人間ドック・健診予約サイト「マーソ」、「がん早期発見応援団」を結成

2月4日❝世界がんの日❞より早期発見運動スタート

日本最大級の人間ドック・健診予約サイト「マーソ(https://www.mrso.jp/)」を運営するマーソ株式会社(本社:東京都港区虎ノ門、代表取締役:山口博道、以下当社)は、日本のがん検診受診率を向上させるべく、全国の医療施設と協力をし「がん早期発見応援団」を結成、2月4日❝世界がんの日❞よりがん早期発見運動をスタートします。

 


■がんの早期発見を目的にがん検診率をUPさせて、治癒率をUPさせる
がんは、世界で最も多くの死亡数を出している疾患です。2012年世界におけるがんの新規疾患数は、年間推定1,400万件、今後20年の間に2,200万件まで増加すると予測されています。しかし、がんは早期発見・治療により治癒率が上昇する傾向にあります。事実、欧米主要国では、がん検診に尽力しているため、がんの“発症率“は増えているのに“死亡率“は減少しています。それに比べ、日本はまだ発症率も死亡率も年々増加傾向にあります。なかでも、検診率の低さが最も顕著なのが、「乳がん検診」と「子宮頸がん検診」です。欧米諸国の検診率が70〜80%であるのに対して、日本は約40%。日本の予防医療に対する意識の低さが現れる結果となっています。
そこで、マーソは全国の医療施設と協力し「がん早期発見応援団」を結成しました。積極的に人間ドック受診することを啓蒙し、がんの早期発見とがんによる死亡率減少につなげるため、2月4日「世界がんの日」から「がん早期発見運動」をスタートします。
 

 


【がん早期発見運動概要】
① マーソサイト内で各医療施設のがん検診プランを一覧表示。
② マーソサイト内に「がん早期発見運動」ページを作成、がん早期発見応援団参画医療施設を紹介。
③ 「がん早期発見応援団」参画医療施設と連動し、「新がん早期発見プラン」を提供予定。
④ 人間ドックへの不安・疑問を解消する、人間ドック初心者向け動画コンテンツ作成、マーソサイト内で公開予定。

■日本最大の人間ドック・健診予約サイト「マーソ」
マーソは2014年のサービス開始以降現在までに700以上の医療施設と提携している、日本最大級の人間ドック・健診予約サイトです。日本人にとって予防医療をより身近なものにするため、日本全国47都道府県の医療施設と提携、約3,500プランの内、地域・検査コース・日程・価格から検索することができ、また国内初となる全国の提携施設で使用できる人間ドック・健診共通ギフト券「マーソギフト券」の発行や、T-ポイントとの連携、ホテルや旅行サイトとのプラン提携など様々な取り組みを行っています。

マーソでは、「予防8割、治療2割の社会の実現」を目標に、人間ドックを定期的に受診する習慣が日本全体に浸透するサポートを行っています。

■主要取引先
国立研究開発法人 国立がん研究センター、全国厚生農業協同組合連合会、社会福祉法人 恩賜財団済生会、徳洲会グループ、日本赤十字社、IMSグループ、国立循環器病研究センター、公立昭和病院、セントラルクリニックグループ、 桜十字グループ、六本木ヒルズクリニック、四谷メディカルキューブ、 PL東京健康管理センター、医療法人進興会、社会医療法人大雄会 、 大阪回生病院、日本医科大学健診医療センター、医療法人健昌会、 関西医科大学天満橋総合クリニック、医療法人聖授会、 戸田中央総合健康管理センター、東京警察病院、外苑東クリニック、 ピンクリボン ブレストケアクリニック 表参道、NTT西日本大阪病院、 阪和インテリジェント医療センター、そのほか全国700以上の医療施設

■著作権表記
(C)MRSO INC. all rights reserved.

■ サービス名表記
「マーソ」

■ロゴ 

■ マーソ株式会社 概要

設立:2015年2月6日
代表取締役:山口博道
本社所在地:東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー17階
ホームページURL: http://www.mrso.co.jp/
関連URL:
https://www.mrso.jp/reports/research/20160126/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. マーソ株式会社
  4. >
  5. 人間ドック・健診予約サイト「マーソ」、「がん早期発見応援団」を結成