トナーカートリッジリサイクルプログラム25周年記念イベントを開催~静岡県三島市での生き物の観察会・撮影会~

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、「トナーカートリッジリサイクルプログラム」25周年記念の一環として、小学生を対象に生物多様性をテーマとしたイベントを8月1日に開催します。

<イベントホームページ>
http://cweb.canon.jp/csr/furusato/event/index.html

キヤノンが展開している「トナーカートリッジリサイクルプログラム」が今年25周年を迎えました。このプログラムは回収したトナーカートリッジの部品や外装プラスチックをリユース・リサイクルするもので、1990年に開始し、現在世界26カ国で実施され、これまでの累積回収量は約34.4万トン(2014年12月末)に上ります。また、国内で回収したトナーカートリッジ本数に応じた金額を原資として、環境や生物多様性保全の取り組み「未来につなぐふるさとプロジェクト」を、2010年から全国13地域で展開しています。

この度、本プログラム25周年記念の一環として、小学生を対象に生物多様性をテーマとしたイベントを8月1日に静岡県三島市源兵衛川周辺で開催します。このイベントは、「未来につなぐふるさとプロジェクト」の静岡県の活動団体である特定非営利活動法人グラウンドワーク三島と連携します。

源兵衛川はホタルも自生し、「水の都・三島」の清流のシンボルです。生物多様性に富んだこの流域で生き物や植物の触れ合いや、一眼レフカメラでの撮影を行います。また、撮影した写真を活用して、夏休みの自由研究としても利用できる源兵衛川の生き物や植物のフィールドマップを作り、環境や生態について学びます。

■「トナーカートリッジリサイクルプログラム25周年記念イベント」実施概要
○開催日:2015年8月1日(土)10:00~16:00(終了予定)※雨天時はプログラムを変更して実施
○開催場所:静岡県三島市(コミュニティホール「Via701」、源兵衛川周辺)
○活動内容:生物多様性講座<源兵衛川の生き物・植物の観察会・撮影会、フィールドマップの作成>
○参加対象:小学3~6年生   ※必ず保護者同伴でお越しください。
○定員:20名                    ※お子様の参加定員です。
○参加費:無料
※イベントの詳細、お申込みは、http://cweb.canon.jp/csr/furusato/event/index.htmlをご覧ください。
 


■未来につなぐふるさとプロジェクトについて
2010年5月に、キヤノンMJで開始した環境保全の取り組みです。国内さまざまな地域での社員参加による環境ボランティア活動の実施のほか、お客さまやビジネスパートナーから回収した使用済みカートリッジの本数と、PPC用紙(コピー紙)の販売数に応じて積み立てた金額を原資として、これまでに約4,500万円を、環境保全を行う団体に寄付しました。また、多くの方がこのプロジェクトを支援できる仕組みとして、キヤノンMJのホームページで、応援したい地域の活動をワンクリックすると1円が寄付される「クリック募金」を継続的に行っています。

さらに2013年7月には、公益財団法人パブリックリソース財団と共同で「未来につなぐふるさと基金」を立ち上げ、資金運営とプロジェクト評価を財団が行うことで透明性の高い活動運営を行っています。

●「未来につなぐふるさとプロジェクト」ホームページ
http://cweb.canon.jp/csr/furusato/

●「クリック募金」ホームページ
http://cweb.canon.jp/csr/donation/

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. キヤノンMJ
  4. >
  5. トナーカートリッジリサイクルプログラム25周年記念イベントを開催~静岡県三島市での生き物の観察会・撮影会~