ダーツライブ、ヴイエムウェアの統合ハイブリッドクラウドインフラで「DARTSLIVE」配信システムを強化

オンライン ダーツゲームのファンのロイヤリティ向上、新規拡大に向け“コミュニティENTERTAINMENT”のユーザ体験を提供

ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ジョン ロバートソン)は本日、国内最大手のダーツマシンメーカの株式会社ダーツライブ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:桝本 菊夫)が、同社のネットワーク対応ソフトダーツマシン「DARTSLIVE」の配信システムにヴイエムウェアのハイブリッド クラウド ソリューションを新たに導入すると発表しました。ダーツライブでは、これまでVMware vSphere®を導入し、オンプレミスのDARTSLIVEの配信システムを構築してきましたが、迅速な事業展開に即応するインフラの構築を目的に、パブリッククラウド プラットフォームVMware vCloud® Air™を導入し、ヴイエムウェアによる統合ハイブリッドクラウドインフラを構築します。ダーツライブは2016年3月頃までに統合ハイブリッドクラウドインフラの検証を完了し、速やかに移行させる予定です。
ダーツライブでは2010年、VMware vSphere®を導入し、オンプレミスのプライベート クラウドで稼働するDARTSLIVEの配信システムを構築しました。国内外のダーツバーやアミューズメント施設で10,000台以上のダーツマシンを稼働させ、世界対応の通信対戦機能を実装させているほか、専用ICカードと携帯電話やスマートフォン、PCで閲覧できるウェブサイト等を連動させたネットワークサービスの運用管理を行ってきました。さらに、ヴイエムウェアのインフラをベースに、DARTSLIVEと連動してウェブ上で大会の戦績やランキング、あるいは各種申請を閲覧、管理できる「DARTSLIVE OFFICIAL LEAGUE」システムの運用開始、さらにプロのダーツ選手の試合動画「DARTSLIVE.TV」をオンライン配信するなど、クラウド活用によるファン向けサービスを積極的に展開してきました。加えて、2011年に海外でのサービス拠点となる「DARTSLIVE INTERNATIONAL Ltd.」を設立し、香港や韓国、オーストラリア、米国他、世界19ヵ国でDARTSLIVEサービスを提供開始するなど、VMware vSphere®ベースのシステムを拡張し、顧客満足度の向上やサービス提供地域の拡大を図ってきました。

そして先月には、スマートフォンと連動させ、自宅でもダーツゲームを楽しめるオンラインゲーム「DARTSLIVE-200S」を発表するなど、ダーツライブは今後、クラウド活用によるオンライン ファンのロイヤリティ向上、ならびにファン層の拡大の施策を積極的に展開していく方針を掲げています。このような方針のもと、迅速なサービスの開発と事業展開に即応するインフラを構築するにあたり、ダーツライブはインフラの拡張性、耐障害性、安定性などの既存システムの実績とともに、既存のヴイエムウェアのリソースを活用でき、既存の仮想マシンをそのまま利用できる統合ハイブリッドクラウドインフラを構築できる利点を評価し、新たにVMware vCloud® Air™の導入を決定しました。
ダーツライブでは、 VMware vCloud® Air™の導入により、以下を実現していきます。

・事業展開のスピード化に合わせて拡大、縮小できるITインフラの構築
・既存のリソースを活用したままハイブリッドクラウド環境を構築できることによる、耐障害性を向上させた上でのクラウド利用のメリットの享受
・24時間、365日、世界規模で展開できるシステムの構築
・ハードウェア障害対応や運用コストの軽減

ヴイエムウェアが11月10日(火)〜11日(水)にザ・プリンスパークタワー東京(東京都港区芝公園)で開催するカンファレンス「vForum 2015 TOKYO」のSOLUTIONS SHOWCASEで、実際にダーツマシンを設置し、プレイを楽しみながら、DARTSLIVEの配信システムを体験いただくことができます。

株式会社ダーツライブについて
最新ダーツマシン「DARTSLIVE2」、タッチパネル式ゲーム機「TouchLive」、ゴルフのパッティングマシン「BIRDIE WORKS」等のマシンを軸に、世界対応の通信対戦機能の実装や、専用ICカードと携帯電話・スマートフォン・PCで閲覧できるウェブサイト等を連動させたネットワークサービスを提供。さらに、ダーツプロ選手による世界規模のダーツトーナメントツアーの開催、「i Darts」等のバーチェーン店舗を運営するなど、人と人が“つながる”新しい楽しみ方を次々に提案しております。詳細はhttp://www.dartslive.com/corp/jp/をご覧ください。

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト)は、クラウド インフラとビジネス モビリティの分野で業界をリードしています。VMwareの業界をリードする仮想化技術をベースとしたソリューション群を通じて柔軟性、俊敏性、安全性に優れたITの新しいモデルを実現します。顧客はあらゆるアプリケーションの開発の高速化、提供の自動化、安全な利用を実現することでこれまで以上にイノベーションを加速できます。VMwareは、50万社を超える顧客、および7万5,000社を超えるパートナを有し、米国カリフォルニア州シリコンバレーの本社のほか全世界にオフィスを展開しています。当社の2014年度の売上高は、60億米ドル以上です。VMwareの詳細は www.vmware.com/jpをご覧ください。

VMware、vSphere、vCloud Airは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ヴイエムウェア株式会社
  4. >
  5. ダーツライブ、ヴイエムウェアの統合ハイブリッドクラウドインフラで「DARTSLIVE」配信システムを強化