【タキイ種苗】新学期スタート直前 『子どもの朝食に関する調査』を実施!母親が朝食で心がけていることNo.1は“時短”!

短時間で食べられること(65.2%)&短時間で用意が可能(60.7%)を重視!一方で、母親の6割以上が“子どもの朝食に野菜をとり入れること”を心がけていると回答

限られた時間でも効率的に栄養がとれるタキイの機能性野菜「ファイトリッチ」シリーズから
カロテン2倍で苦味が少なく肉厚でジューシーな「こどもピーマン」やシスリコピンを含むトマト「クックゴールド」を提案!!
 タキイ種苗株式会社(所在地:京都市下京区、代表取締役社長:瀧井傳一)は、4月から始まる新学期を前に、小学生の子どもを持つ、20~40代の女性336人へ『子どもの朝食で、心がけていることは?』、『子どもの朝食で野菜をとり入れることを心がけていますか?』など『子どもの朝食に関する調査』を実施しました。

 今回、『子どもの朝食で、心がけていることは?』について聞いてみたところ、「短時間で食べることが出来る食事」(65.2%)が最も多く、次いで「短時間で用意できる食事」(60.7%)という結果となりました。親の共働き、塾や習い事など子ども自身の用事も多い中、限られた時間に少しでも朝食を食べてもらうため食事も、食事の用意も時間短縮(時短)を意識している家庭が多いことが明らかになりました。一方で、時間が無い中でも『子どもは朝食を食べますか?』の問いでは97.9%が「食べる」と答え、忙しい朝の時間帯の中でも、朝食をしっかりととることを重視している事実も判明し、さらに「栄養バランスのとれた食事」(29.8%)を意識している家庭が多いこともわかりました。
また、『子どもの朝食で野菜をとり入れることを心がけていますか?』については、62.5%が「心がけている」と答え、“時短”を意識している家庭が多い中で、少しでも野菜を多く摂取できる朝食が求められていることも明らかになりました。

 そこで、タキイ種苗では、従来品種よりも機能性成分が豊富に含まれる機能性野菜「ファイトリッチ」シリーズから、カロテンが約2倍で苦味が少なく肉厚でジューシーな「こどもピーマン」や、シスリコピンが豊富に含まれるトマト「クックゴールド」を使った朝食メニューを提案します。限られた時間の中でも美味しく、効率的に野菜の栄養が摂取できる「ファイトリッチ」シリーズを取り込み、“時短”&栄養豊富な朝食を心がけてみてはいかがでしょうか。

『子どもの朝食に関する調査』結果

・最も心がけていることは短時間で食べることができ、早く準備できる食事。一方でとにかく食べさせるだけでなく栄養や野菜摂取を意識している家庭も。


・“時短”を意識する家庭が多い中、朝食に、野菜をとり入れたいという意見が半数以上あった。


・「必ず食べる」(86.9%)と、たいてい食べる(11%)で97.9%の家庭で朝食を「食べる」と回答。


・生食だけでなく、スープや炒めものなど用途の多いトマトが登場頻度No.1に。


・勉強のエネルギー補給に朝食を重要視している結果に。


・日本の主食である「ごはん」より朝食では、手軽に食べられる「パン」派が台頭する結果に。


Q. 子どもが好きな朝ごはんメニュー(レシピ)を教えてください(n=336)(FA)
◆じゃがいもの肉巻き焼き
◆目玉焼き丼(炊いた白米に目玉焼きをのせるだけ。しょうゆをかけて食べる)
◆納豆ネバネバうどん(おくら、アボカド、わかめ、ごま、温泉卵を入れてめんつゆをかける)
◆ゆでたブロッコリーにとろけるチーズをトッピングして電子レンジで温める。

【子どもの朝食に関する調査概要】
◆調査期間:2014年3月14日(金)~3月17日(月)
◆調査方法:インターネット調査
◆調査対象者:全国在住の小学生の子どもを持つ、20~40代の女性
◆有効回答数:336サンプル

機能性野菜『ファイトリッチ』シリーズについて
◇機能性野菜『ファイトリッチ』シリーズとは?
「野菜の消費拡大」 「健康で豊かな食生活」を目指し、野菜の5つの色素成分に着目して機能性の研究・品種開発を行い、従来品種よりも機能性成分が豊富に含まれるタキイ種苗の野菜シリーズです。

◇従来の野菜との違い
特定の機能性成分が従来品種より豊富、もしくは、従来品種にはほとんど含まれていない機能性成分が含まれていること、更に“おいしさ”を判断基準にしています。現在、タキイ種苗の『ファイトリッチ』シリーズは、全12品種になります。

◆ピーマン『こどもピーマン』
苦くなく、肉厚でジューシーな新しいタイプのピーマンです。
苦味は普通のピーマンの1/10程度です。
従来品と比べて、カロテンは約2倍、ビタミンCは約1.5倍と栄養価が高いことも特長。


◆トマト『クックゴールド』
果色が橙黄でシスリコピンを含む。生食はもちろん、果肉が厚いため、加熱料理にも適する。
※シスリコピンはリコピンより体内への吸収がよく(2.5倍以上)、体内での利用効率が高いと言われています。


◇『ファイトリッチ』シリーズのレシピ
■「『こどもピーマン』の一口ピザトースト」

・材料(2人分)
『こどもピーマン』2~3個 ウインナー 1本 うずらたまご(水煮) 2個
ツナ 大さじ1コーン(缶詰) 大さじ1 食パン(8枚切り) 2枚
ピザソース(市販品) 大さじ4 ミックスチーズ 40g チャービル 適宜

・作り方
①『こどもピーマン』は1cmの輪切りにして、種を除きます。
②ウインナーは1cm長さに切り、うずらたまごは半分に切り、ツナとコーンは混ぜ合わせておきます。
③食パン2枚それぞれに、ピザソースを塗り、1の『こどもピーマン』の輪切りを6ヶ所にのせます。
④3の食パンのこどもピーマンに、2のウインナー、うずらたまご、ツナコーンを2ヶ所ずつ入れ、ミックスチーズを散らします。トースターに入れて4~5分焼き、焼き上がったら6等分に切り分けて器に盛り、あればチャービルをあしらいます。

■「『クックゴールド』黄色トマトのラタトゥイユ」

・材料(3~4人分)
『クックゴールド』 5個 ズッキーニ 1.5本 タマネギ1個 パプリカ(赤) 1個
ナス 2~3本 ニンニク 2片 オリーブ油 大さじ1 塩少々 こしょう少々
ローリエ 1枚 ミックスハーブ 小さじ1 エキストラバージンオイル 大さじ2

・作り方
① 『クックゴールド』は半分に切り、ズッキーニは1cmの輪切りに、タマネギ、パプリカ、ナスは一口大に切る。
② ニンニクは二つに割ってつぶし、オリーブ油を熱した鍋でいためる。香りがでたら1の野菜を加え、さっと炒めて塩こしょうする。
③ ローリエとミックスハーブを入れてふたをし、火がとおるまで10~15分煮る。
④ 仕上げにエキストラバージンオイルをふりかける。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. タキイ種苗株式会社
  4. >
  5. 【タキイ種苗】新学期スタート直前 『子どもの朝食に関する調査』を実施!母親が朝食で心がけていることNo.1は“時短”!