世界初※コンサート、大盛況の内に閉幕!

3/27(金)東京国際フォーラム ホールAで開催された「チャングム&イ・サン&トンイの世界」ドラマ・シンフォニーは、9,000余人の観客を集め大盛況の内に幕を閉じた。
※3作品を冠した公認コンサートとして

 

韓国歴史ドラマの金字塔「宮廷女官 チャングムの誓い」「イ・サン」「トンイ」の3作品をテーマにした本公演では、指揮、藤野浩一氏率いる東京フィルハーモニー交響楽団80人が奏でる名曲の数々を、450インチの巨大スクリーンに映し出されたドラマの思い出のシーンとシンクロさせ、艶やかなライティングが彩りを添えた。

 

 

 

3作品の演出を手掛けたイ・ビョンフン監督がステージに登場すると、会場中に割れんばかりの拍手が鳴り響き、本公演に対する観客の期待の高さが感じられた。

 







また、スペシャルゲストとして登場した、「トンイ」の子ども時代を演じたキム・ユジョンさんの美しさには、会場全体が息を飲んだ。15歳とは思えぬ大人びた雰囲気を持ち、若手女優として最も注目される彼女が、イ・ビョンフン監督とのクロストークでは、「トンイ」撮影時の思い出を昨日のことのように語ってくれた。  


コンサートの終盤、ゲストシンガー城 南海さんが日本語で歌う、「トンイ」の挿入歌『チョネジア~天崖至睋』には、一緒に口ずさみ、中には涙ぐむ観客も見られ、この3作品が日本でどれだけ愛されているかが証明された瞬間であった。


最後に、フィナーレで登場した100人のNHK東京児童合唱団の愛らしさと迫力の歌声は、本公演の最後を飾るのにふさわしい演出となった。

司会は自他ともに認める3作品の大ファンである宮本隆治アナ。時には韓国語を織り交ぜながら、監督、ユジョンさんとのクロストークを進行し、本公演全体に華を添えた。


このように、韓国歴史ドラマ3作品とオーケストラの一日限りの夢の饗宴は、感動の中幕を閉じた。


【チャンネル銀河 関連番組放送情報】

 

■「宮廷女官 チャングムの誓い」<ノーカット字幕版>
ゴールデンウィーク一挙放送
5/2(土)~6(水) 午前10:00~

■「イ・サン」<ノーカット字幕版>
7月スタート予定

■「トンイ」<ノーカット字幕版>
4/25(土)毎週土曜夜10:00~

■「太陽を抱く月」<ノーカット字幕版>
毎週土曜夜8:30~放送中
8月第1話から放送!予定

番組に関するお問い合わせはチャンネル銀河カスタマーセンターまで
0120-945-666(受付時間10:00~18:00年中無休)
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた
  4. >
  5. 世界初※コンサート、大盛況の内に閉幕!