MDM「SPPM2.0」がWindows8.1搭載タブレット・PCに対応

~ Windows・iOS・Androidの3OSを統合管理 ~

株式会社AXSEED(以下、AXSEED)は、モバイル端末管理(MDM:Mobile Device Management)システム
「SPPM2.0」をバージョンアップし、Windows8.1搭載のタブレット及びPCに対応します。これにより、Windows・
iOS・Androidの3OSを統合管理することが可能となります。(2014年8月より提供予定)
「SPPM2.0」は、1,800社、合計端末台数180,000台を超える(2014年6月末現在)導入実績を持つMDMです。
近年、ノートパソコンから軽量のタブレット端末へユーザーが移行しており、企業が取り扱う顧客情報
などの機密情報の持ち歩きが可能となるため、モバイル端末のセキュリティの重要性が高まっています。
今回、「SPPM2.0」はOpen Mobile Alliance (OMA)が策定したOMA-DMに対応し、Windows8.1において
以下のMDM機能を実現します。


■Windows8.1対応機能

・端末管理
・サーバ端末間通信設定
・Log収集
・異常検知・通報
・緊急時端末ロック
・パスワード管理

■製品概要
・提供形態
基本機能パック
・価格
月額 150円(税抜)/台
・対応OS
Windows8.1、Windows RT 8.1


【今後の展開】
Windows8.1においても緊急時端末初期化(リモートワイプ)、Agentアプリ管理(リモートバージョンアッ
プ)、Windows Storeと連携したアプリ管理・配信やアプリ一覧取得・監視の機能を追加予定です。
AXSEEDは、「SPPM2.0」をデバイスやOSにとらわれない、企業における全てのモバイル端末を管理
できるMDMとしてサービスを提供してまいります。


【 会社概要 】
[会社名] 株式会社AXSEED(アクシード) http://www.axseed.co.jp/
[代表者] 代表取締役 新明 善彦
[所在地] 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル 8F
[事業内容] ソフト開発、システム開発・構築・管理・運用、各種情報関連製品・コンテンツ販売
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社AXSEED
  4. >
  5. MDM「SPPM2.0」がWindows8.1搭載タブレット・PCに対応