職探しに使うソーシャルメディアはFacebook

求職時のSNS活用率、日本は26%で最低値、LinkedInはランク外。個人情報の公開や自己アピールに用心深い文化背景が要因?

総合人材サービス会社ランスタッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:猿谷哲、以下ランスタッド)は、世界23の国と地域の約22万5千人に実施した調査の中から、求職活動時のソーシャルメディア(SNS)の活用に関する結果を発表します。
日本の調査結果の特筆事項

 

  • SNSを求職活動に利用する人は、グローバルでは半数以上であるのに対し、日本はわずか26%。調査国の中で日本人の活用率が最も低い結果に
  • 日本でも世界でも、求職活動で最も使用されるSNSはFacebook。海外で支持の高いLinkedInは日本ではランク外。個人情報の公開や、自己アピールに慎重な日本の文化を反映か



 

■ ランスタッド株式会社 紹介事業部 ディレクター 小西 智子 のコメント
 国内外問わず、プロフェッショナルやグローバルな領域で活躍する人材はソーシャルメディアの活用に長けていると感じます。プライベートなことはFacebookに、ビジネスに関することはLinkedInに、と特性に応じてSNSを使い分けることも特徴と言えます。また、彼らは実生活がそうである様に、SNS上でも自分の意見を述べることを恐れません。どのニュースやストーリーをシェアし、それに対し自分はどう感じたのか、SNSを通したセルフブランディングを実施することで、SNS上でも自分を上手くアピールしています。

 リクルーターがSNSを人材探しの手段として活用するのはグローバルでは常識です。近年、日本でもプロフェッショナルを中心に、この流れは広がりつつあります。転職する・しないに関わらず、ビジネス上のネットワークを構築するツールとしてSNSを上手く活用をしてみてはいかがでしょうか。



■調査結果 概要
SNSを求職活動に利用する人は、グローバルでは半数以上であるのに対し、日本はわずか26%。調査国の中で日本人の活用率が最も低い結果に

 プライベートでは広く一般的にソーシャルメディア(SNS)を使用するようになりましたが、世界では約半数(51%)の人が就職や転職活動にも利用していることが、今回の調査で明らかになりました。特に活用率が高かったのはハンガリーで75%が「活用する」と回答、逆に日本は26%で、23の国と地域中最下位でした。




日本でも世界でも、求職活動で最も使用されるSNSはFacebook。海外で支持の高いLinkedInは日本ではランク外。個人情報の公開や、自己アピールに慎重な日本の文化を反映か

 世界ではどのSNSが求職活動時に多く使われているのでしょう?本調査では、Facebookの評価が高く、23カ国中20カ国で仕事探しに最も活用されていることが分かりました。2位はGoogle+で特に中国で、3位はLinkedInでオランダ、シンガポールで高い支持を得ました。

 日本で求職時に使われているのは、1位Facebook、2位LINE、3位Twitterでした。世界で支持の高いGoogle+は日本では4位、職歴や経歴を公表でき、ビジネス交流に特化したLinkedInはランク外の結果でした。個人情報の取り扱いに強い警戒心を持ち、且つ自己アピールに消極的な文化的背景からか、日本では匿名性の高いSNSが上位にあがる傾向でした。




■調査概要
本プレスリリースは、ランスタッドアワード2015の調査項目を抜粋したものです。

国際調査データ
調査集計期間 2014年9月~12月
調査対象 18歳から65歳までの男女約22万5千人
調査方法 インターネット調査
調査受託先 第三者機関 ICMA (ベルギー)
調査実施国
ヨーロッパ地域:ベルギー、フランス、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ポーランド スペイン、スウェーデン、スイス、 イギリス
アメリカ大陸地域:アルゼンチン、カナダ 、アメリカ
APAC・その他の地域:オーストラリア、中国、香港、インド、日本 、ニュージーランド、ロシア、シンガポール


国内調査概要
調査集計期間 2014年10月~11月
調査対象 日本国内で任意に選出された18~65歳の男女 計9,753名
調査方法 インターネット調査
調査受託先 第三者機関 ICMA





■ランスタッドアワードとは
ランスタッドアワードは、ランスタッドが第三者機関であるICMAに調査を委託し、「エンプロイヤーブランド」を共通基準で評価する、世界最大規模の調査です。各国18歳から65歳までの男女を対象に、第三者機関によるインターネット調査を行い、評価の高い企業を表彰します。1999年にベルギーで、日本では2012年より開始。世界共通基準のもと各国で毎年実施され、「エンプロイヤーブランド」を測るアワードとして高く評価されています。


『ランスタッドアワード2016』国内発表は2016年1月27日!
ランスタッドアワード2016は日本での開催を皮切りに、ポルトガル、マレーシアの2カ国が新たに加わり、世界25の国と地域で開催予定です。

結果発表    2016年1月27日(水)
ホームページ  http://www.randstad.co.jp/award/





■ランスタッド 会社概要

○ ランスタッド・ホールディングの会社概要
[社名]
ランスタッド・ホールディング・エヌ・ヴィー

[設立]
1960年10月

[代表]CEO ジャック・ファン・デン・ブルック

[所在地]
オランダ

[従業員数]
29,000人

[売上]
2兆5,271億円(172億4980万ユーロ)2014年度実績(12月決算)

[資本金]
3,350億円(22億8,660万ユーロ)

[事業所]
オランダ、フランス、ドイツ、イギリス、スペイン、ポルトガル、イタリア、アメリカ、カナダ、日本、
オーストラリア、インド、中国など世界39の国と地域

[事業内容]
総合人材サービス

[URL]
http://www.randstad.com 

(※1ユーロ146.5円換算/2014年12月末時点)

 
○ランスタッド(日本法人)の会社概要
[社名]
ランスタッド株式会社

[設立]
1980年8月

[代表]
代表取締役会長兼CEO マルセル・ウィガース
代表取締役社長兼COO 猿谷哲

[所在地]
東京都千代田区紀尾井町4-1ニューオータニガーデンコート21F

[TEL]
03-5275-1871(代)

[資本金]
1億円

[事業内容]
人材派遣サービス/紹介予定派遣サービス/人材紹介サービス/再就職支援サービス/アウトソーシング事業

[URL]
http://www.randstad.co.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ランスタッド
  4. >
  5. 職探しに使うソーシャルメディアはFacebook