フュージョンマーケティング株式会社に対するシャークスチームモップの意匠侵害訴訟判決について

ショッピングブランド 「ショップジャパン」、「ヒルズコレクション」、「エクサボディ」を展開する株式会社オークローンマーケティング(本社:名古屋市東区、代表取締役社長:ハリー・A・ヒル)はシャークスチームモップの模倣品を販売している大阪の通信販売会社フュージョンマーケティング株式会社に対し、販売差止めと損害賠償の支払いを求めていた訴訟で、東京地方裁判所(阿部正幸裁判長)は昨年12月27日、当社らの主張を認め、フュージョンマーケティング株式会社に対し、模倣品の販売差止めと損害賠償金の支払いを命じる当社勝訴の判決を言い渡しました。

フュージョンマーケティング株式会社は、自社サイトなどを通じて、当社が日本国内で販売しているシャークスチームモップに極めて似た模倣品を販売しておりました(販売台数約6,000台、売上高約5,700万円)。
当社は、本提訴前からフュージョンマーケティング株式会社に対し、上記模倣品がシャークスチームモップの意匠権を侵害している旨を通告、模倣品の販売中止を要請しておりましたが、フュージョンマーケティング株式会社はその後も意匠権を侵害する模倣品の販売を継続しておりました。

当社は、このようなフュージョンマーケティング株式会社の不誠実かつ悪質な対応に加え、本件以前にも、当社商品に関する知的財産権を侵害する宣伝広告や商品販売を行った疑いがあることなどを理由に、当社から複数回の通告を受けていた経緯も勘案し、本提訴に至った次第です。尚、当社は別件にて、フュージョンマーケティング株式会社に対し、当社が販売する別商品に関しても商標権を侵害する宣伝広告を行った疑いがあることを理由に提訴しており、現在も係争中です。

  当社は、模倣品を販売する業者に対し、その事業規模等に拘わらず通告や訴訟などを通じ厳正なる姿勢で臨んでおります。今後も、消費者保護と知的財産権を守るため模倣業者に対して、さらに強力に取り組みを推し進めてまいります。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社オークローンマーケティング
  4. >
  5. フュージョンマーケティング株式会社に対するシャークスチームモップの意匠侵害訴訟判決について

PR TIMES|プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1

フュージョンマーケティング株式会社に対するシャークスチームモップの意匠侵害訴訟判決について

ページトップへ戻る