日本で14年振りの個展「村上隆の五百羅漢図展」を、きみは見たか? 『美術手帖』1月号は「村上隆」特集。

2015年から2016年にかけて、村上隆の2つの展覧会が東京と横浜で開催。『美術手帖』1月号はこれらの展覧会にあわせた、いま現在の村上に迫る大特集。

 

12月17日発売の『美術手帖』は「村上隆」特集。森美術館で開催中の「村上隆の五百羅漢図展」と、2016年1月30日より横浜美術館で開催される初の自身のコレクション展「村上隆のスーパーフラット・コレクション:蕭白、魯山人からキーファーまで」にあわせた、同誌では5年振りの特集となる。


今回の特集は、日本美術を主な領域とするライター・エディターの橋本麻里が特別監修。「政治・経済と芸術」「価値の創出」「誤読と日本」という視点から、8つのテーマについて取り上げる。

例えば「画壇の支配者、狩野派」では、京都国立博物館の学芸部副部長・山本英男が、近世最強の絵師集団・狩野派の政治力と、彼らのつくった絵画の規範と教育システムについて語り、「東山御物(ひがしやまごもつ)と同朋衆(どうほうしゅう)」では、東洋絵画史を研究する板倉聖哲(まさあき)が、室町時代に将軍家のコレクションを収集し、展示方法のマニュアルまでつくった同朋衆の活動について解説。あるいは「メディチ家の政治と芸術」では、コミック『チェーザレ』監修者の原基晶が、文化運動が発展したルネサンスという時代に、政治や経済と結びつきながら職人の立場から芸術の理想を追求した画家たちの物語を紹介する。

日本美術や中国美術のテーマが続くため、ページをめくっていくと、一見村上の特集ではないように見えるかもしれない。しかしこれらのテーマは、すべて村上の現在の活動と重なり合う。美術史からその存在を照射する、これまでになかった「村上隆」特集だ。読み終えたあとには、村上の作品を見る目の解像度が何段階も上がっているはず。

また、2014年末から2015年にかけてニューヨークのガゴシアン・ギャラリーで発表された高さ3メートル、幅25メートルの絵画《死者の国に差し込んだ『虹』の尻尾を踏んだ時》の、本誌でしか手に入らない折込み全図が特別付録に。サイズは、幅約1メートル。

このほか、東京都現代美術館での個展のために来日したオノ・ヨーコのインタビュー、鴻池朋子のロング・インタビューなどを掲載。

【特集内容】
1. 「村上隆の五百羅漢図展」ビジュアル
2. 「政治・経済」「価値」「誤読」の3つのキーワードから紐解く
・奇想の系譜の先へ 松嶋雅人=文
・東山御物と同朋衆 板倉聖哲インタビュー
・画壇の支配者、狩野派 山本英男インタビュー
・メディチ家の政治と芸術 原基晶=文
・輸入顔料から生まれた日本のイメージ 日野原健司=文
・「日本が見た中国」という誤解の系譜 塚本麿充=文
・「誤読」される禅 山田奨治=文
・国家と美術。日本画とは何か 古田亮インタビュー
3. 村上隆のコレクションからものの価値を考える 三木あき子&柏木智雄インタビュー
4. 「村上隆の五百羅漢図展」レビュー マイケル・ダーリング+斎藤環=評
特別付録:《死者の国に差し込んだ『虹』の尻尾を踏んだ時》折込み全図
………………………………
オノ・ヨーコ「私の窓から」展インタビュー
Artist Pick Up 陳維(チェン・ウェイ)
Artist Interview 鴻池朋子
アート&デザイン学校ガイド
注目の画材紹介

—————————————————————————
美術手帖1月号 12月17日(木)発売
定価 1600円+税
発行元 美術出版社
美術手帖公式サイト http://www.bijutsu.co.jp/bt/
購入はこちら→Amazon http://amzn.to/1SYMxCy
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社美術出版社
  4. >
  5. 日本で14年振りの個展「村上隆の五百羅漢図展」を、きみは見たか? 『美術手帖』1月号は「村上隆」特集。