ザ・リッツ・カールトン東京が誇る新たなるクラブフロア体験、“クラブジャーニー”の楽しみ方


 ザ・リッツ・カールトン東京(所在地:東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン、総支配人:ジョン ロルフス)は、インバウント市場の需要拡大等を見据え、館内の改装を順次行っております。昨秋改装を終えたクラブレベルでは、よりパーソナルで思い出深いステイをお約束するサービスと設備をご用意しています。“レジデンス”をテーマに、レセプション、ガーデンテラス、ダイニングルーム、ライブラリーラウンジの4つのエリアに分かれた「クラブラウンジ」では、時間帯によって多彩な趣きでお客様をお迎えいたしております。ザ・リッツ・カールトン東京がおすすめするクラブレベルの時間別の楽しみ方をご紹介いたします。

 朝の時間帯には、ブッフェスタイルの食事に加え、観光やビジネスに忙しい一日を お過ごしのゲストのために、クラブラウンジ専任のシェフによる心のこもったお声掛けと共に、お好みの卵料理をその場でカスタマイズして提供いたします。また、毎週土曜日には「ロブスターオムレツ」をお召し上がりいただけます。

 午後の時間帯には、本年より新たに毎週土・日・月曜日の15時~16時30分の間、「ハープ&アフタヌーンティー」の提供を開始いたしております※。確かな技術を有するハープ奏者が奏でる美しい音色を聴きながらペストリーシェフによるアフタヌーンティーをお召し上がり頂けます。夕暮れへと移ろいゆく美しい東京の景色と共に、ゆったりとした午後のひとときをお楽しみ下さい。また土曜日には「ウィークリーワンダーズ」と 題した文化体験を行っております。折り紙や日本酒などの日本文化や、ワインテイスティング、紅茶のブレンド体験など内容は多岐に渡ります。

 夕刻には、軽食やお飲物をご用意いたしております。ディナーの前に待ち合わせスポットとして、ご家族やご友人をお招きいただき、東京のトワイライトシーンを眺めながら、スタイリッシュな団欒のひとときをお過ごし頂くことも可能です。

 20時~22時までのお時間帯は、バーカウンターを備えたライブラリーラウンジでの滞在をおすすめいたします。お客様のご要望に合わせてバーテンダーがお作りするミクソロジーカクテルと、クラブラウンジが誇るアート関連の蔵書でお休み前にくつろぎのひと時をお過ごしください。

 また、お客様のクラブレベルのステイをより快適なものにするクラブコンシェルジュは、お客様一人ひとりをお名前でお呼びし、それぞれのお好みに合わせたパーソナルなサービスをお届けいたします。お誕生日や記念日、プロポーズなど特別な日のご滞在には、ご要望に合わせて心に残るひとときを演出するプランをご提案します。

 「昨今の旅慣れた旅行者の方は、訪問先での絆やつながりを重視する傾向にあります。我々は、今後もお客様にご満足いただけるサービスを追求し、お客様の特別な思い出作りのお手伝いしてまいります。来年の3月には、ザ・リッツ・カールトン東京は開業10周年を迎えます。アニバーサリーイヤーを記念したイベントやプランを企画しておりますのでご期待ください」(ザ・リッツ・カールトン東京 総支配人 ジョン・ロルフスのコメント)

※火曜日~金曜日は通常のアフタヌーンティーを14時~17時のお時間でご提供しております。

ザ・リッツ・カールトン東京について:
ザ・リッツ・カールトン東京は日本の首都、東京のエンターテインメントとビジネスの拠点である六本木に位置します。都内最高の高さを誇る東京ミッドタウンタワーの最上層9フロアを占めるレストラン、スパ、クラブラウンジ、そしてゲストルームからは360度の絶景が広がります。総客室数247のゲストルームのうち35室はスイートであり、ザ・リッツ・カールトン スパ&フィットネスでは最高の寛ぎをご提供します。 レストランは会席、寿司、天麩羅、鉄板焼をご提供する日本料理 ひのきざか、フレンチダイニング アジュール フォーティーファイブ、そしてモダンビストロ タワーズ の3店舗。ミーティングやイベント宴会施設、そして婚礼チャペルを完備しております。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ザ・リッツ・カールトンホテル カンパニー L.L.C
  4. >
  5. ザ・リッツ・カールトン東京が誇る新たなるクラブフロア体験、“クラブジャーニー”の楽しみ方