「クラウド会計ソフト freee」 が確定申告書作成機能をフルリニューアル。

ガイドにそって質問に答えるだけで確定申告書の作成が可能に。

freee 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木大輔、以下 freee ) が運営する「クラウド会計ソフト freee」は、ガイドに沿って入力するだけで確定申告を終えられる新UI(ユーザインターフェース)をリリースいたしました。

昨年も大変好評を頂いたfreeeの確定申告※ですが、今年は画面上のガイドにそって必要事項を入力していくだけで、初めて確定申告を行う方でもカンタンに申告書の作成・提出まで行えるように、ステップ型のユーザインターフェースを開発・導入いたしました。

こちらのステップにそって作業をして頂くことで、会計知識に不安がある個人事業主の方も、安心してカンタンに確定申告書を作成できます。

※ 昨年freeeで確定申告をして頂いたユーザーの方のうち96%に、「来年の確定申告もfreeeで行う」と回答頂きました。また、具体的に、以下の様なご満足の声を頂いております。 「子育ての合間にはじめての確定申告を終えました」、「大変機能的で、とても使いやすいです。また、クラウドであるため、出先のちょっとした費用もすぐに入力できるおかげで、会計処理の手間が大幅に減っています。」など多数。

<画面イメージ①:基本情報の入力画面>

 

<画面イメージ②:控除等の入力画面>

 

<画面イメージ③:作成書類の確認画面>

 


freee 新確定申告書作成機能
https://www.freee.co.jp/features/kakuteishinkoku
リリース:2016年 1月4日
価格: 無料
クラウド会計ソフトfreeeの標準プラン(個人事業主)のアカウントをお持ちであればご利用できます。

freeeは今後とも、個人事業主の皆様がより創造的な活動にフォーカスいただけるよう機能開発を進めていきます。


 

■ ”クラウド会計ソフト freee” について
会計帳簿の作成だけでなく、請求書作成、経費精算、領収書保存、売掛買掛管理、各種レポート作成などの機能が無料から使えるクラウド型会計ソフト。
サービス開始日:2013年3月
料金:個人 980円/ 月
法人  1980円/月
URL:https://www.freee.co.jp/
特徴:
・クラウドなので、常に最新版が使える
・PCやスマートフォンとインターネット環境さえあれば、いつでもどこでも利用可能
・社員や税理士さんなどと複数人で一緒に使える
・銀行やクレジットカードなどのデータを自動で取得
・レジや決済サービスのデータなども自動で取り込める
・簿記等の専門知識がなくても簡単に使える

■ ”freee 株式会社”について

ミッションは「スモールビジネスに携わるすべての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」。小さなビジネスにたずさわる誰もが、新しいテクノロジーやソリューションを導入することで、本当にやりたい創造的な活動にフォーカスできる、そして大企業よりも強くてかっこよくなれる、そんなワクワクする世の中を目指している会社。

会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  代表取締役 佐々木大輔
設立   2012年 7月 9日
資本金  52億5619万円(資本準備金含む)
所在地  東京都品川区西五反田1-18-9 五反田NTビル7F

【提供サービス一覧】
「クラウド会計ソフト freee」  https://www.freee.co.jp
「クラウド給与計算ソフト freee」https://www.freee.co.jp/payroll
「マイナンバー管理 freee」https://www.freee.co.jp/my-number
「会社設立 freee」https://www.freee.co.jp/launch/
「経営ハッカー」http://keiei.freee.co.jp/
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. freee
  4. >
  5. 「クラウド会計ソフト freee」 が確定申告書作成機能をフルリニューアル。