいて、38ヶ国で1位、またゲームカテゴリランキングにおいて、85ヵ国で1位を獲得しました(1月4日(月)時点)。

■ポイント1. 数字の冷え込みで見えたライトゲームの課題

【そもそも、ゲームを作るつもりもなく、開発者もこれまでゲームを作ったことはなかった】
 ピアノタイル2は、昨年一時的に人気を集めた「Don’t Tap The White Tile」というゲームが元になっている。このゲームは、Cheetah Mobile社が代理店としてグローバルでリリースしたものだ。 当初、Cheetah Mobile社のCEOであるFu・Shen(フー・シェン)は「課金が少なく、ユーザーに長く楽しんでもらうことを目指すことが出来る。というライトゲーム市場は、大手企業が多額の投資をして作ることは少ないニッチな分野であり、そこにCheetah Mobileという中国の大手企業が投資をし、優秀なチームをそこに投入することで、息の長い、バズる製品が作れるのではないか。」と考えていた。 実際に、同社のフラグシップ製品である、全世界で16億ダウンロード実績を持つスマホのタスクキラーアプリ、Clean Masterの広告プラットフォームを通してプロモーションをしたところ、「Don’t Tap The White Tile」はすぐにGoogle Playのゲームランキングで上位を獲得した。しかし、この手のライトゲームによくあるように、ヒットは一時的なもので、その後すぐに数字の冷え込みに直面してしまった。

■ポイント2. 既存のゲームや理屈から離れて見つけたインスピレーション

如何にCheetah Mobile社が蓄積してきた技術力と方法論をいかして、このようなシンプルでライフサイクルが短いゲームをライフサイクルが長く、かつ高品質で、全世界に向けて配布できるゲームにするのか。Cheetah Mobile社のチームは数週間かけて国内外の各プラットフォームで類似するゲームを探し、会議室にこもりきりでテストをしたものの、結局、確実に全員がハマってしまうものはなかった……。

【意外なところから見つけた、「楽しめるゲーム」を開発する糸口】
今度は、ゲームだけではなく、あらゆる方法でインスピレーションを見つけようと、チームのメンバーたちは映画や音楽を研究したり、音楽専門家に話を聞きに行ったりと、一見ゲームの開発とは関係ない取り組みを始めた。しかし、そうしてインスピレーションを広げて見ることで、一つ見えてきたことがあった。

「誰もが音楽家に憧れるが、誰もが音楽家になることは出来ない」

ということ。そこで彼らは「Don’t Tap The White Tile」を通じて、誰もが、音楽家になったかのような高揚感を味わえるゲームを作ろう! と思い立った。そんな経緯を経て、ついに完成したのが、ピアノタイル2だったのだ。

■ポイント3. 「音楽を奏でる×世界中のユーザーと対戦できる」という付加価値

【ゲームを越えた音楽という楽しさを味わえることでユーザーからの高い評価を獲得】
ゲームに音楽の楽しさを加えたことが、このアプリの成功の秘訣であり、各国のユーザーに評価された理由でもある。音楽は世界共通のもの、そして、スマホが普及した現在は、ゲームもまた世界共通なのだ。Cheetah Mobile社の持つ膨大なデータに裏打ちされたプロモーションと、音楽×ゲームという普遍的なエンターテイメントの掛け合わせが、今回のピアノタイル2の成功の秘訣だろう。

■ゲームアプリというくくりを越えた、広告媒体としての価値

【全世界で認知されるということは、それだけ大きなプラットフォームを獲得できたということ】
このピアノタイルの成功は、単なるゲームアプリが1位を獲得した、ということ以上の価値がある。なぜなら、Cheetah Mobileは、これまでに既にCheetah AD Platformという広告事業を展開しているが、今回このピアノタイル2が世界中で認知されたことで、より大きく広告事業を支えるビッグデータを獲得したからだ。

老若男女、そして、人種をも超えて指示されたライトゲームで成功を収めたことは、広告事業においても大きく他社にリーチを取れたことになる。現在大きなプラットフォームを持っているのは、FacebookやTwitterなどのSNSが中心であるが、これからの時代は、アプリというツールも大きな広告媒体となる可能性を示唆している。

【Cheetah Mobile Inc.について】
セキュリティ技術の開発分野において15年以上の経験を持つKingsoft Internet Softwareが社名を変更し誕生したのが、Cheetah Mobile Inc.です。近年、急成長を遂げたスマホ最適化アプリ「Clean Master」を筆頭に「CM Security」、「Battery Doctor」、「Photo Grid」などの世界最大級のモバイル・ツール系アプリを開発しています。2014年5月8日にNYSE(ニューヨーク証券取引所)に上場、証券コード CMCM、時価総額は約45億ドル(2015年6月)の世界トップクラスのモバイルインターネット企業です。 掲載されている製品・商品名は各社の登録商標です

【キングソフト株式会社について】
キングソフト株式会社は2005年、中国の大手IT企業「KINGSOFT CORPORATION」のジョイントベンチャーとして設立されました。日中の高度な技術力を結集し、無料セキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security」や総合オフィスソフト「KINGSOFT Office」を展開。業界でトップクラスのシェアを獲得し、新たなビジネスモデルを確立させました。現在ではターゲットとなる市場をパソコンからスマートフォンへシフト。GooglePlayツールカテゴリランキングにおいて1位を獲得し続けているAndroid向けスマホ最適化アプリ「Clean Master」、高精度のOCR機能を備えた名刺認識・管理アプリ「CAMCARD」をはじめ、革新的なアプリを次々とリリースし、特にスマートフォンの分野においては広告事業におけるイノベーションを加速させています。グループ会社であり、スマホ広告市場で世界トップクラスのモバイルインターネット企業「Cheetah Mobile(チーターモバイル、NYSE上場:CMCM)」とタッグを組み、2015年6月に世界的モバイル広告プラットフォーム「Cheetah Ad Platform(チーター アド プラットフォーム)」の日本市場向け提供を開始。『スマホ×広告』という新たな市場に大きなインパクトを与えようとしています。

キングソフト株式会社
URL: http://www.kingsoft.jp
本社: 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ4F
設立: 2005年3月
資本金: 6億1920万円(資本準備金を含む)
従業員数: 88名(2016年1月時点)
代表者: 代表取締役 翁 永飆

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. キングソフト
  4. >
  5. 世界142ヶ国で1位を獲得!『 ピアノタイル2 』人気ゲーム開発秘話と3つの成功ポイント