娯楽型介護保険事業所・施設に対する意識調査結果

パチンコは介護保険サービスとして適切か? ケアマネジャーも意見分かれる

利用時間のほとんどをパチンコや麻雀などをして過ごす娯楽型介護保険事業所・施設(カジノ型・アミューズメント型とも言う)について、神戸市と兵庫県は、条例で規制することを決めました。娯楽型介護保険事業所・施設については賛否が分かれるところですが、介護現場のケアマネジャーはどのように考えているのでしょうか。

介護関連メディア事業を手掛ける株式会社インターネットインフィニティー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:別宮 圭一)は、娯楽型介護保険事業所・施設に対してケアマネジャーがどのように考えているのか、運営するウェブサイト「ケアマネジメント・オンライン」を通じて、アンケート調査を行いました。

 

■調査結果ポイント■
○ 娯楽型介護保険事業所・施設には賛否両論。1/3は「どちらでもない」
○ 娯楽型を「よい」と考える理由とは?
○ 娯楽型を「よくない」と考える理由とは?
○ 利用したことのある人は、「人との交流」や「笑顔」に変化
○ 娯楽型介護保険事業所・施設に対するケアマネジャーの自由意見


【調査概要】
期  間:2015年12月18日~12月24日
方  法:インターネット調査
対  象:「ケアマネジメント・オンライン」の会員ケアマネジャー
回答数:641名

■調査結果詳細■
○娯楽型介護保険事業所・施設には賛否両論。1/3は「どちらでもない」
娯楽型介護保険事業所・施設について、どのように考えているか聞いたところ、「よいと思う」もしくは「とてもよいと思う」と答えたケアマネジャーは206名で、32.2%を占めました。
一方、「よくないと思う」もしくは「とてもよくないと思う」と答えたケアマネジャーは204名(31.8%)で、「よい」と「よくない」が拮抗する結果となりました。
また、「どちらでもない」と答えたケアマネジャーは231名(36.0%)で、ケアマネジャーの中でも意見が分かれることがわかりました。

○娯楽型を「よい」と考える理由とは?
娯楽型介護保険事業所・施設について、「よいと思う」もしくは「とてもよいと思う」と答えたケアマネジャーに対し、その理由をたずねたところ、「事業所・施設に多様性があるほうが、利用者に合ったところを選べるから」と答えた人が160名(77.7%)で最も多い結果となりました。 (※「利用者」とは介護保険サービス利用者。以下、同じ)

○娯楽型を「よくない」と考える理由とは?
一方、娯楽型介護保険事業所・施設について、「よくないと思う」「とてもよくないと思う」と答えたケアマネジャーに対し、その理由をたずねたところ、「介護保険の財源を使ってまで必要なサービスとは思えないから」と答えた人が160名(78.4%)で最も多い結果となりました。

○利用したことのある人は、「人との交流」や「笑顔」に変化
これまで担当した利用者のうち、娯楽型介護保険サービス事業所・施設を利用した人が「いる」と答えたケアマネジャーは67名(10.5%)でした。
その利用者について、娯楽型介護保険サービス事業所・施設を利用したことで、どのような変化が見られたか聞いたところ、7割以上のケアマネジャーが「人との交流」や「笑顔」に改善が見られたと答えました。
一方、「身体機能」や「認知機能」については、半数以上が「かわらない」と答え、16.4%のケアマネジャーは身体機能が「悪化した」と答えました。

○娯楽型介護保険事業所・施設に対するケアマネジャーの自由意見
娯楽型介護保険事業所・施設に対して、以下のような意見が寄せられました。(一部抜粋)

・サービス事業所の特色は自由であるべきです。多様な事業所から選択することで、ニーズにより近いサービス提供が可能になると考えます。一定のルールは必要とは思いますが、規制するのには反対です。
・介護保険という公的資金で“娯楽型”サービスが行われる事自体ナンセンス。頭を使うことは認知症予防にはよいかもしれないが、長時間座位姿勢で過ごす事は、機能回復、自立支援他者との交流など介護保険本来の趣旨に反している。
・家族の希望で仕方なく利用支援を行ったが、公費を用いて支援をする内容ではないと思っているため、不本意であった。ただ少数派ではあるかと思うが、ギャンブルしか通所のきっかけが作れないケースの場合は最後の綱かもしれない。

詳しい調査結果は、「ケアマネジメント・オンライン」に掲載しております。
(URL:http://www.caremanagement.jp/  ※特集-介護アンケートのページをご参照ください)


<株式会社インターネットインフィニティーについて>
当社は、「日本の介護を幸せなものにする」という経営理念を掲げ、インターネットと介護を融合することにより、次代の介護の在り方や新たな価値を創造し、今日よりも価値ある介護を明日の日本へ提案し続けています。2001 年設立。 http://iif.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社インターネットインフィニティー
  4. >
  5. 娯楽型介護保険事業所・施設に対する意識調査結果