2014年4月度のマルウェアランキングを公開

~不正ダウンロード型トロイの木馬が引き続きトップに~

四半世紀にわたり、プロアクティブなマルウェア検出技術の世界的なパイオニアであるESET, spol. s r.o.(本社:スロバキア、ブラティスラバ、CEO:リチャード・マルコ、以下ESET)がまとめた2014年4月度のマルウェアランキング(日本版、世界版)をキヤノンITソリューションズのウェブサイトで公開しました。概要は以下の通りです。

■日本のマルウェアランキング(4月度)

<月間サマリー>
2014年4月の脅威ランキングでは、Win32/TrojanDownloader.Waski.Aが引き続きトップになりました。また、SWF/Exploit.Agent.FEも先月に続いて第2位につけています。ユーザーには、関連するセキュリティアップデートを必ず適用することが求められます。

<ランキング>
第1位 Win32/TrojanDownloader.Waski.A (前月:1位)
このトロイの木馬は、インターネットから別のマルウェアをダウンロードしようとします。
第2位 SWF/Exploit.Agent.FE (前月:2位)
SWF/Exploit.Agent.FEは、細工が施されたShockwaveのコードを使用して、脆弱なFlash Playerを搭載したシステムを攻撃します。
第3位 Win32/Wigon.PH (前月:10位以下)
このトロイの木馬は、インターネットから別のマルウェアをダウンロードしようとします。UPXを使用して実行ファイルが圧縮されています。

日本のマルウェアランキング(2014年4月)と各マルウェアの詳細はこちらに掲載しています。
是非ご一読ください。
http://canon-its.jp/product/eset/topics/malware1404_jp.html


■世界のマルウェアランキング(4月度)

<世界のセキュリティ関連トピックス>
・アップグレードが困難なWindows XPを保護するには?

<ランキング>
第1位 Win32/Bundpil (前月:1位)
このワームは、リムーバブルメディアを介して感染を広げます。1つのURLを保持しており、そのURLからいくつかのファイルをダウンロードし、実行しようとします。通信にはHTTPプロトコルが使用されます。
第2位 LNK/Agent.AK (前月:2位)
LNK/Agent.AKは、本物または正規のアプリケーション/フォルダーを実行するためのコマンドを連結して、バックグラウンドで脅威を実行するリンクで、autorun.infという脅威の新たなバージョンとなる可能性があります。この脆弱性はStuxnetの発見に伴い知られるようになり、悪用された4つの脆弱性のうちの1つでした。
第3位 Win32/Sality (前月:3位)
Salityは、他のファイルに感染するポリモーフィック型のマルウェアです。実行されると、あるサービスを開始するほか、システムのセキュリティに関連するレジストリーキーを削除し、オペレーティングシステムが起動するたびに悪意のあるプロセスが開始されるようにするレジストリーキーを作成します。

世界のマルウェアランキング(2014年4月)の全文はこちらです。是非ご一読ください。
http://canon-its.jp/product/eset/topics/malware1404.html

ESETについて
1992年に創設されたESETは、企業および個人向けのセキュリティソリューションを提供するグローバルプロバイダーであり、ISO9001:2000やISO27001など数多くの認証を取得しています。ESETは、プロアクティブなマルウェア検出技術のパイオニアであるとともに、この分野で業界をリードし続けています。ESET製品は、英国『Virus Bulletin』誌のVB100アワードで最多受賞回数を記録しており、日本国内では、2013年8月に角川アスキー総合研究所が実施したウイルス対策ソフト満足度調査(※1)では12項目中11項目でトップとなり、2年連続で総合満足度No.1を獲得したほか、ベクター主催のVectorプロレジ大賞(※2)で2期連続のグランプリを獲得しました。さらに企業向けでは、2013年8月に日経コンピュータで発表された顧客満足度調査(※3)の「セキュリティ製品」部門でESET製品を日本で販売するキヤノンITソリューションズが第1位を獲得しました。ESET NOD32アンチウイルス、ESET Smart Security、ESET Cyber Securityは1億ユーザー以上に利用されており、各方面から極めて高い評価を得ています。

ESETは、スロバキアのブラティスラバにグローバル本社を、米国のサンディエゴ、アルゼンチンのブエノスアイレス、シンガポールに地域流通拠点を構えています。また、ブラティスラバ、サンディエゴ、ブエノスアイレス、チェコ共和国のプラハ、ポーランドのクラクフ、カナダのモントリオール、ロシアのモスクワにマルウェア研究センターを置き、世界180か国にまたがる広範なパートナーネットワークを築いています。

(※1)出典:http://www.lab-kadokawa.com/pdf/20130905_report.pdf
(※2)出典:http://n.shop.vector.co.jp/service/special/award/
(※3)出典: http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20130807/497104/

ESET社ホームページ【 http://www.eset.com/

※ESET、NOD32、ESET Smart Security、ESET Cyber Security、ESET ファミリーセキュリティ、ESET パーソナルセキュリティは、ESET, spol. s r.o. の商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ESET ASIA PTE LTD
  4. >
  5. 2014年4月度のマルウェアランキングを公開