LiNK-UP株式会社が“ドローン”の新会社を合併へ!第三者割当増資を実施し世界を騒がせるドローンのエンターテインメント・アミューズメントを手掛ける株式会社Drone Gamesを合併致しました!

「LiNK-UP株式会社」が、9月30日に「株式会社Drone Games」への第三者割当増資を実施し、合併致しました。

ドローンレースの開催、ドローンレース場の制作・運営をはじめ、「ドローン」の持つエンターテインメント・アミューズメント性をピックアップした事業を牽引し、日本での「ドローン」の発展を目指します。
9月30日、「LiNK-UP株式会社」(東京都渋谷区 / 代表取締役 小田吉男)は、「株式会社Drone Games(ドローンゲームス)」(東京都渋谷区 / 代表取締役 黒田潤一)への第三者割当増資を実施し、合併致しました。


10月13日に「株式会社Drone Games」のウェブサイトが公開され、今回の発表となりました!
 

 

「株式会社Drone Games」は、2015年9月3日に設立された日本におけるドローン事業第一人者である黒田潤一が創業したドローンにまつわるすべての業務を行う会社です。
 

「空のエンターテイメントを創出する」

<株式会社Drone Games>はこちら
http://dronegames.co.jp/


◆「株式会社Drone Games」の主な事業
①「DroneGames事業」では、Droneによる新しいエンターテイメントを1人でも多くの人々に体感して 頂くために、価値のあるエンターテイメントを創出していきます。

常に“誰でも楽しめる空のゲームコンテンツの提供”を意識し、Droneによるエンターテイメントが身近になるために前進していきます。

②「Droneサポート事業」では、DroneGames事業で得た知識、経験、技術を活用し、常に”Droneによ る新しい価値の創造”を意識しサポートに努めます。またDroneの進化を探求し、最新のDroneプログラムの提供を行います。



日本ではまだ馴染みの少ない「ドローン」ですが、元々は軍事用に無人で飛行することが可能な航空機として開発されました。

近年では、スマートフォンやインターネットと連動する事により、その利用用途が急速に広がり、世界が注目するテクノロジーデバイスとなっています。

その可能性は、災害救助、自然環境のリサーチ、スポーツの撮影、小さな荷物の運搬等、広範囲に渡る分野での活躍が期待されています。

またドローンのもたらす経済効果は、2025年までにアメリカ国内だけで8兆円を超えるとも試算されています。


◆黒田 潤一(株式会社Drone Games代表取締役) プロフィール

黒田 潤一 (くろだ じゅんいち) 1991年7月7日生
大学在学中に「体育」の家庭教師派遣サービスを立ち上げ、教員を目指す大学生のインターンシップ先としても様々な活動を行う。
大学卒業後も1年間はスポーツ事業を中心に活動を行い、スポーツ事業にドローンを組み合わせたのをきっかけに、ドローンの可能性に気づかされる。
そして、フランスで行われた森林を駆け抜けるドローンレースを「YouTube」で見て、「これを日本でも開催したい」と思い、企画からわずか3ヶ月で日本初のドローンによるスピードレース「Japan Drone Championship」を開催した。
レースのみでなく、ドローン体験会やドローンによる空撮など、ドローンに関しての啓蒙活動も数々行う。
そして、世界最大手のドローンメーカー「DJI社」や、ニコ生で有名な「ドワンゴ社」とタイアップしたドローン企画を行い、全てを大成功させている。
またドローンを用いた映像制作では、ドローンプロデューサーとしても活動し、バンドグループのMVや老舗百貨店のリニューアルオープンの際のPVなど、数々の映像作品のプロデュースも行う。

【実績】
・DJI EXPO “Drone Race”
・ニコ生23.5時間TV“ドローン大運動会”
・Japan Drone Championship “1st”“2nd”
・Drone Meetup (Skyland&MOVIDA)
・Fear, and Loathing in Las Vegas “Cast Your Shell”
・松屋銀座 5Fリニューアルオープン記念 ドローンレース
・Catalyst Drone Race 2015

【メディア出演】
・テレビ朝日 キスマイGAME “ドローンかくれんぼ”
・FM FUJI “Hitec Cafe”
・徳間書店 “Goods Press”8月号「気になるドローンのAtoZ」
・徳間書店 “&GP” 【基礎知識】ドローンの買い方飛ばし方!社会貢献から未来まで
・産経ニュース 「ドローン」悪用防止呼びかけ 最先端技術を堪能
・小学館 “DIME”6月号 イチ推しモノ 絶品146
・スポーツ報知 “ドローン発明家”のドクター・中松氏、自宅に世界初「ドローン練習場」開場


<株式会社Drone Games>
http://dronegames.co.jp/


<LiNK-UP株式会社>
http://www.l-up.co.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. LiNK-UP株式会社
  4. >
  5. LiNK-UP株式会社が“ドローン”の新会社を合併へ!第三者割当増資を実施し世界を騒がせるドローンのエンターテインメント・アミューズメントを手掛ける株式会社Drone Gamesを合併致しました!