訪日ゲスト向けデジタルサイネージサービス メニュー提供開始

~WeChat×デジタルサイネージの連動によるインバウンド施策がスタート~

世界トップシェアを誇る韓国HYUNDAI社製のデジタルサイネージに、中国の騰訊(テンセント)社が提供するスマートフォン向けコミュニケーション・チャットアプリ「微信(WeChat)」 の公式アカウントにアクセスおよびフォローできるQRコードを表示。その場ですぐに利用できるクーポン発行や中国語対応の詳細メニュー表示などの、効果的でユーザー利便性の高いアプローチを提供します。
このたび、株式会社渋谷フェイス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:三笠 崇仁 以下渋谷フェイス)と、株式会社VAIRON(本社:東京都千代田区、代表取締役:田村 篤久 以下VAIRON)は、「訪日ゲスト向けインバウンド事業において、両社双方の強みとなるリソースを活かした共同サービスの提供」を2016年1月に開始致しました。

 

本サービス開始の背景としまして、訪日ゲストの中でもとくに対応が重要視される多くの訪日中国人においては、引き続き『爆買い』を理由に来日している現状があり、今以上に訪日ゲストへ向けての施策が店頭においても求められてきています。その背景により、このたび両社における提携にて新しい取り組みを開始するに至りました。

世界トップシェアを誇る韓国HYUNDAI社製のデジタルサイネージに、中国の騰訊(テンセント)社が提供するスマートフォン向けコミュニケーション・チャットアプリ「微信(WeChat)」 の公式アカウントにアクセスおよびフォローできるQRコードを表示。その場ですぐに利用できるクーポン発行や中国語対応の詳細メニュー表示などの、効果的でユーザー利便性の高いアプローチを提供します。

この取り組みにより、「1対複数ユーザーへ視覚的に情報訴求できるサイネージの強み」と「サイネージ前を離れた後も、より細やかな情報発信や検索ができるスマートフォン上の強み」を相互補完することが可能となります。

なお、これまでVAIRONが手がけてきたWeChat運営経験上のデータ解析により、訪日中国人は帰国後にも再度印象に残った場所を検索することが多いことがわかっており、あらかじめ企業側は「WeChat公式アカウント」を取得することで帰国後においてもフォローを促せます。これにより、サイネージのQRコードで入手した情報や、検索時に得られた情報に加え「セール情報やクーポンなどの店舗最新情報が継続的に提供」されます。

また、WeChatは中国におけるナンバーワンシェアのメッセージアプリのため、一度利用した訪日中国人を起点に、その家族や知人へそのまま直接WeChat完結で店舗情報の共有や拡散が見込めます。以上のような、恒常的かつ能動的な店舗への中国人ゲストが訪れる仕組みを構築致します。

本サービス提供の価格は140万円(42型デジタルサイネージ1台+WeChat公式アカウント開設および認証申請、WeChat内オリジナルページ制作費込み サービス開始限定価格:先着10社、2016年2月末まで)となります。WeChat商用利用において日本における第一人者であるVAIRONによる、記事配信運用や施策運用ご相談、セミナー、各種開発制作などのサポートサービスを訪日前及び訪日後の中国人向けのアプローチ施策としてご利用いただけます(サポート費用:月額5万円~)。

WeChatとサイネージの利点を併せ、訪日ゲスト個人を起点にした日本での「行くべき」「買うべき」「やるべき」情報拡散を通じたインバウンド施策を提供し、両社による、「インバウンド施策の強力なバックアップ」を行ってまいります。

 

導入第一弾として、2016年1月8日放送【TBS:白熱ライブ ビビット】『日本の美容を求め来日する外国人女性たちの「美ンバウンド」をビビットFOCUS』で放映されましたシロノクリニック(銀座院、恵比寿院、池袋院、横浜院、大阪院)様にてご導入頂きました。

シロノクリニック各院内には、「WeChat」公式アカウントのQRコードが埋め込まれたデジタルサイネージの設置をすすめられており、日本の高度な美容施術を求める訪日中国人の店舗誘導や販売促進サービス、サービスの細やかな解説等が行われ、訪日中の「美ンバウンド消費」の促進にご活用されています。

 

渋谷フェイスとVAIRONは、シロノクリニック各院様への導入を皮切りに、訪日ゲストがサービスを受けられるポイントを拡大し、様々な企業や自治体のインバウンド対策を支援してまいります。

※価格はすべて税抜きになります。

※メニューの詳細につきましては、お問い合わせください。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社渋谷フェイス
  4. >
  5. 訪日ゲスト向けデジタルサイネージサービス メニュー提供開始