大阪国際大学守口キャンパスの新しい顔・新1号館が完成し、13日に竣工式

学生の居場所フロアで学びのための共有スペース「ラーニングコモンズ」、トレーニングルームほか最新設備備え

大阪国際大学守口キャンパスで2013年度から進められていた新1号館が完成、3月13日に竣工式をする。地上6階地下1階延べ約1万平方メートルで、東隣にすでに完成している6号館と同じ煉瓦色のタイル張りで、大学の新たな顔になる。

 

全体的にガラス張りで開放感があるのが特徴。1階は学生の居場所フロアで学びのための共有スペース「ラーニングコモンズ」や本格ピザ窯が入ったイタリアンカフェを配置。2階は最新の機器が設備されたCALL教室や語学自習スペースが設けられている。3階はコンピュータ、IT授業関係のフロア。4階はグループワークやプレゼンテーション等多様な授業形態に対応できる。5、6階は教員の研究室やセミナー室。 地階は学生の各種トレーニングルーム、フィットネスルームなど。地階へ降りる階段と建物の間にスペースが取られていて、ここもガラス張りで明るい地階の工夫が凝らされている。化粧室にはパウダールームも備えている。

http://www.oiu.ac.jp/re-news/archives/2015/02/241000.html

問い合わせは
大阪国際学園企画課
06-6902-0613(直)
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 学校法人大阪国際学園
  4. >
  5. 大阪国際大学守口キャンパスの新しい顔・新1号館が完成し、13日に竣工式