動物用栄養補助食品『メニわんEye』が中国政府により承認、製品登録

 

動物医療事業の株式会社メニワン(名古屋市、代表取締役社長:本田朋章、メニコングループ)の、犬用の栄養補助食品「メニわんEye」が中国政府の承認を取得し、2015年9月から2020年9月までの有効期間で登録されました。中国政府のこうした登録制度は外国製品の審査が厳しく、日本製の動物用サプリメントとしては初めての承認となります。これまで申請過程で断念する企業も多い中、メニワンも約二年半前から真摯に粘り強く申請手続きを進め、この度の登録に至りました。

これまで「メニわんEye」はテストマーケティングとして中国市場でも一部流通しておりましたが、中国政府から公式に承認を受けたことにより、獣医師向けに正規の販売チャネルが開拓できるほか、ユーザー向けの広告宣伝活動も可能となります。また他社製類似品との明確な差別化の決め手になるのも大きなメリットです。「メニわんEye」は日本国内では2004年に発売し、シリーズ化された製品等も含めますと年間4億円(末端小売価格ベース)近くを売り上げる製品に育ちました。中国市場は急速に動物医療が発展する兆候が顕著であり、三年後には日本国内の三倍以上のマーケットになり得る可能性が十分にあると見ております。そのためには中国で製品のアフターケアができる体制も不可欠と考えていますので、製品の問い合わせ先として上海に代理店を設けて中国人社員を配置し、中国の獣医師やユーザーからの問合せにも迅速に対応する体制を整えています。

中国のペットビジネスの市場規模は飼育頭数で日本の十倍とも言われており、この度の承認、登録により、「メニわんEye」にとどまらず、『メニわん(中国表記:美尼旺)』ブランドそのものが強化され浸透することによって、将来さらにビジネスチャンスが大きく拡大すると期待しております。

メニワンでは眼科領域を中心とした動物医療分野において、人だけでなくペットに対しても「目にたずさわる責任」を果たしていくことにより、人間と動物の共生への環境づくりに貢献してまいります。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社メニコン
  4. >
  5. 動物用栄養補助食品『メニわんEye』が中国政府により承認、製品登録