日本のスタートアップや起業家を支援するプログラム PayPal Startup Blueprint が日本で開始

PayPal Pte.Ltd.(本社:シンガポール、東京支店カントリーマネージャー:エレナ・ワイズ(Elena Wise)、以下「ペイパル」)とその子会社Braintree(本社:イリノイ州シカゴ、最高経営責任者:ビル・レディ、以下「ブレインツリー」)は、決済業界初のスタートアップや起業家を支援するためのプログラムStartup Blueprintが日本でも開始となることを発表します。
スタートアップや起業家はStartup Blueprintを利用することで、決済手数料を「PayPal」利用時は150万ドル分まで、「Braintree」利用時は10万ドル分まで免除されます。なお、「Braintree」は現在オーストラリア、ヨーロッパおよび米国のみの対応となっていますが、今後全世界に順次対応していく予定です。また、本プログラムは、スタートアップのアドバイザーやプロのコンサルタントによる、1対1の面談やワークショップなど念入りなサポートも提供しています。

Startup Blueprintは「Seedcamp」、「500Startups」、「TechStars」など、世界のトップインキュベーターやアクセラレーターとパートナーシップを組んでおり、日本では「B ダッシュ・ベンチャーズ」、「サイバーエージェント・ベンチャーズ」、「DeNAベンチャー」、「グローバル・ブレイン」、「イーストベンチャーズ」、「インキュベート・ファンド」、「インフィニティ・ベンチャー・パートナーズ」、「モビーダジャパン」の8つのパートナーと共にスタートアップをサポートして参ります。

スタートアップ企業・起業家がプログラムを利用するための条件:
・モバイル、またはウェブのコンテンツの作成を行っていること。
・個人で運営を始め、年間売り上げ300万ドル以下又は起業して5年以下であること。
・Startup Blueprintのパートナー、インキュベーター、アクセラレーター又はベンチャー資本家に推薦されること。

Startup Blueprintはプログラムの提供開始以来、「Memebox」、「Blitsy」、「Telnyx」や「Swivl」など世界中で数百ものスタートアップ企業のサポートをし、ビジネスを成功させてきました。

PayPal and Braintree Developer & Startup Relationsのシニア・グローバル・ディレクター、ジョン・ラン氏は次のように述べています。「一切見返りは求めていません。起業したての時はたとえ一セントでも大事です。我々ペイパルやブレインツリーもそれを経て、今があるからこそStartup Blueprintのプログラムを始めました。このプログラムで決済機能を強化し、スタートアップから企業として成長するまでをサポートし、将来を背負うたくさんのベンチャー企業にスタートアップしてほしいと思っています。」

ペイパルは、世界のトップインキュベーターやVC、アクセラレーターと共に、次世代のモバイル・ITベンチャー企業のビジネスの収益化を支援し、全世界1.57億人のペイパル・ユーザと結びます。現在、日本のスタートアップ業界では、多数のベンチャー企業が市場に参入しており、非常に重要な時期を迎えようとしています。ペイパルはUberのようなテクノロジースタートアップでも利用されているように、自社アプリ内に簡単に決済手段を導入できるモバイルSDKや様々なプラットフォームにでも決済機能を簡単に導入できるAPIやSDKを今後も幅広く提供していきます。

Startup Blueprintプログラムの詳細はこちらのサイトにアクセスください。
https://blueprint.paypal.com/

■パートナー企業一覧(アルファベット順)

B ダッシュ・ベンチャーズ
B ダッシュ・ベンチャーズは、「次世代を担う有力インターネット企業の輩出」を目的に、インターネット業界の有望なスタートアップへ投資を行う企業として2011年に設立されました。運営するベンチャーファンドからは、日本のみならず国外のスタートアップに投資を行っています。また、投資活動と並行して、国内外のインターネット業界の第一線で活躍する経営者や今後の成長が期待されるスタートアップ経営者など700名が一同に会するイベント「Bダッシュキャンプ」を年に2回開催しています。この招待制のイベントは、講演やパネルディスカッション、ネットワーキングを通じ、参加者のビジネスが国内外で大きく飛躍するためのプラットフォームとして成長しています。

サイバーエージェント・ベンチャーズ
私達のビジョンは「アジアにおける次世代のインターネットビジネスに最も大きなインパクトを与えるベンチャーキャピタルを創る」ことにあります。その実現のために「優秀な起業家と緊密に連携し、全力で支援することで、世界にイノベーションをもたらすことに情熱を捧げるベンチャーキャピタルであり続ける」、それが私達のミッションです。アジアを中心に8各国11拠点を持ち、積極的に投資を行うベンチャーキャピタルです。

DeNAベンチャー
株式会社DeNAは、日本におけるモバイル向けポータルサイトの企画・運営等を行う大手企業であり、世界のアプリ売り上げでも常にトップ10*にランクインしています(*米国リサーチ企業AppAnnieによる)。1999年の設立以降、インターネットにおけるオークションならびにショッピングサイトからSNSやゲームなど幅広い分野において実績を上げています。

DeNAベンチャー、プリンシパルのジェームス・ライニー氏は次のように述べています。「資金(キャッシュ)はどのような企業にとっても生命線ですが、起業したての企業にとっては特にそうでしょう。我々は、ペイパルが、これらの若い企業の潜在力を信じ、支援を行うことについて深い感銘を受けています。彼らの支援は、我々にとっても、また、何とかビジネスを軌道にのせようと頑張っている起業家の皆様にとっても極めて重要であると言えるでしょう。」

グローバル・ブレイン
グローバル・ブレイン株式会社は、1998年に設立された独立系ベンチャーキャピタルです。本社は東京にあり、シリコンバレーにもオフィスを構えています。日本、米国ならびに東南アジアを中心に、幅広い業種のベンチャー企業への投資を積極的に行っています。また、出資だけでなく、大企業とのマッチング支援、ビジネスモデル策定サポート、マーケティング戦略支援等、様々なハンズオン支援を行っています。

イーストベンチャーズ
イーストベンチャーズは、日本及びアジアのインターネット/モバイル企業のアーリーステージ及びグロースステージに幅広く投資を行うベンチャーキャピタルです。現在メルカリ、Gunosy、gumi、Coiney、BASE、TwitCasting、Tech in Asiaなどをはじめ、国内外で100社以上のスタートアップに投資支援をしています。

インキュベート・ファンド
インキュベート・ファンドは、東京に本拠地を置く、大手ベンチャーキャピタルファームです。現在まで、150以上のベンチャー企業に対し投資を行っており、約160億ドルを運用しています。同社は特にモバイルビジネスやゲーム分野に強みを有しています。

インキュベート・ファンド、ジェネラル・パートナーの本間真彦氏は次のように述べています。「ペイパルとのコラボレーションは、モバイル・イノベーションやO2OおよびB2Bなどの波に晒されている日本のスタートアップ企業にとっては特に朗報といえるでしょう。これらの企業は、ペイパルが提供する先端の金融サービスを通じて、様々なブレイクスルーを実現してくれると思います。」

インフィニティ・ベンチャー・パートナーズ
インフィニティ・ベンチャー・パートナーズは無限の可能性をもつベンチャー企業を生み出すために設立したベンチャーキャピタルです。世界第2位の経済大国日本と成長著しい中国の2つをつなぐ懸け橋となり、ベンチャー企業の成長をバックアップします。

モビーダジャパン
モビーダジャパンは、イノベーティブなプロダクトやサービスを生み出して急成長しているスタートアップを支援するスペシャリストチームです。


■ペイパルについて

ペイパルが提供するあらゆるサービスは、ビジネスをする売り手とお客さま(買い手)を中心に考えられています。米国で1998年に設立して以来、ペイパルはデジタル決済の変革の最前線に立ち、ペイパルを利用するお客さまが直接自分のお金を管理できるソリューションを提供しています。イノベーションを通して当社は、世界203の国と地域で、100以上の通貨(※1)に対応し、1億 5,700万を超えるアクティブアカウント(※2)の利用者の生活をより良いものにし、1日に900万件を超える決済を取り扱い、より速くより安全な支払い・受け取り方法として利用されています。買い手の金融情報を売り手に共有することなく、クレジットカードや個人の銀行口座を使い柔軟に支払いや送金を行うことができるサービスを提供しています(※3)。

詳細は www.paypal.jp をご参照ください。

(※1) ペイパルアカウントに預けられるのは26通貨で、日本では22通貨です。
(※2) 過去12ヵ月の間に1度以上利用したペイパルアカウントを指します。
(※3) 日本では個人の銀行口座からの支払いと送金には対応していません。

各データについてはすべてPayPal Pte. Ltd.の調査によります。
PayPal および PayPal ロゴは、PayPal もしくはそのライセンサーの商標または登録商標です。

■ブレインツリーについて

次世代の商取引を推進するブレインツリーの世界的な決済プラットフォームは、「Airbnb」、「HotelTonight」、「LivingSocial」、「TaskRabbi」、「Uber」を含む数千社の革新的なオンライン・モバイル商取引企業向けの決済を処理しています。北米、欧州、オーストラリアの40カ国以上の販売業者が、ブレインツリーを用いて130種類以上の通貨での決済を受け入れています。ブレインツリーは現在、7,000万人以上の消費者にモバイル・アプリの「Venmo」によるワンクリック購入を提供し、モバイル機器で簡単に支払ができる手段を提供しています。ブレインツリーは2013年よりペイパル内で独立したサービスとして事業を運営しています。なお、日本国内ではサービスを開始していません。

詳細は、www.braintreepayments.com およびTwitter(@braintree)をご覧ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. PayPal Pte. Ltd.
  4. >
  5. 日本のスタートアップや起業家を支援するプログラム PayPal Startup Blueprint が日本で開始