日本の動画サイト利用動向の2015年10月データを公開

NetflixがYouTubeパートナーチャネルランキング1位

メディア測定と分析のグローバル・カンパニーであるコムスコアは本日、オンライン上の動画サイトに関する包括的な調査であるcomScore Video Metrix®(ビデオ・メトリックス)で分析した、日本のPC経由の動画ストリーミングサイト利用動向に関するレポートをリリースしました。
調査によると、2015年10月の国内動画サイトのトップ3はGoogle Sites、Yahoo Sites、FC2 inc.でした。また、YouTubeパートナーチャネル別ランキングは2015年9月に日本でサービスを開始したNetflixIncが782万のユニーク視聴者数で1位となっています。

国内オンライン動画プロパティトップ10
2015年10月のオンライン動画サイトの日本国内トップ10は、YOUTUBE.COMを擁するGoogle Sitesが4,956万人のユニーク視聴者数で首位。2位がYahoo Sites(主にGYAO!)で2,391万人、3位が1,377万人のFC2 inc.でした。


YouTubeパートナーチャネルランキングトップ10
2015年10月のYouTubeパートナーチャネルの日本国内トップ10は、動画配信サービスで今年9月に日本で本格始動したNetflixIncが782万ユニークビューワーで首位に。2位は760万人のDisney/Maker Studios、3位は729万人のQuizGroupでした。

 

comScore Video Metrix®について
コムスコア「ビデオ・メトリックス」はオンライン上のストリーミングの消費について計測したデータです。3秒以上のストリームを計測対象とし、PCからのストリーミングを可視化します。詳しくは http://www.comscore.com/jpn/VideoMetrix をご覧ください。

2015年9月データ以降のVideo Metrixレポートについて
2015年9月データより、コムスコアは日本のオンライン利用動向のレポーティング・メソドロジーに大幅な強化を行いました。つきましては、異なる月のデータ比較をされる際にはご注意ください。

コムスコアについて
comScore, Inc. (NASDAQ:SCOR、本社:米国バージニア州レストン、設立:1999年)は、オーディエンスと広告の価値を最大限に引き出すデジタルメディア測定・分析のグローバル・カンパニーです。広告主や媒体社が消費者のメディア(テレビや動画、モバイル、パソコン等)利用について理解し判断を下せるよう、支援しています。当社の製品とパートナーシップを通じ、2500以上のクライアントが自社のオーディエンスを理解し、広告が正しく機能しているかどうかを知り、必要なときに必要なデータへアクセスしています。詳しくは、www.comscore.com/jpnをご覧ください。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. コムスコア
  4. >
  5. 日本の動画サイト利用動向の2015年10月データを公開