PTC、生産性とマルチCADの相互運用性を向上させたPTC Creo Elements/Direct 19.0 を発表

日々の設計作業をさらに容易に、コラボレーションをさらに効率化することで、高い価値を生み出す開発業務に集中することを支援

【2014年 6月24日】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC、社長兼CEO:ジェームス・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、本日、PTC(R) Creo(R) Elements/Direct(R) 19.0をリリースしたとの米PTCの発表を明らかにしました。今回のダイレクトモデリングソフトウェアの最新バージョンでは、モデリング、図面、データ管理の中心機能において、生産性の向上を実現しています。これらの機能の改善は、PTCの「Unite(TM)」テクノロジーで強化されたPTC Creo 3.0や非PTC CADシステムとの相互運用性とともに提供されます。
PTCプロダクトマネジメント担当ディレクターのマーティン・ノイミュラー(Martin Neumüller)は「PTC Creo Elements/Direct 19.0では、現代の製品開発プロセスの重要な要素であるコラボレーションに対応する新たなマルチCADインポート機能を加えました。また、操作性を改善し、生産性を高める新機能、拡張機能、効率的な操作フローを導入しています」と述べています。



アイコム株式会社の機構設計者である杉本 展章氏は「PTC Creo Elements/Direct 19.0の新しいインポート機能により、他のCADツールを使用している企業とのより効果的な協業が実現できます」と述べています。



PTC Creo Elements Direct 19.0の主な拡張機能:

マルチCADコラボレーションのための拡張機能

- SolidWorks(R)とAutodesk(R) Inventor(R) データの直接インポートが可能になり、他のソフトウェアを必要とせず設計情報をすばやく簡単に組み込むことが可能に。また、PTC Creoとの互換性が大幅に向上



設計作業フローの最適化

- よく使用される様々な機能が関わる作業フローを最適化することで生産性を向上。さらに、テンプレートを用いた図面作成が可能となり、既存図面を利用して作業を始めることで重複する作業を大幅に低減



構想設計の新機能

- 2次元、3次元の新機能(構想設計での2次元画像利用、事前定義した2次元形状のパレットでの提供、新たなカーブ作成コマンド等)により構想設計がさらに容易に



板金設計の新機能

- 板金モジュールの新機能で、平行に描かれた2本の輪郭線間の遷移を表す、完全に有効な折り曲げ不可の板金部品の作成が可能に



拡張性の高いデータ管理

- 基本インフラ部分の改善により、PTC Creo Elements/DirectのModel Managerが大規模な展開に対応する、より高い拡張性を実現



<関連情報>

- 画像とキャプション

http://www.ptc.com/appserver/wcms/standards/textoimgothumb.jsp?&im_dbkey=162260&im_language=ja

- PTC Creo Elements/Direct 19.0の新機能

http://www.ptc.com/product/creo/creo-cocreate-customer-data.htm

- PTC Creo Elements/Direct 19.0にアップグレードすべき10の理由

http://www.ptc.com/view?im_dbkey=161421

- PTC Creo Elements/Direct Modeling バージョン比較

http://www.ptc.com/view?im_dbkey=161685



【PTCについて】

PTC(本社:マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC)は、製造業における継続的な製品とサービスの優位性(Product and Service Advantage)の実現を可能にします。PTCのテクノロジーソリューションは、インターネット接続された高度な情報処理能力を持つスマートな世界を見据え、お客様の製品開発、運用、サービスの変革を促進します。1985年に設立されたPTCは、世界各国に約6,000名の従業員を有し、グローバル規模で分散化し急速に変化する製造業界に携わる28,000社を超える顧客企業を支援しています。



【PTCジャパンについて】

米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理 (PLM)、アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM)、サプライチェーン マネジメント (SCM)、サービス ライフサイクル管理 (SLM) の各テクノロジーソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。全社に渡り製品イノベーションへの貢献を可能にする新しい設計ソフトウェアファミリーの PTC Creo、製品データ管理/製品開発コラボレーション/製品分析・品質ライフサイクル管理の PTC Windchill、ソフトウェア要件管理/変更・構成管理/テスト管理/実装管理のPTC Integrity、ダイナミック・パブリッシング・システムの PTC Arbortext、技術情報/サービスナレッジ管理/補修部品管理/保証・契約管理/フィールドサービス管理/サービス物流管理のPTC Servigistics、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える PTC Mathcad といった革新的なソフトウェア製品、および製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。1992年3月設立。国内4事業拠点。Webサイト:http://www.ptc.com



PTCのTwitter、Linked In、およびYouTubeは、以下のURLよりフォロー、ご視聴いただけます。

Twitter:http://twitter.com/ptchttp://twitter.com/PTC_Japan

YouTube:http://www.youtube.com/ptcstudio

Linked In:http://www.linkedin.com/company/ptc

Facebook:http://www.facebook.com/PTC.Inc

PTCのソーシャル メディア ディレクトリ:http://www.ptc.com/company/social-media.htm


* PTCの社名、ロゴマークおよびWindchill、Creo、Elements/Direct、Integrity、Arbortext、Servigistics、MathcadなどすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。


以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. PTCジャパン
  4. >
  5. PTC、生産性とマルチCADの相互運用性を向上させたPTC Creo Elements/Direct 19.0 を発表