構想から5年、ナチュラルガットのような心地よい打球感と緩みの少ないストリング「マルチセンサ」新発売

ヨネックスは、新技術FRF製法(Fusion of Resin and Filament)によってナチュラルガットに近い心地よい打球感と、様々な季節における緩みの少なさを実現したシンセティック※(ポリエステルマルチ)テニスストリング『マルチセンサ』を2014年7月上旬に発売いたします。
※シンセティックストリングとは化学繊維で作られたストリングの総称

 

   新発売となるナチュラル感覚のシンセティック(ポリエステルマルチ)ストリング『マルチセンサ』


天然繊維のナチュラルガットは、衝撃吸収性、反発力が高く、緩みが少ないというメリットがありますが、作業工程が多いことからコストが高く、湿気に弱いというデメリットもあります。

今回発売となる『マルチセンサ』は、ナチュラルガットの構造と比重に着目。FRF製法を採用することで、繊維の隙間にまで樹脂を高密度に充填することが可能となり、繊維部とコーティング部をより一体化させ、ナチュラルガットの構造に近づけることに成功しました。また、充填樹脂に高比重のポリウレタン樹脂を用いることで、ナチュラルガット同様のしっかりとした打ち応えと快適な打球感を備え、優れた耐久性と様々な気候条件でも緩みの少ない高品質ストリングとしました。

<マルチセンサ特長>
●新技術FRF製法を採用することで繊維部とコーティング部をより一体化させ、シンセティックストリングながらもナチュラルガット同様の心地よい打球感を実現。年間を通じ緩みの少ない高品質ストリングです。

●高比重のポリウレタン樹脂をポリエステルマルチフィラメントの隙間及びコーティングに採用することでナチュラルガットに近い固有振動数とし、今までにないナチュラル感覚の打球感を実現しました。


<テクノロジー>

◆構造


◆新技術FRF製法(Fusion of Resin and Filament)

従来の製法では繊維の隙間にまで樹脂がいきわたらず、隙間が生じることで打球時にパワーロスが発生していました。FRF製法ではコーティングとの境界なく高密度で充填することにより繊維と樹脂を一体化し、パワーロスを軽減します。


◆マルチセンサ性能データ(各測定結果は当社比)


<製品概要>

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ヨネックス株式会社
  4. >
  5. 構想から5年、ナチュラルガットのような心地よい打球感と緩みの少ないストリング「マルチセンサ」新発売