東日本大震災復興支援 「海岸林再生プロジェクト10ヵ年計画」第3回定期活動報告会

~海岸林の再生と維持管理を考える~

震災から5年。津波で失われた海岸を再生すべく、宮城県名取市で地域住民とともに行ってきた活動の進捗を市民、全国の皆さんに報告します。

 東日本大震災で失った海岸林の再生を目指し、名取市海岸林再生の会と公益財団法人オイスカ(東京都杉並区)は、国・県・市等と連携し、クロマツの種まきから植え付け、保育管理までを一貫して行っています。

 2016年

2014年、2015年にクロマツを植えた26ha

 

3月11日で東日本大震災から丸5年を迎えます。オイスカでは震災直後に始動した「海岸林再生プロジェクト」の第3回定期活動報告会を開催いたします。現在の進捗状況の報告とプロジェクトが終了する2020年を見据えた今後の展望(将来の海岸林の姿)や全国各地の海岸林を官民協働で保全する好事例の調査報告も行います。

 

【開催概要】
日  時:3月12日(土)14:00~17:00
場  所:名取市文化会館 中ホール (宮城県名取市増田字柳田520)
主 催:名取市海岸林再生の会、公益財団法人オイスカ
共 催:名取市
後 援:林野庁東北森林管理局、宮城県、経済同友会、仙台経済同友会(申請中)
協 力:国土緑化推進機構、三井物産環境基金、全日本社会貢献団体機構
 
第1部 14:00~
・基調講演 「海岸林再生における将来ビジョン」
 東京大学名誉教授 太田猛彦氏(林野庁 東日本大震災に係る海岸防災林に関する検討会座長)
・各種報告 「官民協働で保全する全国各地の事例紹介」
 オイスカ啓発普及部副部長 吉田俊通
「プロジェクト進捗状況の報告」
 名取市海岸林再生の会事務局長 佐々木廣一/オイスカ緑化技術担当参事 清藤城宏

第2部 15:50~
・トークセッション
 聞き手…元日本経済新聞論説員 小林省太氏(調整中)
 話し手…名取市海岸林再生の会/支援企業・個人/現場ボランティア参加者数名

【参加申し込み・お問い合わせ】
1.FAX、2.メール、3・フォーム(https://ssl.form-mailer.jp/fms/2b60276e407851)のいずれかで、氏名・ご住所を記入の上、3月5日までにお申し込みください。


公益財団法人 オイスカ  海岸林担当
〒168-0063 杉並区和泉2-17-5  Tel: 03-3322-5161(代表)/070-5550-7394(担当携帯)
Fax: 03-3324-7111   E-mail  kaiganrin@oisca.org   
http://www.oisca.org/kaiganrin/

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. オイスカ
  4. >
  5. 東日本大震災復興支援 「海岸林再生プロジェクト10ヵ年計画」第3回定期活動報告会