IDC MarketScapeがNutanixをグローバル・ハイパーコンバージド・マーケット分野のリーダーに指名

ハイパーコンバージド・マーケットにおいて52%のシェアを達成

Webスケールなコンバージド・インフラストラクチャーを提供するNutanix Inc.(本社:米国カリフォルニア州、創業者兼CEO:Dheeraj Pandey 以下、Nutanix)は本日、IDC MarketScapeが新たに実施した「Worldwide Hyperconverged Systems 2014 Vendor Assessment」において、Nutanixが「リーダー」に位置付けられたことを発表しました。本レポートでは、ハイパーコンバージド・ソリューションがデータセンターにおいて非常に重要な位置付けとなっていることを明らかにし、Nutanixをその主要ベンダーとして評価しています。Nutanixは、急速に進化する技術開発において主導的な役割を果たすとともに、ビジネスにおいても大きな成功を収めており、2014年上半期のハイパーコンバージド・マーケットにおける売上全体の52%を占めています。

配備が容易なアプライアンスにサーバおよびストレージリソースを統合したハイパーコンバージドシステムは、コスト削減や柔軟性の向上、IT管理の簡素化を実現します。本レポートには、以下の様な内容が記載されています。「Nutanixは、ハイパーコンバージド・マーケットの創世記から主要なベンダーであり続け、早い時期から本技術の重要性について主張してきました。その結果、マーケットシェアだけでなく、マインドシェアにおいてもリーダーとして位置付けられています。Nutanixは2014年上半期のグローバル・ハイパーコンバージド・マーケットにおける売上全体の52%を占めており、将来的な成長も確実視されています」
 
IDCのストレージ部門のリサーチディレクターであるEric Sheppard氏は、次のように述べています。「Nutanixは、ハイパーコンバージド・ソリューションに対するニーズを掘り起こし、ビジネス育成において重要な役割を果たしました。初期の成功とソリューション機能の拡張に向け、主要なOEMとの関係を構築できる顧客知識を持っており、これらが同社の大きな優位性となっています。これらの活動により、今後予想される地域的拡大およびワークロードの拡大という新しい局面においても、Nutanixは引き続きマーケットの成長に大きく寄与するでしょう」

初期のハイパーコンバージド・ソリューションの導入がVDI (仮想デスクトップインフラストラクチャー) など特定のワークロードにフォーカスしていたのに対し、Nutanixでは、用途の多いエンタープライズのワークロードにまでハイパーコンバージドの適用分野を拡大しました。レポート内容によれば「過去18ヶ月間、Nutanix上でサポートされるワークロードの種類は多様化の一途を辿っており、VDIのような狙いを絞った特殊なワークロードから、ティア1アプリケーションやSAP, Oracle, Microsoft Exchange, SQL Server, SharePoint, Splunk, そしてユニファイド・コミュニケーション (UC) アプリケーションのような、仮想化された一般的なビジネスワークロードに至るまでをカバーするようになっています」

Nutanixプロダクト&テクニカルマーケティングのシニアディレクターであるGreg Smithは、次のように述べています。「IDC MarketScapeが、私たちをリーダーと位置付けたことは、Nutanixが革新的なハイパーコンバージド・マーケットを作り上げ、育ててきたことの証だと考えています。Nutanixが手にした圧倒的なマーケットシェアは、すべての規模のあらゆるエンタープライズワークロードに対して、先進的なWebスケールの技術を提供できることの価値を証明しています」

IDC MarketScapeの調査は、特定のマーケットにおける各種企業や技術を比較できるよう、品質および数量基準に関する厳格な採点法をベースに実施されます。IDC MarketScapeによるハイパーコンバージド・プラットフォームの位置付けは、製品戦略とビジネス能力の両面から、マーケットのリーダーシップを評価した結果と言えます。

関連資料:

•      IDC MarketScapeでのNutanixの概要についてはwww.nutanix.com/IDC2014をご覧ください。

•   WebスケールITについてはhttp://go.nutanix.com/webscale-101-hyper-converged-infrastructure-guide-jp.htmlをご覧ください。

•      Nutanixについての詳細な情報についてはhttp://www.nutanix.co.jpをご覧ください。

 

IDC MarketScapeについて

IDC MarketScapeのベンダー評価モデルは、特定のマーケットにおけるICT (Information and Communications Technology) サプライヤの競合適合性に関する概要を提供するために設計されました。その調査方法は、品質および数量基準に関わる厳格な採点法をベースにしており、当該市場における各ベンダーの位置付けをグラフィックで示します。IDC MarketScapeは、製品とサービスの提供、機能、戦略、現および将来のマーケットにおける成功要因などについて、比較可能な明確なフレームワークを提供します。本フレームワークは、これらの技術を購入する顧客に対し、現在とおよび今後有望なベンダーに関わる複数の視点から見た強み・弱みの評価情報を提供します。

 
Nutanix Inc.について

Nutanix Inc.は、中規模企業や大企業向けに、ソフトウェア・ドリブンなバーチャルコンピューティングプラットフォームとして、Webスケール対応のITインフラストラクチャーを提供しています。Nutanix バーチャルコンピューティング プラットフォームは、単一のアプライアンスでサーバとストレージの統合をシームレスに実現する機能を内蔵し、業界で高い評価を得ています。また、Nutanixクラスターは、数台のサーバからスタートし、数千台規模のサーバ構成にまで拡張することができるなど、優れたパフォーマンスを経済的に提供します。さらに、特許を有する柔軟なデータ・ファブリックや、誰もが容易に使える管理ツールを備えていることで、Nutanixは、あらゆる仮想化アプリケーションに最適化されたインフラストラクチャーを構築する際の、設計基盤となります。Nutanix Inc. の詳細については、www.nutanix.co.jpをご覧ください。また、ツイッターは、@nutanixでフォローいただけます。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ニュータニックス・ジャパン合同会社
  4. >
  5. IDC MarketScapeがNutanixをグローバル・ハイパーコンバージド・マーケット分野のリーダーに指名