Amazon、日本向けアプリの配信用ポータルサイトをオープン

~世界の開発者に対し、年内日本で配信を予定しているアプリの登録受付を本日より開始~

Amazon.com (NASDAQ: AMZN) は、本日日本時間2012年10月4日に、日本向けアプリの配信用ポータルサイトをオープンいたしました。これに伴い、世界の携帯アプリの開発者に対して、年内に日本で配信する予定のアプリの登録受付を開始いたしました。 URL: https://developer.amazon.com/welcome.html

同ポータルサイトのオープンは、今年初旬に発表したAmazonにおけるアプリ配信のグローバル展開の一環となります。Amazon のアプリ配信は、すでに米国において大変ご好評いただいており、非常に多くのお客様にスマートフォンやタブレット用のAndroidアプリをご購入、ご利用いただいております。さらに、このサービスを通じて、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペインにおいても、開発者は事業を拡大し、欧州における新規顧客を開拓されています。既にアプリをご提供いただいている開発者からは、Amazonのアプリ配信サービスを通じた高い収益性についてご報告いただいております。また、簡単にアプリに組み込めるアプリ内課金APIを提供することで、仮想アイテムや定期購読コンテンツを含むアプリ内アイテムの販売をサポートしているほか、お客様がゲームをより楽しめるように、達成項目の確認、他のお客様とスコアやランキングなどを比較できるリーダーボード、お客様のゲームプレイを複数の端末間で同期できる機能を追加するためのAPIであるGameCircleも提供しております。

既にサービスを開始している米国・欧州のAmazon Appstoreでは、アプリを提供しているほか、お薦め機能、カスタマーレビュー、1−Click決済を含むAmazonの便利で信頼のおけるショッピング機能をご用意しています。さらに、お客様に安心してご利用いただけるように、同ストアではアプリを事前に審査するとともに、お客様のお問い合わせに応じるカスタマーサービスも提供しております。

「昨年米国でAppstoreを開始して以来、開発者の皆様は多数のアプリを販売し、グローバルにお客様を拡大されています。開発者の皆様は、世界中のより多くのお客様に向けてアプリを提供できる機会を求めています。このようなご要望をいただき、この度、日本でアプリを配信するサポートができることを大変嬉しく思います。」とAmazon Appstoreのヴァイスプレジデント、Jim Adkinsはコメントしています。「アプリ内課金およびGameCircleのようなAPIを通じてお客様にゲームを楽しんでいただくことで、ビジネスの成長にもつながっていると開発者様よりご報告いただいております。また、『本日限定 無料アプリ』のようなプロモーションをご利用いただくことで、Amazon Appstore内における露出を高めるサポートをさせていただいております。開発者の方々がAmazonのプラットフォームを通じて成功されていることを大変光栄に存じます。日本でもこのようなトレンドが生まれることを楽しみにしています。」

「Amazon アプリ配信の日本での開始により、Amazonのお客様にYahoo! JAPANのアプリを直接ご紹介できる事を楽しみにしています。」ヤフー株式会社 代表取締役社長 最高経営責任者の宮坂 学氏はコメントしています。

「ファイナルファンタジーをはじめ多くの皆様に愛されているゲームシリーズを抱えるスクウェア・エニックスにとって、Amazonを通じて日本でコンテンツ配信できるようになることは、新しいお客様に我々のタイトルをお届けできる素晴らしい機会となります。 Amazonの日本展開は刺激的な出来事であり、我々が培ってきたインタラクティブ・エンタテインメントにおける経験を活かし、世界のより多くの人々に魅力的なコンテンツを提供してまいります。」株式会社スクウェア・エニックス 代表取締役社長、和田 洋一氏はコメントしています。

Amazonのアプリ配信用ポータルサイトは、日本や他国のより多くのお客様にアプリを楽しんでいただけるように、開発者にアプリの最適化や、ローカライズするための豊富なサポートをご用意しています。初めてご利用される方は、Amazonのアプリ配信用ポータルサイトでご登録を行っていただく必要があります。初年度の年間プログラム費用は無料です。


【Amazon Appstoreについて】
Amazon Appstoreは、お薦め機能、カスタマーレビュー、ベストセラーリストなどのAmazonの便利で信頼のおけるショッピング機能を通じて、お客様が多数のアプリからお好みのアプリを探し、発見し、購入できる場所です。お客様はKindle FireやPC、Android携帯やタブレットから直接ストアにアクセスすることができます。Amazon Appstoreには、おなじみのベストセラーや人気ブランドの新しいアプリなど、無料もしくは有料の幅広い品揃えを提供しています。日々新しいゲームやアプリが追加されています。

【About Amazon.com について】
Amazon.comは 米国ワシントン州シアトルを本拠地とするFortune 500企業です。1995年7月にWWW上でサービスを開始し、地球上で最も豊富な商品セレクションを提供して今日に至っています。

Amazon.comは、お客様がオンライン上で求められるあらゆる物を探し、発見でき、可能な限りの低価格で商品を提供する、地球上で最もお客様を大切にする企業であることを目指しています。

Amazon.comとその他売り手は、書籍、映画、ミュージック&ゲーム、デジタル・ダウンロード、エレクトロニクス&コンピューター、ホーム&ガーデン用品、おもちゃ、キッズ&ベビー用品、食料品、アパレル、シューズ&ジュエリー、ヘルス&ビューティー、スポーツ&アウトドア用品、ツール、自動車および産業用品など何百万点にも及ぶユニークな新製品、再生品および中古品を取り揃えています。

Amazon Web サービスでは、あらゆるタイプのビジネスをバーチャルに展開できる、Amazon独自のバックエンド技術を生かしたプラットフォームに基づく数多くのクラウド系インフラ・サービスを、ウェブ・アプリケーションの開発に携わるAmazonの開発者であるお客様に提供しています。
最新世代のKindleはこれまでの機種の中で最も軽量で小型にも関わらず同じ6インチの最新鋭Eインクディスプレイを備えており、日光の下でも紙と変わらぬ読みやすさを提供します。

Kindle TouchはKindleファミリーに新たに加わりましたが、使いやすいタッチスクリーン、最新鋭のEインクディスプレイに加え、これまで以上にページがめくりやすく、検索、買物、メモ書きも簡単にできます。
電子書籍専用端末の最高機種であるKindle Touch 3Gは、Kindle Touchと同じく新しいデザインと特長に加え、無料の3G接続という比類のない便利な機能を備えています。

Kindle Fireは、Amazon Cloud上の無料ストレージ、Whispersync、Amazon Silk(Amazonの新しい革命的なクラウドベースの高速ウェブブラウザ)、鮮やかなカラータッチスクリーン、強力なデュアルコア・プロセッサを備えた、映画やTV番組、音楽、書籍、雑誌、アプリ、ゲーム、ウェブ閲覧を含む全てのコンテンツのためのKindleです。

Amazonとその関連会社は、www.amazon.com, www.amazon.co.uk, www.amazon.de, www.amazon.co.jp, www.amazon.fr, www.amazon.ca, www.amazon.cn, www.amazon.it, www.amazon.esのウェブサイトを運営しています。本文中の「Amazon.com」、「我々」「我々の」とは、文脈上別のものを示唆しない限り” Amazon.com Inc.”と関連会社を指します。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. アマゾンジャパン合同会社
  4. >
  5. Amazon、日本向けアプリの配信用ポータルサイトをオープン