レストヴィラ川崎宮前 2014年7月オープンのお知らせ

~理学療法士が常勤している充実したリハビリ環境が魅力~

 ワタミの介護株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長・清水 邦晃)は、2014年7月1日(予定)、介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護・申請予定)「レストヴィラ川崎宮前」を開設いたします。

 「レストヴィラ川崎宮前」はリハビリ強化型ホームとして、いつでもご入居者様が機能訓練を意識し、リハビリができるように各階の床・壁には、工夫を施しました。特に2階のアクティビティ・ラウンジ(機能訓練室)は、様々なマシーンはもちろん、楽しみながらリハビリを促す効果のある、オレンジ系の暖色を中心とした内装に仕上げました。全てのご入居者様の日常生活動作における回復・維持・援助 のために、また、退院後の方にも、暮らしの中で、無理なくリハビリができる環境をご提供いたします。

以下の4つの基本方針をたて、当社が目標として掲げる4大ゼロ(※)を強化し、ご入居者様が「日に日に元気に」 、一日でも長くご自分らしい暮らしをしていただけるよう努力してまいります。

【基本方針】
①リハビリ専門職である理学療法士が、個々の希望や身体能力をケアマネジャーと共に評価・分析し一人ひとりにあったリハビリプログラムを作成する。

②個別機能訓練計画は、ケアプランにおける短期⇒中期目標と連動させ、介助方法、口腔リハビリ、体操、散歩等各種レクリエーション全体で、ホームでの切れ目ないチームケアを実現する。

③機能訓練室で、週40分×2=80分/人の機器等を用いたグループトレーニングを行う。来室困難な方への居室訪問を行い、姿勢や動作の提案や訓練を実施する。

④すべてのご入居者様に対し、暮らしの中で繰り返しできるリハビリ等を提案・援助することで、一歩一歩「夢」=目標に向かって進まれるお手伝いができるホームを実現する。

※『4大ゼロ』とは
ご入居者様の自立支援のために、おむつゼロ、特殊浴ゼロ、経管食ゼロ、車椅子ゼロの『4大ゼロ』を目標に掲げ、スタッフ全員で取り組んでいます。お体の状態によっては、やむを得ない場合もあります。しかし、たとえこれら4つが必要になった場合でも、少しでも快適な暮らし、ご自分らしい暮らしをしていただけるよう、ご入居者様をサポートいたします。

完成予想図(建物:賃借)


【所在地】〒216-0022 神奈川県川崎市宮前区平2-15-3
【構 造】鉄骨造4階建
【居室数】居室総数74室、定員数74名(全室個室)
【入居金 / 月額利用料(管理費・食費・水道光熱費)】0~750万円(非課税) / 193,571円(税抜)~
【協力医療機関】横浜まちだクリニック
【アクセス】
 東急田園都市線『溝の口』駅・JR南武線『武蔵溝の口』駅よりバス
「溝の口駅南口」バス停2番乗り場より川崎市営バス溝18系統
「鷲ヶ峰営業所前行」バス約13分→「向丘出張所」バス停下車 徒歩9 分(約680m)

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ワタミ株式会社
  4. >
  5. レストヴィラ川崎宮前 2014年7月オープンのお知らせ